芦田成人ブログ

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

2017.08.17

お盆も開け、今日から本格始動の方も

沢山いらっしゃることでしょう。

1週間後に迫りました、

たのしい、たてもの模型づくりワークショップ

残席「1」となりました。

夏休み終盤、締めに一頑張りしてみませんか?

詳しくは、こちら  からご覧下さい。
模型WS

2017.07.24

ワークショップ課題

丁度、1か月後に予定しています

ワークショップの課題作を試作してみました。

時間の関係で、ここまで完全な形まで

進めるとは思っていませんが

これでもかなり簡素化しています。

 

何故、このワークショップをしようと思ったのか?

建築業界は斜陽産業とも言われていますが

斜陽だ斜陽だと言っていても

先は明るくならないのです。

日本のものづくりの力って凄いんですよ、

特に建築の技術って。

これだけ地震が多い国で、

それに耐え得る建物も沢山あります。

又、木造建築の技術なんて海外の人たちが見ると

よくもまあ、こんな細かな仕事を

とため息をつくほど繊細で柔軟性に富んでいるんです。

そんなものづくりの底辺を少しでも広げることが

出来れば、まだまだいけるんじゃない?

日本のものづくり、と思う訳です。

数組の募集で大きなことを言ってしまいましたが

でも、その底辺拡大の一端でも担うことが出来れば

意味は、あるんじゃあないか、と思ったわけです。

おまけに、誰もがやっているワークショップではないですし

特に設計者でなくとも建築の世界は色んな職種があります。

ものづくりの入り口を紹介できればとの思いで

取り組もうとしている訳です。

 

ものづくりって、今この作業をしているから

この次に何をしないといけないか、と常に先を

読んで作業をするんです。

模型なら、こことここが引っ付くんだから、

どこをどんな形にカットしないといけないのか

と言う事を考えます。

そして完成形を想像します。

部材を裏返しにして表から見て正しくなるように

カットしないといけない時もあります。

 

これ、仕事に置き換えても同じです。

仕事に於いても、先を読む力や

成功を想像する力は必要だと思うのですが

間違いなく、それらの力は養われます。

但し、続けないと意味がありませんよ。

 

今回は、入り口を紹介するに過ぎませんが

続けるか否かは皆様次第です。

 

現在、残席 3 となっています。

参加料も初回特別料金です。

道具や材料などを人数分揃えようと思うと

完全に赤字覚悟なので、

かなりお得な料金であるとは思います。

2回目からは倍以上に上がると思います。

先着順ですので、お早めにお申し込み下さい。

ワークショップの詳細は こちら からご確認下さいね。

 

 

 

2017.06.28

先日、夏休み特別企画と題してUPしました

ワークショップですが、保険屋さんとの

話に少し食い違いがありまして、10人以上で無いと

100円保険には加入できないとのことでした。

他の保険屋も当たってみますので、今しばらく

お待ち下さいませ。

開催することは間違いありませんが

保険に加入できるかどうかを確認致します。

お恥ずかしい話ですが、どうぞ宜しくお願い致します。


メルマガバナー

◆ メールマガジンのお知らせ

メールマガジンって、どんな事を書いているの?

と言う方に少しだけお知らせします。

ブログとは一線を画した内容で

特集のテーマを決めお送りしています。

これまでの特集は次のようになっています。

● 特集1 中古住宅を視野に入れる際に気を付けておきたいこと 1~10

● 特集2 住まい(建物)の暑さ寒さについて 1~10

● 特集3 DIYについて(6/20 № 1 発行)

ニックネームでの登録も可能です。

登録は無料です。

こちら からご登録いただけます。

2017.06.26

フライヤー

先日、当サイトのお知らせにも公開させていただきましたが

来る8月24日(木)に、お隣の福知山市にある

家具とインテリアのお店 「ARIA 」さんに場所をお借りしまして

「たのしい 建物模型づくり ワークショップ」を開催させて頂きます。

ものづくり好き、建築に興味がある、夏休みの宿題にしたい、

動機は色々あると思いますがとにかく入門編ですので

うまく作ることよりも、怪我なく楽しく作っていただくことが目標です。

わずか5組しか席がありませんが、この機会にどうぞ、ご参加下さい。

既に、お申し込みを頂いています。

お申込みいただいた方には、後日受付の旨ご連絡を差し上げますので

数日お待ち頂けますと幸いです。

●ARIA さんの ウェブサイトは こちら からご覧ください。

●イベントの詳細は こちら からご確認下さい。


メルマガバナー

◆ メールマガジンのお知らせ

メールマガジンって、どんな事を書いているの?

と言う方に少しだけお知らせします。

ブログとは一線を画した内容で

特集のテーマを決めお送りしています。

これまでの特集は次のようになっています。

● 特集1 中古住宅を視野に入れる際に気を付けておきたいこと 1~10

● 特集2 住まい(建物)の暑さ寒さについて 1~10

● 特集3 DIYについて(6/20 № 1 発行)

ニックネームでの登録も可能です。

登録は無料です。

こちら からご登録いただけます。

2017.04.28

須磨でリノベーションさせて頂いたお住まいが、

イベントに参加されます。

人じゃなく、お住まいが参加するって、

おかしな日本語ですね。

お住まいを、イベント会場の1ブースのような感じで

オープンハウスのように提供されるそうです。

何故、「ようです」と言った第三者的発言なのか

と言いますと、主催が私共ではないためです。

神戸のすまいるネット等が中心になって行われる

イベントのようで、参加される事になった経緯を

伺っても、不思議なご縁のようです。

主催者から直接、声が掛かった訳ではないのですが

住まい手さんから、このようなイベントに

協力することになりました、とのご連絡をいただきました。

3月から毎月何かしら、関連するイベントが行われているようで

5月に少しだけ、お伺いさせて頂こうと思います。

タイミンが良ければ、こちらのお住まいの

設計者としての基本的な、お話をさせていただきます。

部屋番号は公開されていませんので、マンションリノベーションを

真剣に検討されている方は、主催者まで直接お尋ね頂くか

私共まで直接、お尋ね下さい。

但し、既に住んでおられるお住まいですので

マナーはお守りいただきたく思います。

又、一度に多くの方がお見えになっても、

ご案内出来かねますので、

常識の範囲内でお願い致します。

5月13日(土)14~16時の間です。

神戸市須磨区高倉台

添付の資料は4月イベント時の物ですが

5月は13日です。

いえカエルパンフレット表面いえカエルパンフレット裏面

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


メルマガバナー
◆メルマガのお知らせ

本年から創刊した芦田成人建築設計事務所独自の

住まいづくりの情報をメルマガとして発行しています。

今月来月の特集は「住まいの暑さ寒さについて」です。

40棟以上の実績から得た経験と実績、そしてアイデア

、データ計測による数字の裏付けなどに基づき

住まいづくりを語ります。

毎月~隔月でテーマを掲げ、

これからの住まいづくり、そして中古住宅の

リフォームリノベーションについても発信しています。

ご登録は、 こちら からお願いします。

2017.03.29

来月4月15日(土)、16日(日)舞鶴市で行われる

未来をのぞく住宅展 に参加します。

どうぞ、お気軽に遊びにお越しくださいね。

気持ちは若いつもりですが、参加者の中では

上から2番目か3番目くらいの年齢か~

現実を受け止めなければ(笑)

たつのの古民家リノベーション

2017.01.13

次週見学会予定のこちらの現場

年明け初の定例打合せとなりましたが、壁紙の施行中でした。

ほぼ、施工も終盤

久々に見る、オガファーザー(木のチップを漉き込んだ壁紙)ですが

本来は、塗装下地用のクロスです。

専用塗料で仕上げて完成となるのですが

恐らくメーカーも、そのように注意書きしていると思います。

しかし、その専用塗料もそこそこの値段がしますし、

予算によっては無塗装で仕上げてしまうこともあります。

無塗装の場合、かなり純白です。

まあ、その白さで部屋の雰囲気もかなり明るくなるのですが

外では打合せ途中から雪が降り始めました。

あっと言う間に地面が真っ白、視界も真っ白と化し

建物の中も外も真っ白な状態でした。

しかし、違うのは暖かさです。

窓を閉めて作業をしている2階では断熱+気密確保しているからか、

職人さんたちが、あったかいですね~と連発していました。

そうなんです、きっちりと施工すれば熱は逃げません。

工事用の照明から発せられる熱、職人さんの身体から発せられる熱

が逃げていき難いため、1階の窓が空いている状態に比較して

2階では寒くて仕方が無い状態ではないのです。

外で雪が降っていようが、暖房器具無しでも作業して身体を

動かしていれば十分な状態を保てます。

生活が始めれば更に熱源は増え、冬は窓も締めた状態に

なるために暖かな住まいが出来ると言う訳です。

写真は打合せ開始時と打合せ途中の情況です。

外の様子をご覧になって頂くとお分かり頂けると思いますが

少しずつ雪の量が増えています。

明日、明後日は、どの程度降るのでしょう?

受験生の皆様、御健闘をお祈りいたします。

内部情況内部状況2

 

2016.11.25

さて、最終コーナーを回った感のある「翼を広げる家」ですが、養生も上げられ現場も戦々恐々かと思いきや、各職人さんが順を追って次々と現れ、流れの良い状態となっています。

外部では駐車場などの土間コンクリート打ちが行われ、内部では建具のつり込みや内装床工事、来週は水道屋さんと電気屋さんが来て、おおよその片が付く予定です。

やはり、この家の一番の難所は、ここ。誰が見ても苦労の跡をお分かりいただけるのではないでしょうか?

そんな苦労の痕跡を見て頂けるのは、この機会のみです。

詳しくは こちら からどうぞ。

img_9906c

 

 

 

2016.11.21

「ヘノ字に住まう」(翼を広げる家)の完成見学会を、住まい手のご厚意により開催させて頂くことになりました。

●概要/街中の整形地に建つ住宅では、建物の形も自ずと敷地に習う形で建築されます。
街中から少し外れると敷地のゆとりから建物の形や敷地に対する構えにもバリエーションが生れます。
「への字」型プランが特徴の、この住まい。街中から少し外れはするものの、周囲は既に新旧の建物が肩寄せ合う環境です。
快適な住環境を求め、敷地を読み解いて導き出した答えは建物が110°即ち「へノ字」に開く事でした。
緩やかに開かれた内角はプライバシーも高く中庭のような雰囲気を生みます。
そんな住まいのオープンハウスを住まい手のご厚意により予約制で開催させて頂きます。
建物だけでなく敷地の特徴も一緒に、ご確認頂きますとプランニングの重要性をお感じ頂けることと思います。

● 開催日時/2016年12月3日(土)、4日(日) いずれも10時~16時

●開催場所/京都府福知山市(詳しくは、お申込み頂いた方に、ご連絡差し上げます)

詳しくは こちら からご確認下さい。

ウェブチラシ

2016.11.21

見学会用のウェブチラシを作成して頂きました。
うん、格好良い (^^

ウェブチラシ

 

最新情報

  • 炭火

    2017.08.18 芦田成人ブログ
    お盆休み最終日の15日 久々にBBQ トーチで炭をあぶり続け、ウチワで仰ぐ ようやく点いた火に背中から汗が噴き出す 新しい大きな炭には簡単に火が通らない...もっと読む
  • 残席「1」となりました。

    2017.08.17 芦田成人ブログ
    お盆も開け、今日から本格始動の方も 沢山いらっしゃることでしょう。 1週間後に迫りました、 たのしい、たてもの模型づくりワークショップ 残席「1」となりました。...もっと読む
  • 経験値上がる

    2017.08.09 芦田成人ブログ
    今年は塗装系の経験値が随分と上がりました。 外部塗装、木の板に刷毛で塗れば間違いなく塗れると 思っていましたが、さに非ず。 やってみて分かることが沢山あります。...もっと読む
  • VE粘り強く

    2017.08.08 芦田成人ブログ
    VE とは、Value Engineering の略です。 我々の世界では「減額案」と呼ぶことも ありますが、単純に「減額案」と呼ぶと 住まい手さんによっては、あまり良い印象を...もっと読む