芦田成人ブログ

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

2017.10.23

昨夜の台風、皆様の地域では被害は無かったでしょうか?

台風が過ぎて4~5時間程は経っていてもよさそうな頃まで

風雨が収まらずでしたが、幸い大きな被害は出ませんでした。

今年も何度となく、このような心配をしたことでしょう。

温暖化の影響だけとは言えないかもしれませんが

災害のレベルも格段に高くなっています。

このような大きな自然災害が起こると

毎回のように被害を受ける地域があります。

行政側でも、このような地域を把握できているために

防災マップやハザードマップなるものを備えています。

土地購入からの住まい(建物)づくりをされる場合

必ず、このような資料を手に入れて確認されておく事を

お勧めします。

仮に、そのような被害を受け易いと分かっていても

そこでないと駄目と言ったケースでは何か対策を講じておくことも

出来るかもしれません。

今日の写真は、土地を購入される前に、

土地自体が一度水に浸かったことがあることを

理解した上で土地を購入されたために

その対策として地面から床までを1.0mと高くした

(高基礎にして対応)例です。(通常は50~60㎝程度です。)

大きな屋根に守られて


 

メルマガバナー

◆ メルマガのお知らせ

創刊40号を迎える当メルマガも次号からは

新たなテーマでお送りします。

新たなテーマは「木の家に暮らす」です。

漠然としたテーマかもしれませんが、

これぞ、芦田の原点なのです。

御登録は、 こちら からお願い致します。

2017.04.21

大きな屋根に守られて

今日は、ちょっと緩めに

写真のお住まいが工事終盤に

差し掛かった頃の事です。

写真左手に少しだけ見切れている

お住まいですが

こちらの建物よりも先に建っていました。

お隣の敷地は、こちらよりも

一段低いのですが、こちらの建物の

2階は屋根裏部屋のようになっているため、

軒先の高さが低いのです。

建物を見る角度によっては、

この建物とお隣の建物が

一つの建物のように

見えることがありました。

それは、偶然にも屋根勾配が

同じであったからです。

屋根勾配の考え方は

又後日にお話ししますが

住まい手さんとは、

凄い偶然ですね~、

と話した記憶があります。

又、隣地境界に低く設けた

木の塀は、一段低いお隣へ

圧迫感を与えないように

配慮した結果です。

後日、お隣さんも外構工事の際に

コンクリートブロックで塀を

設けられたのですが、

こちらに配慮していただき

木の塀と同じ高さに

揃えて頂きました。

ご近所付き合いが上手くいくと、

御互い配慮しあう関係が

築けるんですよね。

具体的な場所は教えられませんが、

ストリートビューでは

御互いの庭の木が綺麗に

紅葉していて美しい庭先を

演出しています。

それにしても、目隠し用にと

植えたウバメガシの生け垣も

竣工当初はスカスカであったのが

見事狙い通りに成長し

緑の目隠しに、なっています。


メルマガバナー
◆ メルマガのご案内
今年から始めたメルマガも毎週号で
発行を続け16号まで来ました。
目指せ3桁発行で頑張って参ります。
ニックネームでの、ご登録も可能ですよ。
ご登録は こちら からお願いします。
2017.02.22

大きな屋根に守られて

子供に家の絵を描いてみて、と言うと

多分、多くのお子さんは切妻屋根の絵を

描かれるのではないでしょうか?

それほど日本の家の定番スタイルとも

言える屋根の形ですが、四季の移ろいがあり

雨の多い日本では理に叶った形とも思えます。

軒に出があると言うことは雨から家を守る

意味合いが強いように思います。

雨から守ると言うのは、先ず家人を守る、

そして建物自体を守ると言うことです。

特に建物自体を守ると言うのは、

雨に濡れることで材料が傷みやすくなります、

そう言ったことから守ると言う意味なのですが、

もしお近くに軒の出のある家と無い家が

あるようでしたら、じっくりと観察してみて下さい。

特に軒下の部分の汚れ具合が全く違っている

と思います。

汚れる即ち、家を傷める何かしらの可能性が

増えることと同じです。

そのような意味で軒が出ているメリットは

あると言えるでしょう。

更に、太陽高度が高くなる夏、低くなる冬を

意識して軒の出を調整すれば、夏場の暑い

日射しが直接、室内に侵入することなく、

不快な夏を心地よく過ごせます。

但し、いくら軒を出していても太陽高度が

下がる西日には効果が小さくなりますので、

建物の外側に日除対策を講じて頂く方が賢明です。

写真はかなり軒を深く出した事例です。

高窓を配し、反射光で住まいの奥にまで

光を回すように計画しています。

---------------------------

◆ 編集後記

今日は、ちょっとしたハプニングがあり、更新が遅れました。

先日、人のネガティブ話につい、自分も同調してしまい

人前でネガティブなことを口走ってしまいました。

これ、やっちゃうと悪い運気が流れ、

消え去るのに時間が掛かります。

聞いている人も、いい気はしないと思うので

気を付けないとと反省しています。

---------------------------

メルマガバナー
◆ 無料メルマガのお知らせ
只今、連載中の
「中古住宅を視野に入れる際に気を付けたいこと」
も現在5話まで、進んで参りました。
10話までは何とか行きたいなあと思いつつテーマを
絞っています。道筋は出来てきましたが・・・
そんなメルマガのご登録は コチラ からお願い致します。

最新情報

  • 熊本城へ

    2017.12.14 芦田成人ブログ
    何とか雪から逃れ下りてきた場所は 阿蘇の風景が一望できる、道の駅でした。 前回も感じていたのですが、 圧倒的に山が大きい(丹波に比べてですが)...もっと読む
  • 高千穂峡へ

    2017.12.13 芦田成人ブログ
    高千穂へ来たなら、ここは外せない 名勝、高千穂峡。 写真では見ていましたが、実際に行ってみると 滝の下に浮かぶボートの有名なシーンこそ同じですが...もっと読む
  • 高千穂出張

    2017.12.12 芦田成人ブログ
    富山へ出張した翌週は、南へ飛び宮崎の高千穂へ こちらも又オープンに出来る日が来た時に 詳細をお知らせしますが、実はこの夏にも訪問していたのです。...もっと読む
  • 金沢へ

    2017.12.11 芦田成人ブログ
    富山を、もう少しゆっくりと堪能したかったのですが その先にある金沢で、どうしても見ておきたかった 建物があり、後ろ髪を引かれる思いで、富山を発ちました。...もっと読む