芦田成人ブログ

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー

2012.03.24

本日、小雨のスタートでしたが次第に晴れ間も広がり少し暖かくも感じた1日でした。

午前中、「TATAMIリビングの家」の現場確認へ

本日は、工事お休み。無人の現場は静まり返っていました。

工期に余裕もあるのでこんな時間も流れます。

 内観

クロスを貼り終えた内部の様子です。

そして、午後からは「薪ストーブが似合うかわいい家」の1年少し過ぎましたが点検。

内部建具の動作が、し難くなっていた場所があった程度でしたが、その場で対応して頂き、スムーズに動きました。

そして、「多世代で仲良く暮らす家」の住まい手をご案内させて頂きました。

偶然にも両家族のお子さん、女の子同志が同い年と言う事で、始めは照れていたのですが、直ぐに仲良しになって手を繋いで遊んでいましたね。

流石、お子さんは順応能力が高いです。

仲良く遊ぶお子さん達

さて、来週末は「多世代で仲良く暮らす家」のプレゼン、仕切り直しです。

来週も濃厚な1週間となりそうです。

と、その前に明日は建築士会柏原支部のイベント「紙パイプでおうちをつくろう」のイベント。

13時より兵庫県立丹波年輪の里 研修室A にて 行います。

 

2012.03.16

久々に、「住まい手の声」を更新しました。

薪ストーブが似合うかわいい家」の住まい手の声です。

お住まいの完成時に植えた駐車スペースのクローバーの緑が黒い外壁に映え、良い感じにノスタルジーを感じさせてくれます。(記事中の写真は取材時での外構です)

今後も進化する外構が期待されます!

2011.07.30

今日は少し遅めの半年点検。

三木市にある「薪ストーブが似合うかわいい家」へ

昨年末の竣工から半年以上が経過し、お住まいの外構には緑が増え、より良い感じになっていました。

お子様もお元気で、この暑さに水遊びで、水浸しで登場された時には少しびっくりしましたが、子供は元気が一番です。

クローバー

駐車場に植えられたクローバーが元気に伸びて良い感じですが、やや砂が浅いと言う事で水やりは欠かせないそうです。

外構には更にパーゴラも完成していて、お子様が夏休みの現在はここで朝食を摂られるんだそうです。

心のゆとりを感じられそうで、羨ましい限りです。

パーゴラ 柱登り

後はお庭にバラを植えたいとの事で、こちらも又楽しみなお住まいとなりそうですね。

クライミングウォールや吊り輪、英会話に柱登りと本当に多才に色々と披露してくれて、お子様に元気を分けて頂いた訪問でした。

又1年点検でお会い出来る事を楽しみにしながら、帰路についたのでした。

2011.02.17

設計事例集薪ストーブが似合うかわいい家 をUPしました。

南外観

こちらのお住まいは下の写真「sideriver ~もう一つの川・余暇を楽しむ家」の点検時に便乗して頂き、内外部をご覧頂きました。

外壁には同じガルバリム鋼板を使用していますが、同じ素材でも断面形状が違うために又違った印象を受けます。

外部木部の色は、もう少し濃い色をご希望されていましたが、色映えに配慮して少し明度を上げています。

(下写真、何故かリサイズ時にやや彩度が落ちました。)

下のそれと比べると又違いますね。これから緑を増やして頂き、生活感が増して行く事でしょう。

sideriver

2011.02.15

「薪ストーブが似合うかわいい家」のスライドショーをUPしました。

詳しくは コチラ からどうぞ。

同じく、設計事例集も早目にUPしなければいけませんね。

暫し、お待ち下さいませ。

2010.12.09

先日は晴れの合間を縫って「薪ストーブが似合うかわいい家」の竣工写真撮影。

本当に良い合間でした。

これも普段の行いの良さか?って自分で言ってれば世話ないのですが・・・。

そんな訳で、もう少しだけ中を披露します。

ダイニング

自前一眼カメラは四隅が暗く写り、赤味がかなり強調されてしまいますが、実際はもう少し赤味をマイナスです。

今回、ダイニングのペンダントライトは仮の物で以前私が大阪で使っていた物で、100W電球×3 とかなり明るめの器具です。

今、こんな器具探そうと思ってもないかも知れません。

正面の窓が高い位置にあるのはこの向こうに敷地よりも一段下がって道路があるために大きな掃き出し窓にした場合に、通行する人から家の中が覗かれているようで落ち着かない事、

薪ストーブの背面である事が理由です。掃き出し窓にして外に塀を建てるにしても一段上がった土地に高い塀を設けると塀の威圧感が際立つ事も、そのようにしなかった理由の一つです。

でもこのように陽は燦燦と入ってきます。

吹抜

こちらは吹き抜けのキャットウォーク。この下には薪ストーブがあり、煙突を真っ直ぐに立ち上げています。

こちらはコンデジで撮影。ナチュラルな発色です。

うたた寝ソファ

こちらはうたた寝ソファ。陽の差す午後は、本当に気持ちのいいスペースです。

そして、こちらは階段下に設けられた秘密基地。言わずもがな、お子さんのためのスペースで丁度良いこもれるスペースです。

数年後には撤去できるように、あくまでも簡素なつくりですが、大人の隠れ家ならぬ、子供の秘密基地。

羨ましい~!

2010.12.05

「薪ストーブが似合うかわいい家」の完成見学会も無事終了しました。

昨日今日と「薪ストーブ」と言う強烈なキーワードにも助けられ、多くの皆様にお越しいただきまして大変有難う御座いました。

そして何よりも、この場を快く御提供いただきました住まい手の〇〇さんには改めまして感謝申し上げます。

振り返れば、最初に、ご連絡を頂いてから、ここまで約2年の月日が経過している事に先日改めて気づきました。

土地選択のご相談に始まり、長かったような短かったような、振り返ればそんなにも年月が経っていたんですよね。

また、今回の見学会では様々な皆様とお話させて頂きまして、又私自身も参考になるお話も伺え、非常に充実した2日間でもありましたし、ちゃんと見学会をしているんだよと言う事を世間にアピールする事の大事さも分り、今後も、もっと頑張って行こうと思えた見学会であったと思います。

ここで今回、お越しいただけなかった皆様に少しだけ写真を紹介させて頂きます。

外観

青空に栄える外観はガルバリウム鋼板小波板葺きなのです。コーナーの納め方も一工夫してスッキリ見栄えする納まりとなっています。

火入れ式

そしてこちらは、住まい手も交えての薪ストーブの火入れ式の模様。

この時間帯には何故か急に会場の人口密度が高くなり、この通り右手の隠れたスペースにも人が居ますので、計10人以上。

この時間を待ってましたと駆けつけたご近所のおじさんもいらっしゃいました。

キャンプファイヤーしかり「火の前に人が集まる」と言うのは昔から変わらないのでしょうね。

当初の計画通り吹き抜けとロフトを通じ階段を巡った空気が家全体に広がる効果も、確認できました。

さて、この冬はどの程度、活躍してくれるのか期待しましょう!

1週間後は引渡し、いよいよ、住まい手にバトンタッチ。

おめでたい事なのですが、少し寂しいような、この段階になるとは、いつもそんな気持ちです。

2010.12.03

明日の見学会に備えて外構工事の山場ですが、いかんせん「外」と言う事で天候の影響を大きく受けてしまうのはどうしようもない。

でも僅かの晴れ間に面白い影の波が撮れました。

レンガ敷き

当初の予定では砕石敷きだった駐車スペースですが、急遽変更希望でこのようなレンガ敷きになりました。

インターロッキングと同様のような感じですが、このブロックの隙間には砂が入れられクローバーの種を撒いて緑化すると言う狙いです。多分雑草も生えてくるのでしょうけども、それはそれでグランドカバー?的役割を果たしてくれればまたそれも良しとなるのでしょう。

レンガ敷

敷地自体に多少の高低差もあるので、地面もこのように斜めになっています。流れがあって面白いのですが、これを並べるのにどれほどの時間を費やしたのかを考えると労力も大変なものです。

さて、明日は見学会です。

どうぞ、良い天気でありますように!

皆様のお越しをお待ちしております。

2010.12.02

週末の見学会を控え「薪ストーブが似合うかわいい家」の現場では多くの職人さんが詰め掛けていました。

おかげで全面道路は車で一杯、少しご近所の皆様には、ご迷惑をお掛けする結果となりました事をこの場を借りてお詫び申し上げます。

そんなこんなで、主に外部周りの仕事が残っております。

内部では当初の予定には無かったのですが、床の柿渋塗装工事が行われているために、少し匂います。

見学会もきっと匂いは残っている事と思います。どのような匂いか?

銀杏のような匂いですので、少しきついかも知れません。しかしこの匂いは1週間もあれば消えます。

と言う事で、少しだけ内部の様子を

キッチン前

左写真のダイニングに付いているペンダント照明は当方から持って行き仮に付けている物です。

どこで購入したのかは忘れましたが、何と100W電球が3灯もつけられる超明るいペンダントなのです。

右写真は柿渋塗装前の養生作業の様子。これが一番肝心な作業なのです。

今回の柿渋塗装は原液:水=1:1 で希釈したものを刷毛塗りし、直ぐに乾いたウエス(布)で拭き取る塗装ですので物凄く色が変わるわけでは無いのですが、時間が経過するとほんのり赤味が増し良い感じになってきます。

但し、あの強烈な匂いさえなければ、もっと良いのですが・・・。

今はこの匂いを少なくした改良品も出ているようです。

2010.12.01

「薪ストーブが似合うかわいい家」の完成見学会を週末に控え、既に多数のお申込を頂いております。

そして、最後のとり、とばかりに登場したのが薪ストーブなのでした。

「薪ストーブが似合う・・・」 とのタイトルですので無い訳にはいきません。

ここではその気積に応じた小さめの物を導入しています。

そして、炉台と呼ばれる鉄板敷きのプレートは窓の位置や部屋の大きさに合わせてサイズや形を少し特殊な形式に加工してもらっています。

薪ストーブ

窓枠から飛び打さないように、しかしちゃんと火を受けなければ意味がありませんから、薪ストーブを使用する時にのみ登場する可動式の炉台を製作してもらいました。

ここに火が入るのはいつなんでしょうね?

最新情報

  • 見学会の心得

    2017.09.21 芦田成人ブログ
    見学会と呼んだり、オープンハウスと呼んだり 呼び方にも色々ありますね。 ここでは、あえて見学会と表現しましたが どちらでも構いません。...もっと読む
  • 宗教的スペース?

    2017.09.20 芦田成人ブログ
    今日の写真は、先日紹介した住まいと 同じ住まいなのですが、 陽の当たり方、照明の有無で全く違った印象を お持ちなる方も、いらっしゃることでしょう。...もっと読む
  • 柿渋塗料

    2017.09.19 芦田成人ブログ
    今回の台風、各地に大きな爪痕を残しましたが 皆様の地域では如何でしたでしょうか? 間もなく、栗、柿のシーズンですが 柿や栗は建築にとっても関係があるんですよ。...もっと読む
  • 建築の社会性

    2017.09.15 芦田成人ブログ
    「建築の社会性」と言う言葉をお聞きになったことは 御有りでしょうか? この言葉の受け止め方は人それぞれですが 建築が存在する限り、その場にはあり続ける訳ですから...もっと読む