芦田成人ブログ

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

2017.07.15

スマホの充電ケーブルを新しくしました。

ライトニングケーブルと呼ぶらしいですね。

初めて知りました。

調べて初めて分かること沢山ありますね。

とは言え古いのも未だ使えますが、

いつ切れてもおかしくないような状態だったため

早目に手を打った訳です。

 

今日の写真はリノベーション+新築(増築)の外観です。

どっちがリノベーションでどっちが新築した方か

分かりますか?

 

答えは右側1/3程写っている部分が新築(増築)の

部分で、左側2/3程の板貼り外壁と格子のついた

部分が既存の建物です。

タイルの外壁の上から木の板を張り、ルーフバルコニーの

鉄の錆びたテスリを隠すように格子手摺を設けました。

機能を整理した家

2017.06.07

洗面台1洗面台2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

洗面台も色々ありまして、

一式セットになった既製品を使うこともありますが

既成サイズの物を只置くだけでは、

使いたくても使えない小さく余分な

スペースが生れることがあり、

そのような場合私共では、

洗面台を造ってしまうことがあります。

そうする方が、使えないスペースを生むことなく

空間を有効に利用できるからです。

又、洗面器自体もカウンターに埋め込んでしまう物

カウンターの上に置くだけの物があります。

どちらも一長一短ありますが埋め込んでしまう物の場合

カウンターの上がすっきりとします。

但し、ボールの大きさに限界があるため、

深さや広さを求める方には向きません。

すっきりさを求めない方でしたら実験用シンクと言う

選択肢が無くもないのですが・・・

そしてカウンターの上に置くタイプでは

多くのバリエーションがありますので

その中から選択出来ます。

カウンターと洗面器とが触れ合う部分の汚れを

気にされる方には向かないかもしれませんが

カウンター天板を掃除のし易い材料にしておけば

さほどでもないと思います。

写真はカウンターに埋め込んだタイプと

カウンターの上に置くタイプの写真です。

埋め込んだタイプは公共施設の手洗い場で

よく見かけますね。

置くタイプは廊下の途中に設けた手洗いコーナーです。


メルマガバナー

◆ メルマガのお知らせ

週刊号でお届けしています当メルマガも

間もなく20号を迎えます。

4月、5月は住まいの暑さ寒さについて

綴ってきました。

6月のテーマは?

様々なオリジナルデータも駆使しながら解説していますので

ネットで拾えるような情報とは一味違う物となっています。

ニックネームでの登録も可能です。

ご登録は こちら からお願い致します。

2017.04.22

掘り炬燵と言えば畳敷きの床の一部を

くり抜いて掘り下げたスタイルが一般的ですね。

昔は練炭やアンカと言った直接火で着火し

その暖かさを持続させるような物があり

それを、掘りごたつの床に置いてコタツ布団を掛けて

暖をとっていましたが、知らない間に靴下に穴があいたり

火災の原因となるために、床暖房やホットカーペットなどの

安全な方法にとって代わりました。

もっとも地方へ行くと、未だに昔のスタイルの

掘り炬燵が残っていることもあろうかと思います。

このようなスタイルを御存知の若い方、

今では少なくなっているのではないでしょうか?

私共で初めて掘り炬燵を採用したのが

今日の写真のお住まいです。

既存部分のリノベーションと増築と言った

パターンでしたが、既にあった蔵や納屋を

解体し、奥に長細く増築した、一番南寄りの

部屋でした。

畳の間の畳を上げると、そこから掘り炬燵が

現れると言う設えです。

こちらは掘り炬燵の足元だけに床暖房を採用しています。

このテーブルは使わない時には手動ですが床下に

沈められるように設計しました。

掘り炬燵

掘り炬燵2

メルマガバナー

◆ メルマガのご案内
今年から始めたメルマガも毎週号で
発行を続け16号まで来ました。
目指せ3桁発行で頑張って参ります。
ニックネームでの、ご登録も可能ですよ。
ご登録は こちら からお願いします。

最新情報