芦田成人ブログ

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

2010.07.11

先ほど発見したのですが今、こちらのサイトに理想の本棚・自慢の本棚と言うタイトルで「二世帯三動線のリフォーム」の書斎写真がメイン画像として登場しています。

宜しければ、ご覧下さいね!

2009.12.12

2世帯3動線のリフォームもいよいよ大詰め

現場は大工工事は一段落し、設備工事が行われています。

1

洗面所に顔が現れました。

これ洗濯機用の水栓です。
初採用ですが何だか見方のよっては顔のようにも見えます。

でもこれって、ある空間に3つの点が集まっているだけで顔のように見ようとする人間心理なんですよね。

さて、こちらは17日に3期工事の完成予定です。

2009.11.13

2世帯3動線のリフォーム工事も最終章の3期工事が始まっています。
今回はその3期工事の解体してびっくり!からのエントリーです。

一般に、リフォーム工事では解体した柱や土台が腐朽やシロアリにやられてスカスカと言った現象はつきものと言って良いほど、目にする確率は高いのですが、今回は非常に珍しいケース

R0016922c

これ、何だか分ります?

土台と柱の足元が炭化してしまっているのです。
火事で焼けた跡の木造の建物ってこんな感じだと思います。
手で触ると炭になる手前の木片がボロッと欠けて、構造的にも非常に危険な状態であるのが分ります。

当然、この部分は取り替えてもらう事になりますが、さて何故このような状態になっていたのか?

以前のこの場所は洗面脱衣室で火元は近くにはありませんでしたので、
推測となりますが、

何度か増改築やリフォームを繰り返されていて、この住まいの建築当初の頃のプランが、ここにお風呂の炊き口(当時は薪でお風呂を焚いていたと思います)かカマド等の火元が、この場所の近くにあり、直接火があたってはいなくて壁か何かの下に覆われていたけども、火力が強く、間接的にその影響を受け、次第にこのように炭化したのではないか?

と考えられるのではないかと思います。

それにしても、関係者一同、口を揃えて「初めて見るわ~」と言った非常に珍しいケースです。

2009.10.26

またまた間が空きました。
現場監理、講師、講習会、住宅相談会、と目まぐるしく過ぎ去った先週でしたが、秋のイベントはまだまだ続きます。

まあイベント告知はひとまず置いておいて、「2世帯3動線のリフォーム」工事の最終章、3期工事の始まります。

正式には3期工事へ向けての解体工事の始まりです。

R0016844c写真のようにペケ印をつけて解体業者が潰すべき個所、残すべき部分を明確にし、解体工事に着手です。

3期工事は、入れ子構造の増築と、ちょっとややこしい取り合いが発生しますが何とか乗り越えてくれるでしょう。

さて、11月は建築士会柏原支部主催 「第3回地域貢献活動」もあります。

そして只今、兵庫県下の建築士会では来る11月7日に京セラドーム大阪で行われるソフトボール大会の参加者も募集中です。
こんな機会はめったにない。只今建築士会会員に限り募集中です。
要チェックです。

慌ただしい秋を満喫しましょう。

2009.10.15

快晴に恵まれた本日は、「2世帯3動線のリフォーム」の2期工事完成写真の撮影。

これにて親世帯のリフォーム工事は完了となり、撮影まで見合わせて頂いていた荷物の移動も可能となりました。

天井裏から現れた、大きな蜂の巣、床柱を掘りコタツテーブルの脚への転用、そして最後に現場では、ちょっとしたアクシデントと中々話題の尽きない2期工事でしたが何とか生活して頂ける所までこぎつけました。

そんな中、リビングダイニングに隣接する和室との境の既存フスマの片面張替えをしました。

和室側は和柄のめでたい絵が描かれており、反対面も同じようなフスマ紙、流石にこれでは不釣合いと言う事で張り替えたのが次の写真

R0016767c

無地の手漉き和紙ですが柿渋染めしたような渋い朱色(写真ではややオレンジ気味ですが)単体で見るとやや派手に見え、自嘲しがちな色です。

でも利かせ色として空間に溶け込み違和感なし、大正解です。

全景は完成写真でご覧下さい。

2009.10.13

週末、地域の祭りも終わりひと段落。

ようやく現場に設計に専念、となれば良いのですが秋は何かとイベントが多く暫くはバタバタしそうな予感です。

さて、2世帯3動線のリフォーム工事も2期工事まで終了。

今日は住まい手と一緒にワックス掛けの日でした。

いつもながらのワックスを予め、購入しておいて頂き洗車用のスポンジで薄~く伸ばすように注意してもらいながらの作業。

でもこれが又普段使わない筋肉を使うので、きっと明日は筋肉痛・・・?

3期工事までは、住まい手の御都合により暫く間があきますが、やっとここまで来たかと言う感じです。

明後日は2期工事分の竣工写真撮影。

ラストスパートです。

2009.09.30

先日、「大工工事と家具工事」とエントリーした「2世帯3動線のリフォーム」の現場では、組みあがったテレビ台が壁にセットされ、壁面の飾り棚も施行完了。

一応2期工事も大工工事はほぼ完了。
住設、建具、内装各工事を終えて最後に清掃さえ済めば出来上がりとなります。

R0016597cR0016597c

写真が大工工事によって作られたテレビ台。配線用の穴も空けられて建具が入れば完成です。

2009.09.25

概算見積りの出た「つながる(家)」もいよいよ本設計に進む事になった。
少々、金額調整しながらの設計となりそうですが、初案の原型は留められそうで、ほっと一安心です。

さて地元、丹波の「2世帯3動線のリフォーム」の現場では2期工事もいよいよ大詰め、親世帯のLDKの工事がクライマックスを迎えようとしています。

床は室内飼いのワンちゃん対策も兼ねてナラのフローリングです。
杉とは違い、しっかりした硬さと重厚感が特徴の材料です。

ここでは本来、家具であるテレビ台を大工さんが現場で製作しています。家具なら家具屋さんにつくってもらう物じゃあないの?とお考えの方もいらっしゃるかもしれません。

はい、確かにそうなのですが、精度を要求しない家具、例えば引き出しの付かない棚やオープンな本棚程度であれば、あれば大工さんでも充分に作ってもらえるのです。但し、器用な大工さんなら相当手の込んだ家具も作ってくれるそうです。

そうする事のメリットはずばりコスト削減。
但し、材料を組み合わせる部分は殆ど、つき合わせてビスで留める程度。道具は大工さんが手持ちの道具を使って現場で作業しますので精度の高い仕事は出来ませんが、ずばり形になっていれば何ら支障ない家具の場合は特段、問題となる事はありません。

一方、家具屋さんに依頼するメリットは、工場に据えられた精密な機械によって精度の高い手の込んだ仕事で仕上げてもらえる事です。

これらを良く見極めて、それらの家具をどちらの手で作って貰うかを上手く割り振る事も、コスト調整の方法の一つです。

R0016532c

製作中のテレビ台。外枠は組みあがっています。後は配線用の穴を空けてもらい、棚板と背板をつければ、8割程度終了。

後は簡易な建具が入れば、完成です。

2009.09.11

何かに反応している

おかげで春でもないのに鼻水ズルズルの今日この頃です。

マスクでもしようかな?とは思うけどあまりにインフルエンザがタイムリーなのでこの時期ちょっと戸惑います。

秋の花粉症発生です。

R0016288c

空はこんなに高いのにR0016287c

そして暑さも一段落したのに、うっとうしい時期なのであります。

下写真は着々と工事が進む「集う家」から
R0016258c

長ホゾ差し鼻栓打ち
上下2段のホゾは梁の成(高さ)が高いため。およそ30cm程度の梁成になれば、ほとんどこのように2段のホゾになります。
建築で言う「鼻」は「端」とも書き、文字通り「端っこ」の意味です。

木の粘りを生かし軟らかく組む。そんな組み方の一例です。

R0016279c

そして、こちらは離れから母屋へ工事のステージが移動した「2世帯3動線のリフォーム」の現場。

左のフスマの向こう側は仏間、床の間のある和室。今回そちらは手をつけません。

田舎ではこのような続き間は非常に良くある間取りです。今回、その続き間の半分をLDKの一空間に変えます。

残す柱、取り去る柱、残さざるを得ない柱、付け加える柱などなどリフォーム特有の難しさと醍醐味。

手強い、けど面白い。

それが建築なのかも知れません。

2009.08.31

民主、圧勝で明けた8月31日。

何と言っても、今日はこの話題でしょう。

日本の政(まつりごと)もいよいよ、チェンジなんですね。

直ぐには結果は出ないでしょうけども、良い方向に動いてくれる事を期待しております。

さて、そんなこんなで、すっかり季節もチェンジしたのか、半袖ではもう寒い、ここ丹波の夏から秋です。

このブログ、否ウチの事務所も少しずつチェンジしていきます。

そこで、第1段として思いっきり変化球の料理ネタなんてUPしようと思ったのですが、写真ボケボケなので、今回は見送ります。

豚キムチ作りました。実は冷蔵庫の残り物で料理するの、結構得意なんですよ。(多分、いやきっと)

別に隠していた訳ではありませんが、ここで紹介するまでもないか~と思い、今まで一度もUPしていませんでしたが、でも良く考えてみるとキッチン周りの事って生活に直結しますもんね~。

て事で、暫く増えていなかったカテゴリーも一つ増えそうです。

所で、現場の方ですが

「2世帯3動線のリフォーム」も足繁く現場に通っておりますが牛歩な進行です。少しペースアップして頂かないといけませんね。

 

マツリゴト

 

手前は親世帯の主寝室、そして間仕切りの向こう側は書斎。

なんか壁にボードを張っていないこの状態も結構綺麗です。

さて、ここが終われば次はいよいよキッチンそして、子世帯部分へと移ります。

 

マツリゴト2

 

で、こちらの写真、何だか分ります?

田舎では良く見る光景です。

もう収穫の秋なんです。早いでしょ~。

稲を刈って脱穀し籾殻を吹き飛ばし、吹き飛ばされた籾殻が青い袋にどんどん送り込まれているそんな作業風景です。

殆どの作業を機械がやってくれるそうなんですが、それでも人手が必要な部分もあり、機械に付きっ切りでないといけないようです。

日照不足が心配された今年ですが後半は比較的好天の日が多かったために収穫は平年並みだそうです。

先日のニュースでも収穫は平年並みと言ってましたので、又輸入米出回るの?と心配したほどでもないのかな?

 

さてさて、秋本番になると、今度は地域の祭り事(まつりごと)ですね。

 

と落ちがついたところで、今日はこの辺で・・・。

最新情報