芦田成人ブログ

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー

2017.04.28

須磨でリノベーションさせて頂いたお住まいが、

イベントに参加されます。

人じゃなく、お住まいが参加するって、

おかしな日本語ですね。

お住まいを、イベント会場の1ブースのような感じで

オープンハウスのように提供されるそうです。

何故、「ようです」と言った第三者的発言なのか

と言いますと、主催が私共ではないためです。

神戸のすまいるネット等が中心になって行われる

イベントのようで、参加される事になった経緯を

伺っても、不思議なご縁のようです。

主催者から直接、声が掛かった訳ではないのですが

住まい手さんから、このようなイベントに

協力することになりました、とのご連絡をいただきました。

3月から毎月何かしら、関連するイベントが行われているようで

5月に少しだけ、お伺いさせて頂こうと思います。

タイミンが良ければ、こちらのお住まいの

設計者としての基本的な、お話をさせていただきます。

部屋番号は公開されていませんので、マンションリノベーションを

真剣に検討されている方は、主催者まで直接お尋ね頂くか

私共まで直接、お尋ね下さい。

但し、既に住んでおられるお住まいですので

マナーはお守りいただきたく思います。

又、一度に多くの方がお見えになっても、

ご案内出来かねますので、

常識の範囲内でお願い致します。

5月13日(土)14~16時の間です。

神戸市須磨区高倉台

添付の資料は4月イベント時の物ですが

5月は13日です。

いえカエルパンフレット表面いえカエルパンフレット裏面

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


メルマガバナー
◆メルマガのお知らせ

本年から創刊した芦田成人建築設計事務所独自の

住まいづくりの情報をメルマガとして発行しています。

今月来月の特集は「住まいの暑さ寒さについて」です。

40棟以上の実績から得た経験と実績、そしてアイデア

、データ計測による数字の裏付けなどに基づき

住まいづくりを語ります。

毎月~隔月でテーマを掲げ、

これからの住まいづくり、そして中古住宅の

リフォームリノベーションについても発信しています。

ご登録は、 こちら からお願いします。

2017.03.29

来月4月15日(土)、16日(日)舞鶴市で行われる

未来をのぞく住宅展 に参加します。

どうぞ、お気軽に遊びにお越しくださいね。

気持ちは若いつもりですが、参加者の中では

上から2番目か3番目くらいの年齢か~

現実を受け止めなければ(笑)

たつのの古民家リノベーション

2017.01.13

次週見学会予定のこちらの現場

年明け初の定例打合せとなりましたが、壁紙の施行中でした。

ほぼ、施工も終盤

久々に見る、オガファーザー(木のチップを漉き込んだ壁紙)ですが

本来は、塗装下地用のクロスです。

専用塗料で仕上げて完成となるのですが

恐らくメーカーも、そのように注意書きしていると思います。

しかし、その専用塗料もそこそこの値段がしますし、

予算によっては無塗装で仕上げてしまうこともあります。

無塗装の場合、かなり純白です。

まあ、その白さで部屋の雰囲気もかなり明るくなるのですが

外では打合せ途中から雪が降り始めました。

あっと言う間に地面が真っ白、視界も真っ白と化し

建物の中も外も真っ白な状態でした。

しかし、違うのは暖かさです。

窓を閉めて作業をしている2階では断熱+気密確保しているからか、

職人さんたちが、あったかいですね~と連発していました。

そうなんです、きっちりと施工すれば熱は逃げません。

工事用の照明から発せられる熱、職人さんの身体から発せられる熱

が逃げていき難いため、1階の窓が空いている状態に比較して

2階では寒くて仕方が無い状態ではないのです。

外で雪が降っていようが、暖房器具無しでも作業して身体を

動かしていれば十分な状態を保てます。

生活が始めれば更に熱源は増え、冬は窓も締めた状態に

なるために暖かな住まいが出来ると言う訳です。

写真は打合せ開始時と打合せ途中の情況です。

外の様子をご覧になって頂くとお分かり頂けると思いますが

少しずつ雪の量が増えています。

明日、明後日は、どの程度降るのでしょう?

受験生の皆様、御健闘をお祈りいたします。

内部情況内部状況2

 

2016.11.25

さて、最終コーナーを回った感のある「翼を広げる家」ですが、養生も上げられ現場も戦々恐々かと思いきや、各職人さんが順を追って次々と現れ、流れの良い状態となっています。

外部では駐車場などの土間コンクリート打ちが行われ、内部では建具のつり込みや内装床工事、来週は水道屋さんと電気屋さんが来て、おおよその片が付く予定です。

やはり、この家の一番の難所は、ここ。誰が見ても苦労の跡をお分かりいただけるのではないでしょうか?

そんな苦労の痕跡を見て頂けるのは、この機会のみです。

詳しくは こちら からどうぞ。

img_9906c

 

 

 

2016.11.21

「ヘノ字に住まう」(翼を広げる家)の完成見学会を、住まい手のご厚意により開催させて頂くことになりました。

●概要/街中の整形地に建つ住宅では、建物の形も自ずと敷地に習う形で建築されます。
街中から少し外れると敷地のゆとりから建物の形や敷地に対する構えにもバリエーションが生れます。
「への字」型プランが特徴の、この住まい。街中から少し外れはするものの、周囲は既に新旧の建物が肩寄せ合う環境です。
快適な住環境を求め、敷地を読み解いて導き出した答えは建物が110°即ち「へノ字」に開く事でした。
緩やかに開かれた内角はプライバシーも高く中庭のような雰囲気を生みます。
そんな住まいのオープンハウスを住まい手のご厚意により予約制で開催させて頂きます。
建物だけでなく敷地の特徴も一緒に、ご確認頂きますとプランニングの重要性をお感じ頂けることと思います。

● 開催日時/2016年12月3日(土)、4日(日) いずれも10時~16時

●開催場所/京都府福知山市(詳しくは、お申込み頂いた方に、ご連絡差し上げます)

詳しくは こちら からご確認下さい。

ウェブチラシ

2016.11.21

見学会用のウェブチラシを作成して頂きました。
うん、格好良い (^^

ウェブチラシ

 

2014.04.01

来る4月26日(土)、27日(日)、に京都府綾部市で工事を進めて参りました、お住まい(哲学の家)のオープンハウスを開催させて頂きます。

住まい手さんのご厚意への感謝と共に皆様のご来場をお待ちしています。

詳しくは、 オープンハウス情報 をご覧の上、お問い合わせフォームからお申込み下さい。

追って、詳しいご案内を差し上げます。

2012.12.13

先日「なりと かい」なる企画を告知させて頂きましたが、少しわかり難いとの事で、もう少しストレートな表現に改め、 「第一回 住まいのつくり方会議」 とさせて頂きます。

「なりと かい」 は企画の趣旨を変えて、検討中です。

改めて、申し訳御座いませんでした。

と言う訳で、「第一回 住まいの作り方 会議」参加申込受付中で御座います。

詳しくは こちら からどうぞ!

2012.12.01

当ウェブサイトの右上にある「なりとかい」一体何なんだ?とお思いの方もいらっしゃる事かと思います。

ウェブサイトの企画段階から構想はあったものの忙しさを理由に一向に準備中となっていましたが、ようやくその全貌があらわになります。

宜しければ こちら か若しくは直接「なりとかい」の文字をクリックして下さい。

企画の硬軟を織り交ぜながら継続して行こうと思います。

2012.06.13

3週連続のイベントもいよいよクライマックスです。

今週末、6月17日(日)は篠山でお話をさせて頂きます。

お気軽に聞いて頂くだけでも良し、少し勉強してみようと思われる方にも、少し掘り下げてお話させて頂く予定です。

準備も大詰め、用意した資料を全部お話しようとすると、倍くらいの時間を要するのでは無いか?とも感じています。何を伝えるべきかを見直して、そぎ落とす作業も並行しています。

通しのデモンストレーションも、そろそろ始めないと・・・。

詳しくは こちら からどうぞ。

入場無料です。

最新情報