芦田成人ブログ

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー

2018.06.12

人生を変える住まいと健康のリノベーション

読み終えました。

この本を読めば、私共が「須磨壱の家」で関わらせて頂いたことの

裏付けを間接的に且つ医学的見地から説明して頂けているようで

納得できます。

詳しくは、以下のリンク、住まい手の声住み開きオープンハウス

から、ご覧頂けます。

須磨壱の家では表層的な改修だけでなく、温熱改修も試みました。

ふとした出会いから、神戸市の住まいるネットへのイベントにも

見学会場として協力されました。

そのイベントには私共もオブザーバー的に参加させて頂きました。

新築住戸では断熱基準の義務化の傾向にある中

このような中古マンションがファストファッション的に

コンクリート剥き出しで躯体に直接ペンキ仕上げ、シングルサッシのまま

こう言ったスタイルが格好いいとしてURや無印が後押しすることに

疑問を感じずにはいれませんが、しっかりとした資産価値を持った住戸を

残して行かなければ、又ここで違った形のシックハウス問題が再燃しかねない

と思うのは私だけでしょうか?

勿論、予算の問題はありますが、最下階、最上階、端部屋以外の

中間住戸で、片廊下式のマンションであるなら断熱改修に要する費用も

抑えらると思います。

 

住まい手の声のインタビュー記事は こちら からどうぞ

そして、住み開きオープンハウス時の様子は こちら からどうぞ

須磨壱の家の設計事例は こちら からどうぞ

 

2017.02.15

今日も予約投稿により何とか連続投稿が叶いました。(笑

新しいカテゴリーを作りました。

「My library」

昨日に続き、一緒に購入した書籍なのですが

機会を見て、私の本棚から建築系の本を

少しずつ紹介しますね。

建築の本は基本的に高価なものが多いのですが

厚みがあって、カラー写真が多いことが、

その理由かも、しれませんね。

捨てない限り、こうやってどんどん増えていくのです。(汗

さて、今日ご紹介する本は、建築家 堀部安嗣さんの本で

最近、発売されて先月、東京で書店に立ち寄った時には

店頭では売り切れていました。大きな書店ですよ。

それほど人気があるんですね。

堀部さんの本

「建築を気持ちで考える」(写真ピンクっぽい方の表紙)

と「小さな五角形の家」(写真背後の大きな方)

前者は堀部さんが旅先で撮られたであろう海外名建築の

写真やスケッチに解説、後半はご自身の事例から

写真やスケッチに解説と言う構成です。319ページ

一方、後者はご自身の事例から、お写真に図面と

そのディテール、139ページ+α

先日の分と合わせて800ページ近く

あ~、活字よ、活字、活字さん。

となりそうな勢いでは読めないパターンかも

しれません。まとめ買いすると、その内の一冊は

読まないで本棚に眠っていることがあるので

勿体ない、とならないようにしなければ

--------------------------------

メルマガバナー

◆無料メルマガのご案内

今日も、あっさりと御本の紹介でしたが

如何でしたでしょうか?

さて、年明けから始めたメルマガ

昨日の発行で第7号まで進みました。

結構時間が掛かる時、スムーズに

書ける時、あります。

継続は力なりと言えるまでは、まだまだ

ですが、週刊号を目指して参ります。

出来る限りですが・・・。

ニックネームでのご登録も可能ですので

是非、ご登録下さいね。(^^

登録は  コチラ  からお願いします。

最新情報