芦田成人ブログ

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

2018.05.18

「街並みの家」

ようやく、ボード貼り工事も始まっています。

玄関には先行して、下駄箱の据え付けが済みました。

壁、天井びっしりに納まった姿が潔い感じがします。

製作品の場合、余分な余白が出来ないのが良いですね。

「誰だ、下足で上がってるのは?」って言わないで下さいね。

工事中の現場は危険な物が転がっている可能性があるので

ちゃんとした靴を履いていないと危険なのです。

ちゃんと養生はしてあるので、最後に清掃します。

下駄箱

2018.05.17

本日、ご契約して頂きました。

「真ん中のある家」

住まいの真ん中にあるのは・・・?

暮らしを楽しく豊かにする、この真ん中が

キーポイントのお住まいです。

2018.05.10

「街並みの家」も詰めの工事に備え

外構打合せです。

当初、予定に無かったのですが

道路に面した部分に緑を植えたいと

住まい手さん。

古い街並み沿いの街道筋には、

意外に緑が少ないと思いませんか?

こちらの街並みも例に漏れず

道路に面した地植えの緑って意外に少なくて

ご近所さんの緑は、殆どが鉢植えなんです。

これは、この辺りの土地割りが起因しているからなのですが

土地の間口に対して税金が掛けられていた時代の

街並みですので、どうしても間口が狭くて奥行きのある

土地が多くなります。

その為、緑は中庭、若しくは塀の内側に植えられているのです。

 

でもコンクリートを打つ前に地植えのスペースだけ

決めておき、その部分に土を入れて

植栽できるようにしておけば、地植えの緑が出来ます。

 

写真は、今日の記事とは関係なく

先日、完成した階段を昇ってきました。

階高を抑えている為、緩やな登り易さでした。

サンルームへ降り注いだ光が吹抜けを通し

建物の奥深くまで行き渡る計画です。

 

吹抜けと階段 サンルームから見る階段

 

 

2018.05.09

「街並みの家」も大工工事の追い込みです。

階段工事が始まり、ようやく脚立ともサヨナラできそうです。

小さな住まいなので家具の一部が階段を兼ねている

部分があります。

家具を踏むなんて、行儀が悪いなあなんて

考えるのかな?なんて思いましたが

実際に出来上がってみると

そうでもないなあと、先日1年点検で訪問した

「27坪のワクワクしながら暮らす家」でも感じました。

そうなんです、そちらも27坪と、コンパクトなお住まいですので

家具の一部が階段になっているのです。

階段

さて、ゴールが見え始めた所で

「街並みの家」の見学会の開催に、

住まい手さんの、ご同意を頂けましたので

予約制となりますが、開催させて頂く

予定にしています。

詳細は決まり次第、告知させて頂きますが

おおよそ1ヶ月前後頃のスケジュールに

なると思います。

格子の内側格子の内側2

階段

 

2018.05.08

ゴールデンウィーク中日の5月2日

「27坪のワクワクしながら暮らせる家」の1年点検でした。

各業者さんが勢揃いし、点検作業も一斉にスタート

それぞれの持ち場に分かれて効率よく点検作業が

行われました。

梁の隙間

梁の周囲に隙間なく引っ付いていた壁紙も、写真の通り

梁の周囲に見事に隙間が出来ていました。

当然ですが、やはり「木は動きます」

衝立

そして、木は馴染みます。

その一例が、次の写真です。

程よい赤味を増して、落ち着きを醸し出していました。

床は杉、衝立はカラマツです。

どちらも木である事に違いは無いのですが

よ~く観察すると木目や節の様子が違います。

2018.04.28

本日、ご契約

「装い整える家」(ちょっと言いにくいなあ)

鉄骨造住宅の内部リノベです。

住まい手さんのご都合により、

着工は少し先になりますが、

一先ずご契約頂きました。

只今工事中の「街並みの家」と

キッチンを始めとする水回りレイアウトが

偶然にも似ているため、又御案内させて

頂き参考にして頂けそうです。

 

 

2018.04.25

と言うと語弊がありますが

換気扇のフードを作ります。

低めの階高の設定にすると

通常の換気扇ではかなり低い所まで

換気扇が下りてきます。

私が換気扇の前に立つと

もう目の前です。

なので通常の天井埋め込み型の

換気扇を使用してフードの中に

換気扇を組み込む計画です。

こうすることで、

木の質感にもマッチした上に

換気扇の高さも稼げます。

換気扇

 

2018.04.24

そして、いよいよインタビュー本番です。

と言っても最初は何となく立ち話からスタートです。

いきなりテーブルについて向き合って話し始めると

何となく緊張して、ぎこちなくスタートしてしまう

と言うのが理由かも知れません。

と言うよりも、今回は住まい手さんから積極的に

こと細かに説明して頂けたと言うのが良い

スタートを切れた勝因ですね。(^^

私はと言うと、横に張り付くと

「良いことを言ってね」と

無言のプレッシャーを掛けることにならないとも限らないので

お子さんと一緒に、お子さんが大好きな

レゴブロックの作品をロフトに上がって見せて貰っていました。

凄い大作あり、オリジナル作品ありと、レゴの世界も

凄いですよね。そして、お子さんの感性も凄い!

さて、場が和んできたインタビュー後半は

私も着座させていただき、一緒にお話を伺う事に

しました。

土地探し中のエピソードには、実はつい最近になって

続きがあったことを伺いました。

まあ家が完成してしまった今となっては、

それ以降の進展は、ありようが無いですけどね。

そうこうしている内に時間も迫って参りましたので

そろそろインタビューも締めくくらねばいけません。

インタビューの詳しい内容は、又作業が完成してから

「住まい手の声」のコーナーで公開させて頂きますので

お楽しみ下さいませ。

住まい手の声取材風景

 

 

 

 

 

2018.04.23

日曜日の先日、住まい手の声の取材に

お伺いさせていただきました。

ピアノ教室の防音効果を確かめることも

目的としていましたが、

ピアノ教室での演奏時、室内平均、約80dB

ピアノ室を出て屋外での測定結果は

平均約50dBでした。

これが、どんな数字かと言いますと

50dBはエアコンの室外機や静かな事務所と

同程度で80dBは、電車の車内の音量と

同程度なんだそうです。

当然、屋外はピアノの音以外にも音の発生源があるため

これ位の結果が得られたと言う事は、

まずまずの防音効果が得られていると思います。

音楽スタジオのように本格的な防音対策を施そうと

思えば防音費用だけで何百万円も掛かります。

しかし、朝から夜までずっと音が鳴っている訳ではなく、

演奏する時間帯も配慮して練習されているため

ご近所に迷惑を掛けない程度まで音が低減できていれば

OKです。

断熱対策も兼用させて費用対効果を上げました。

演奏はピアノの先生をされている奥様に無理やりお願いした

形になりましたが、連休明けには演奏会がおありだそうで

毎日練習に取り組まれているそうです。

ご近所に迷惑を掛けることなく、思う存分練習出来ています

とのことでした。

すっかり、ピアノ室と防音の話が中心になりましたが

肝心なインタビューのお話は又次回とさせて頂きます。

2018.04.17

格子の内側は、その隙間を通し

光が降り注ぎます。

前回、格子の外側を御紹介しましたが

今回は格子の内側からの眺めです。

木で濾過された光線が和らげられて

室内に降り注ぐ、綺麗な空間と言った印象です。

こうなることを狙っていた訳ですが、

やはり現場を確認してこそ納得できると言うものです。

 

格子の内側格子の内側2

最新情報

  • 家具工事も進み

    2018.05.18 芦田成人ブログ
    「街並みの家」 ようやく、ボード貼り工事も始まっています。 玄関には先行して、下駄箱の据え付けが済みました。 壁、天井びっしりに納まった姿が潔い感じがします。...もっと読む
  • 新しい住まいづくりが始まります

    2018.05.17 芦田成人ブログ
    本日、ご契約して頂きました。 「真ん中のある家」 住まいの真ん中にあるのは・・・? 暮らしを楽しく豊かにする、この真ん中が キーポイントのお住まいです。もっと読む
  • 外構打合せ

    2018.05.10 芦田成人ブログ
    「街並みの家」も詰めの工事に備え 外構打合せです。 当初、予定に無かったのですが 道路に面した部分に緑を植えたいと 住まい手さん。 古い街並み沿いの街道筋には、...もっと読む
  • 昇り降り

    2018.05.09 芦田成人ブログ
    「街並みの家」も大工工事の追い込みです。 階段工事が始まり、ようやく脚立ともサヨナラできそうです。 小さな住まいなので家具の一部が階段を兼ねている...もっと読む