芦田成人ブログ

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

2017.02.11

やはり降り始めました。

昼間は積もることはありませんでしたが、

夜になり細かい粒の雪です。

明日まで振り続けば、かなりの量に

なっているのではないでしょうか?

昨日の記事では雪は結構重い、

と書きましたが近畿北部の住まいでは、

この重い雪を、わざわざ屋根に留める

ように「雪留め」なる物がついています。

◆「雪留め」って何?

雪留金物

写真が、私共がよく採用するパターンの

雪留めなのですが、

縦はぜ葺きの鋼板の空洞になっている

山を支持金具で挟み込んでいるだけなので

締めれば締める程、どんどん締まっていく

とのことで締め加減が難しいそうです。

又、写真のタイプはL型のアングルで

端から端まで繋がっているため、

雪が下にずれ落ちようとする力も一様に

全体的に掛かるため支持金具自体が

ずれて下がって来やすいとの話も聞きますが、

幸い当方ではずれて落ちてしまった

と言う話は未だ聞いていません。

他に鋼板屋根で、よく見かけるのは

羽根のような物が付いているケースですが

鋼板の山一つに対して一つの羽根が

付くので雪が積もっても、

雪が、ずれ落ちようとする力も分散するため

雪留めもずれ落ちにくいそうです。

見た目の問題は別にしてですが・・・。

瓦屋根には1/6円程度の物が一体成型

された物が付く事が多いですね。

◆雪留の効果は?

雪留めを設けることで、その下にある

カーポートや木などに

直接被害を及ぼし難く出来ます。

隣地が近い場合は、隣地に

直接雪を落し難く出来ます。

玄関など人の出入りが多い個所へ雪が

直接落下し難く出来ます。

◆どの辺りに付けるの?

雪留めを取付ける位置は、出来るだけ

外壁を垂直に延長した辺りよりも

少しだけ屋根の頂上に近い方に

取り付けて貰います。

何故でしょうか?

壁の垂直延長線よりも下に付けると、

下に屋根を受ける材料は垂木しかないので

長時間そこに雪が溜まっていると、

華奢な垂木では、

その重みで垂れ下がる可能性があります。

◆雪留を設けない場合は?

本当に豪雪地帯で雪下ろしの慣習がある

地域では雪下ろしの際に邪魔になる等の

理由で雪留めを設けないそうです。

そして勾配の緩い屋根も長時間屋根に

雪を留める原因になるので雪留めを

設けない方が良いと判断していたのですが、

先日の大雪によって軒樋に被害を

受ける事例が発生しました。

◆雪留めの種類も様々

他にも下のリンク先のような物もあります。

http://blog.takuma-s.net/article/42736679.html

http://holly-tunes.blogspot.jp/2015/02/blog-post_11.html

https://roof-partner.com/%EF%BD%92oof-guard-roof-10373

一番最後のリンク先などは色々勉強になりますね。

積雪による軒樋の被害は

火災保険が使えることもあるようです。

保険の内容をよくご確認下さい。

------------------------------------------

メルマガバナー

■ お知らせ

如何でしたでしょうか、今日のブログ。

近畿では日本海側を中心に明日、明後日と

降り続くとのことです。

最近の降り方は雨にせよ雪にせよ

一極集中型ですよね。

これも温暖化の影響でしょうか?

さて、今年に入り「すまいなんなりと」と題した

無料メルマガを始めています。

私の名前「なりと」を掛けたものです。(^^

ブログでは書かない特集記事を書いていますので

是非、登録してお読みください。

 

現在は「中古住宅を視野に入れる際に気を付けたいこと」

として連載しています。

住まいづくりは幅広い知識が求められます。

只、知識ばかりでは、つまらないので時には

リラックスした内容が必要でしょうね。

宜しければ、 コチラ からご登録下さい。

ニックネームでの登録も可能ですよ。

 

2016.12.29

寒波到来の先日、発展する家では今年最後の現場定例会議を行いました。

延べ27坪(以前、誤って24坪と表記しました)、1階で五十数㎡(少し小さなファミリータイプマンションの広さに相当します)の中に最大で10人もの人、そして資材や道具が、あちらこちらに入ると御互いの作業は自ずと譲り合いとなります。

一塊の空間の中に周遊、そして分節する動線をつくるように家具を配置し、又家具自体も折りたためたり、照明器具であったり、階段の一部を兼用させ、ワクワクするような住まいとなることを目指しました。

これらの家具の素材としてカラマツ3層パネル(通称 カラパネ)を使用しています。このパネルはフリー板とは違い、木質感を損ねない幅の広さで剥ぎ合わされています。

最初の写真のようにキッチンカウンターやそれに隣接するダイニングテーブル、食器棚なども含めてカラパネで統一しています。

さて、年内の業務も本日で終了とさせて頂きます。

今年は、私共にとって初めての取り組みにもチャレンジしました。やってみて分かったこと、反省点も多々ありますが、今後の糧として力をつけさせて頂けました。

ご縁のありました方々に感謝すると共に、来年は更なる高みを目指して、更に自分に負荷を課そうと新しい取り組みを始める予定でいます。

尚、年明けは1月4日より始動させて頂きます。

更にお知らせですが、こちらのお住まいの完成見学会を、年明け1月21日(土)、22日(日)の2日間、開催させて頂きます。

前回に引き続き、今回も予約制とさせて頂きますが、又詳しいご案内はウェブ上にて発表させて頂きます。

場所は、京都府京丹後市となりますので、どうぞ宜しくお願い致します。

キッチンカウンターカラパネル小口

2007.04.16

完成見学会御礼!

完成見学会1

昨日、一昨日は「綾部の家」の完成見学会を開催させて頂きました。

2日間で一般の方が計30組、招待の方、数組にお越し頂きました。

一時に集中せずに分散してお越し頂いた事により、皆様共に最低滞在時間30分以上、中には1時間以上いらっしゃった方もあり、大変ゆっくりと落ち着いてご覧いただけたと思います。

殆どの方が「木の良い香り」を感じられ口にされていましたが、お子さんの中には開口一番、「この家に住みたいっ!」と正直な感想が印象的でした。

そう、この家は、お子さんが喜ぶ住まいでもあります。

ですのでお子さんが喜ぶ即ち、走り回ると言った事でもありますので、引渡し前のこちらとしては、それだけはさせまいと気を遣いもしましたが、人様からお借りしている住まいでもありますので、当然のように注意喚起はさせて頂きました。

 

途中で木のはじける「パンッ!」と言う乾いた音にびっくりと言う、ちょっとしたハプニングもありましたが

 

木が割れる事で強度の低下は大丈夫なの?と言った質問も出、貫通割れで無い限り特に問題となる事はありませんのでご安心を・・・とお答えしましたが、このあたりの詳しい話は以前にもエントリーしましたので、割愛いたします。

 

週間予報では土曜日は雨予報でしたが、幸いにも2日間とも好天に恵まれ、多くの方にお越し頂きました事に感謝し、御協力いただきました方々、そして快く見学会の開催をご了解いただきました住まい手さんに、感謝し、お礼を申し上げます。

有難う御座いました。

 

さて、後は手直しをして頂き、週末の引渡しとなります。

完成は終わりではなく、これからの道のりのスタートでもあります。

住まいの中では生活が始まり、多くの喜怒哀楽と共に長く愛される住まいとして一緒に育てて頂ける事と思います。

最新情報