芦田成人ブログ

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

2011.06.07

「ASHIDA恩返しプロジェクト」少しタイトルが長いので、以後は改め「ASHIDAプロジェクト」とします。

さて、こちらは2度目の打ち合せも終え、工事費の概算見積の作成段階です。

現在は会長さんとの打ち合せがメインですが

もう少し先で、主となって運営される皆様と顔合わせをさせて頂くという事になりそうです。

こう言った、施設ものは得てして使用される方々の顔が見え辛いまま進行し、出来てから、こんなはずでは、使いにくい、と言った不満が噴出しがち。

他の地区の同様の施設などは新築で建てられたようですが、残響時間が長すぎ、寒い、使いにくい、と言った言葉が聞かれるそうです。

聞く所によると、「皆で意見は出し合ったんやけどなあ・・・」と仰られているようですが、何が悪かったのか?

多分、専門家を交えずに素人さんばかりで意見を出し合って、設計して、とだけ伝えられた事が原因かと思います。

実は議論の過程が大事なので、こう言った多数の方が利用される施設の場合は、皆さんで集まると同時に、その場につくって貰う方(設計や出来れば施工の方)や運営の専門家がいるならそう言った方々にも参加してもらうのが大事かと思います。

こと住宅設計が多い当事務所の場合はつくづくこの過程の大事さを感じています。

むしろ住宅だからこそ、個々のこだわりも多い訳で、何故その要望が必要なのか、であるならこういう風にすれば、コストも抑えながら要望も叶えられた事例もあります。

バルコニーが欲しい要望に対し、何をするためのバルコニーですか?と質問した所

布団が干したいと言う回答。

であるなら、わざわざバルコニーにしなくても、布団干しのバーでいいのではないですか?

と言ったやり取りで解決した要望もあります。

話が反れましたが

要は、住まいづくりも、施設も基本は同じで、要求(結果)のみを伝えるのでは無く、要求に到った過程を話し合う事、そこを大事にものづくりを進めて頂きたいと思います。

2011.05.30

週末、「ASHIDA恩返しプロジェクト」の打ち合せ。

正式に予算も委員会を通ったと言う事で、設計者として関わらせて頂く事となりました。

とは言え、タイトルにもありますように、開業して10年、地元で育てて頂いた事への、恩返しのつもりで挑むプロジェクトでもありますので、気持ちで向き合う部分も多くあります。

既存の空き建物を利用してコミュニティー施設にすると言うもの。

兵庫県の県民交流広場事業と言う制度を利用すると言う事です。

元々、ここ芦田地区は地域交流のイベントなども熱心に行われており、季節ごとに皆さんが集まる機会も多く、更に色んな層を掘り起こそうと言うのが狙いなのでは?と思います。

「男の料理教室」と言ったメニューも用意されているようで、今から、ちょっと興味をそそられています。

肝心な、設計で、芦田色がどこまで発揮出来るかは、これからですが、ASHIDA地区 と言う事で、どうあろうと、芦田色 になる事には違いなさそうです。

芦田ついでに、余談ですが

天才子役 芦田 愛菜 ちゃん は親戚 ?

ではありません。(最近、時々尋ねられる事もあるのですが・・・)

しかし、愛菜ちゃんの 祖父母は丹波市内に在住の方だそうです。

芦田軍団 頑張りましょう!

2011.05.15

ASHIDA地域で開業して10年目、地域への恩返しプロジェクトが始動する事になりそうです。

予算は無いんだけど、やりたい事は一杯。

さあ、どうしましょうかね~。

又正式に決定したら詳しくお知らせ致します。

最新情報

  • 建築散歩 最終章

    2017.03.26 芦田成人ブログ
    多くの建築を見て歩いた今回の旅で 最後に選んだのが、ここ「建築倉庫」 でしたが、実物を見て歩くことも候補として ありました。しかし、候補には美術館が多く...もっと読む
  • 建築散歩8

    2017.03.24 芦田成人ブログ
    今回の旅の終着点をどこにしようか? と考えた挙句、向かった先は天王州アイル駅 「建築倉庫」って何のための場所か、ご存知でしょうか?...もっと読む
  • 建築散歩7

    2017.03.23 芦田成人ブログ
    代々木競技場を後に、若者の街へ向かいます。 目的地は表参道です。 同潤会アパートがあった場所は 安藤忠雄さん設計の表参道ヒルズとなりました。...もっと読む
  • 建築散歩6

    2017.03.22 芦田成人ブログ
    吉村事務所のある目白は高級住宅街なんですね。 一区画がゆったりと確保されている感じがしました。 そんな目白を後にして、次に向かった先は 若者の街、「原宿」...もっと読む