芦田成人ブログ

2005年6月
« 5月   7月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー

2005.06.30
明日からは、もう7月ですね~。しかし、今年の梅雨は本当に雨が少ないですが、新潟の方では大雨で床上、床下浸水している所もあるようです。昨年の大きな地震からやっと復興の兆しが見えたと思ったのに・・・。本当にやるせない気持ちになると思います。

 

私が住む丹波でも昨年の台風がもたらした大雨により床上、床下浸水した所、亡くなった方もいらっしゃいます。家の直ぐ目の前の川もあと数十センチで氾濫する所まで水位が上がり避難の準備までしたほどです。こんな時はまず命が大事です。家を守りたいと言う気持ちも分かりますが、自然の力の前では微々たるもの、危険を感じたらまず避難する事を考えて下さいね!

 

昨日の土地の見方、どうでしたか?図のほうが、少し分かり辛かったかもしれませんが赤や青の斜線部が造成により切り取られたり盛られたりした部分という事を付け加えておきます。

 

土地の見方 その2
周囲の状況から土地の履歴を知る。目当ての土地があった場合、よっぽどの密集地ならばこれは難しいのですが、少し開けた土地の場合は周囲に何があるのか、池、田んぼ、畑、山など周囲の状況を見ればその中にある土地は当然、元は同じような履歴を辿っているはずなのです。で先日も申し上げましたように田んぼや池などの場合は当然、盛り土をして埋め立てているはずですので、造成後直ぐに建築と言う場合は調査によって良く状況を確かめる必要があるし、出来れば安定するまで、数年寝かしたいと言った所です。ただ寝かしたからと言って絶対に安全か?と言うとそうではありませんやはり数万円はケチらずに調査される事をお勧めします。

 

また密集市街地の場合でも役所などに行けば数十年前から市の変遷を綴った航空写真や資料等残っていると思いますので、良く調べてみて下さい。以前に居た大阪の事務所近辺の土地の履歴は元レンコン畑と言う事が多く、ビル建設の際に杭を打つにしても30m以上と言うのが、ざらにありました。ビルと住宅では設定されている荷重が違うって言うのもあるんですけどねー。

 
2005.06.29
さて、それでは具体的に土地を見てみましょう!

 

その1 造成地や埋立地の場合

 盛土、切土

山を切り開いて造成したり、田畑を埋め立てた土地を購入される場合その土地が盛土(もりど)なのか切土(きりど)なのかを見極める必要があります。ちなみに盛土や切土とは何なのかと言う事を図に示してみました。

 

盛土・・・造成する時に道路面等から低くなる等の理由で主に土地の底上げをする目的で盛られた土地

 

切土・・・斜面地などを造成するときに土地を平らに均す等の理由で元あった地面の表面を削り取られた土地

 

あくまでも一般的な説明ですので全てに適合するわけではありませんが盛土の場合は元あった地面に新たに別の所から土を持って来て造成する訳ですから地面が安定するまでには数年、場合によっては数十年、時間が必要となります。造成したばかりの場合は地盤改良等の処置が施されていない限り、建築は少し待ったほうがいいでしょう。

 

切土の場合、元々あった安定している地面の上に建てる訳ですから盛土に比較すると建築の時期としてはさほど気にする必要は少ないのですが、逆に敷地を抉り取られ崖地となった敷地外の部分がどのように処理されているのかを気にする必要があるのではないでしょうか。コンクリートの擁壁によってしっかりと守られているか、今にもがけが崩れてきそうな所ではないかなど、周囲も良く見渡して下さい。

 

それから盛土と切土の両方に敷地がまたがる場合、建物も両方へまたがると不同沈下(建物が均一に沈まずに傾きながら沈下する事)等を起こす場合もあるのでこれも盛土側が安定するまで待つ事等が必要になるでしょう。

 

ですからその土地がいつごろ造成されたのか、どのように造成されたのか(これは地盤調査でもしない限り調べるのは難しいですが良心的なところならきっちり資料も残してくれている場合もあります。ある造成地では地盤改良までしてあったのですが、基礎工事のために掘削すると大きな岩とも言えるような石がゴロゴロと出てきた事がありました。)ぐらいは調べる事が可能ならしてみてください。

 

ちなみに、住宅の地盤調査は一般的にスウェーデン式サウンディングと言う調査方法(先端の尖った鉄パイプを地面に突き刺し上部から100キロの重りを自由落下させた時にきりを30cm打ち込むのに打ち込んだ回数を基に地面の硬さを調べる方法です)が良く用いられます。但し前述のように大きな石がゴロゴロしている土地の場合、この調査ではあまり正確な調査を望むのは難しいのですが、私の知る限りでは1回(3ポイント程度)あたりの調査料は5万円程度~が相場と思います。

 

但し、土地を購入しない限りこの調査はさせて貰えないと思うので、そこがネックだと思います。

 

もし可能ならば、ご近所にある注文住宅ぽい比較的、新しそうな家だと地盤調査のデータをお持ちかもしれません。勇気があるなら聞いてみるのも手かもしれませんが、幸い見せてもらえる事になったとしても、おそらく直ぐに出てくる所に資料は置いていないでしょうけども・・・。

 

と言う事で簡単ではありましたが今回はこの辺で、次回をお楽しみに!

2005.06.28
では前回の土地探しに続き、今回はまた別バージョンで行きます。

 

その2
地方出身者であるご主人の勤務地は都会の真中、現在のお住まいは勤務地近くの社宅。探されているのは周りに人家がない所、なので少々職場から離れても構わないからと言う事から知り合いの地元の不動産屋を通し、地元の物件を数件紹介してもらいましたが、やはり通勤に難ありと言う事でもう少しだけJR沿線の都会寄りで探さなければと言う事で方向を決められたようです。

 

さて、都会を少し離れた郊外で土地を探す場合に気をつけて頂きたい事の一つが市街化調整区域内でないかと言う事です。市街化調整区域とは市街化を抑制する目的で定められた区域で原則、建物を建てたりといった開発行為は許可を受けなければ出来ない事になっています。

 

一般的には農林漁業者のための住まいや各行政単位で許可されている物意外は厳しく制限されています。 抜け道も無くはありませんが、そうた易いものではありません。

更にもっと地方へ行くと、そう言った指定さえない所もありますが、そこはそこで法律とは又別の難しい問題もあります。

それと人家が近くに無い所の場合、生活に必要な電気、ガス、上下水道と言ったインフラさえ整っていない場合がありますので注意して下さい。特に予算に余裕がない場合、インフラを整備するのにお金が掛かってしまい家に回せなくなると言う事もあり得ますので、充分に御検討ください。

では次回からはもう少し具体的な土地の読み取り方、判断の仕方について触れていきたいと思います。

2005.06.27
さて、週も変わり、そろそろモチベーションも上げていきたい所です。

 

住まいづくり通信も初心に立ち返り、土地の話から始めていきたいと思います。

当然の事ですが、住まいを建てるにはまず土地が必要です。既に自己所有しているのなら殆どの場合はそこに建てる事になるのでしょうが、そうでない場合は土地探しからと言う事になります。

 

これまでに何度か土地探しに立会いをさせて頂いた事があります、と言うよりも実際は希望の土地を見つけたのだが、どうか分からないので一緒に見て欲しいと言うケースばかりですが。

 

その1
宝塚にある某神社の参道沿いから一区画奥へ入った土地でした。通勤にも比較的便利で値段も手頃、都会の割に緑も多く特段問題は無かったように思えたのですが、結局購入には至りませんでした。

 

参道の狭い道幅故、消防車や救急車の出入が難しいし、月に数度ある参道の催しの際には歩行者天国となり車の出入も自由に出来ないと言うのが一番の理由でした。ぽつんと離れた1軒家という訳ではなく、周囲にも同じような規模の土地と住まいが既に建っていたのですが、万事を見越しての判断とアドバイスにより懸命な選択をされたと思います。

 

今回は周囲の状況から明らかに判断できる要因も沢山ありましたが、その土地が持つ特異性などはそこに住む人に聞いてみないと分からない事もあり見極めも難しい所。もし可能なら近所にいる人に聞いてみるのも一つの方法です。

 

地域の事、近くに騒音や匂いを出すような工場や施設が無いか?夜の安全性、交通の便など地図や役所では分からない情報も仕入れておくと判断材料として大きく貢献するでしょう。

 

2005.06.26
先日、今月の連続投稿がとうとう途切れてしまいました。多忙と言う事もありますがどうも、モチベーションが上がらず、結局諦めてしまいました。今日もあまり変わりません。書こうと思っている事は沢山あれど・・・。

 

原因の一つは腰痛なのか?座り仕事が続くと苦痛ですが、これを緩和するために色々な事を試みたりもしています。今日はその一つを紹介します。これは遅筋(ちきん)と言って瞬発力を要する速筋に対する筋持久性を鍛えるための運動と基礎代謝を上げるための運動でもあり、運動不足気味と言う方もやってみると良いかもしれません。

 

その運動とは

両手両膝を床に付いて四つんばいになり、どちらからでも構いませんが例えば、右手と左足(腿)を同時に上げ(えび反りにならなくても体に並行になるぐらいでOKと思います)同時にゆっくり息を吐きながら5秒この状態を保ち、今度は左手と右足(腿)を上げ息を吐きながら5秒といった具合にこの動作を片側で計10回繰り返し、これを朝晩やってみて下さい。腰の内部がホカホカするような感じがすると思います。

 

車のコマーシャルでこれと同じような運動をやっているのを見かけましたがもっとエビ反った感じまで手足を上げていますが腰痛持ちの人がエビ反りするのは余計に症状を悪化させる事にもなり兼ねませんのでご注意を

 

こんな運動も良いよと言う方がいらっしゃれば是非教えて下さい!

2005.06.24

パース

今日は現場ネタではなく、住まいづくりのもっと初期段階の話です。以前プレゼンと言う事でホワイト模型の写真を掲載しました。まず設計者の頭の中にあるものを施主となる方に伝える表現の手段として図面の他に模型やここに載せたようなパースと言う物があります。このようにカラーで非常に精度よく仕上げるにはそこそこの時間を要します。

これはVectorWorksと言う数十万円するCADで描いた物ですが内部も外部も表現させようと思うと私の場合、平均2日半程度は必要なのですが今回は少し時間が掛かり過ぎました。まあそこそこの出来ではあるのですが出来れば空以外の背景も欲しいと言った所です。

時間が掛かったのにはそれなりに理由もありますが屋根の形状もその理由の一つでしょう。方形(ほうぎょう)と言って四角錐の形をした屋根で考えましたが、実は屋根の形状によっても建物の工事金額に影響が出て来ます。片流れや切妻屋根などは比較的単純な形状ですので手間も掛からずコストに対する影響も小さいと思いますがその形が複雑になれば、なる程工事に対する手間もかかりコストに影響してきます。又複雑な屋根形状は雨漏りの原因になる確率も高く注意したい所です。

2005.06.23
今日の一言は・・・

 

すいません、今日はズバリ言える話ではありません。

 

「木の家の温か味」と言う言葉を耳にした事はありませんか?今日はこの「温か味」について考えてみます。

 

もし、木自体が温か味を確保しているのなら、純粋に木だけでつくられたログハウスなども暖かいと言う事になります。しかし、実際に生活されている話を時々、耳にしますが、悪い点ばかりを取り上げると、冬場は隙間風やその隙間から雨風の強い時には雨が入るなどがあるようです。只、そう言った事を上回る何かに魅力を感じ、好んでログに住む人がいるのだと思うのですが。

 

では、温か味と言う言葉を具体的に数字を追って見てみる事にします。熱の伝え易さを示すのに「熱伝導率」と言う言葉があります。言葉や単位は別としてこの数字が大きいほど熱を伝え易いと言う風に考えて下さい。

 

杉、桧・・・0.12(W/mK)

住宅用グラスウール24K(※)相当・・・0.038(W/mK)

土壁・・・0.69(W/mK)

畳床・・・0.11(W/mK)

アルミニウム・・・200(W/mK)

鋼材・・・53(W/mK)

コンクリート・・・1.6(W/mK)

 

※24Kとは1立方メートル当たり24kgの質量である事を示す、つまり密度です。

 

この数字からアルミニウムは大変、熱をよく伝える事がわかると思います、前回お伝えした断熱材に使われるグラスウールの数字がこの中では最も小さく、熱を伝えにくい材料である事がお分かり頂けると思うのですが木材である杉や桧を見てみるとグラスウールに比して約3倍熱を伝え易い材料となります。ただ他のコンクリートや鋼材に比較すると木材は熱を伝えにくい材料と言う事になります。この数字が小さいからと言って厚みが薄ければ当然、熱は伝わり易くなりますし、数字の大きい物でも厚みを増せば熱は伝わりにくくなります。

 

只、住宅の断熱性能と言う面から考える時にはこれら材料の熱伝導率でなく、混合して使われる他の材料の性能や施工状況等他の要因もミックスされて考えられますので単体の数字を見て断熱性能が無い、ウンヌンは言えないのです。

 

では「木の家の温か味」とは何なのでしょうか?木の断面を見ると細かい細胞壁に囲まれた空気包がたくさんあり、その中に空気を閉じ込めているので先日の断熱材の話のように多少の断熱性能はあると思いますし、実際当事務所でも杉の床板を貼っていて、足触りもいいし温かな感じはしています。

 

今日はズバリ言えませんでしたが、温かさの感じ方には個人差がありますし、イメージによる擦り込み半分、技術的な裏付けによる所少々と言った所で中途半端になりましたが一旦幕引きとします。

 

2005.06.22

 

断熱材は部屋内側へ寄せて!

 

今日の一言はズバリこれですが、充填断熱と言う断熱方法に限定した話である事を最初に断っておかないといけません。こんな事、当然と思っていたのでここで話すべき事かどうか、ずっと迷っていましたが、しかし意外と間違っている人(大工さんやセルフ施工などの場合)が多いのでこれは注意を促すべきと思い、今回取り上げました。(特別な断熱方法を除き、充填断熱の施工は一般的に大工仕事になります。)

 

断熱施工図まず部屋内側へ、とはどう言う事かを説明しますと壁の厚みの中に断熱材を充填する施工方法では壁の厚み分一杯に断熱材を詰めればいいのですが、そうでない事もあります、その場合、断熱材をどのように入れるかで壁の中で断熱材が詰まっていない空間が出来る事になります。結論は、部屋内の壁仕上げ材の真裏に密着するように断熱材が施工されていないといけません。(図を参考にして下さい)

 

何故か?断熱材を入れる目的を考えて下さい。字のまま見れば、熱を断つと言う事になります。断熱材はそれ自体が無数の小さな気泡や空隙を持つ素材で出来ていますが、その気泡の中に空気を閉じ込めて動けなくする事で熱を断ちます、すなわち空気の流れを妨げる事で熱の移動を干渉す断熱施工写真るのですが、壁の仕上げ材と断熱材の間に隙間があると断熱性能は低下し、そこに風が流れ結露が起こる原因になる事さえあります。

 

現場で時々見かける間違いは、外壁の下地が既に出来ている状態で部屋の中から断熱材を詰め込むので、それを受け皿にして、思いっきり奥(外部の方へ)に押し込んで詰めてしまっている例です。もしこれを見かけたのなら、即やり直して貰うようにして下さい。これは建物の寿命にも関わる大事な部分です。

 

こんな風に考えてみると分かり易いと思うのですが。部屋内側が人間の体で、断熱材がダウンジャケットとします。冬にダウンジャケットを着ていて、他人から胸元を引っ張られると、胸元が空きスースーすると思うのですが、これは体とダウンジャケットの間に空いた隙間から冷たい風が入る事で寒いと感じるんだと思うのですが、同じように断熱材が部屋内側へ密着していなければ寒い(若しくは夏なら暑い)部屋になって当然。

 

知らなきゃ、損をする。プロがやってるんだから間違いないだろうって事はありません。また「この断熱材やったら奥に押込んでても大丈夫やでっ」っていうのはまず無いと考えて下さい。

 

どんどん質問してみましょう。工務店さんと直接契約している場合、大工さんに直接、言い難いなら担当の方に言ってみると良いと思います。

 

2005.06.21

先日、新潟において再び比較的大きな地震があったそうです。(気象庁の発表では先の中越地震とは別の震源との事です。)

今日はいつもの住まいづくり通信ではなく趣をかえて先日ラジオで耳にしたちょっと気になる地震に関する話。

車で移動する時は出来るだけニュースが聞きたいので、AMを聞くようにしています。お気に入りは毎日放送ですが、そんな中、「丹波山地での微小地震活動が低下している」と言う話に反応してしまったのですが、最初は単に丹波と言う言葉に反応しただけの事でしたが、よく聞いてみると近畿地方全体に関する不気味な内容でした。

京都大学防災研究所地震予知センターでは大阪府北部から京都府中部、琵琶湖西岸にかけての丹波山地での微小地震活動の低下に着目し大きな地震に対し警戒しているそうです。

大きな活断層ではなく、小さな層が沢山密集しているこの地域では微小地震が活発な地域でありデータの収集もし易い地域だそうです。所がこの所、その活動が低下していて、同じ傾向が阪神大震災以前にも起こっていたそうで、同じ傾向にある、この活動低下を懸念しているとの事。低下すると言う事は地震エネルギーをため込んでいる状態で、これらが一気に噴出すると大きな地震となり、また大惨事をもたらす可能性もあり恐い。微小地震が起こると言う事はいわゆるガス抜きの状態だそうです。

地殻レベルではどこもが繋がっていてもおかしくない近畿圏、今度は何処で起こるかと言う予知は非常に難しいし、不安をあおるような事は出来ないので、研究者にとっても慎重にならざるを得ないそうで、個人レベルで対策を講じておく方が良いかもしれませんね。大きな家具の固定、避難グッズの用意、連絡方法等、今一度ご家族で話し合ってみてはいかがでしょうか?

2005.06.21
リンク先追加しました。

 

 

まだ始められて間もないようですが、資金計画など参考になる事も沢山書かれていますよ、一度遊びに行ってみて下さいね。

最新情報

  • 見学会の心得

    2017.09.21 芦田成人ブログ
    見学会と呼んだり、オープンハウスと呼んだり 呼び方にも色々ありますね。 ここでは、あえて見学会と表現しましたが どちらでも構いません。...もっと読む
  • 宗教的スペース?

    2017.09.20 芦田成人ブログ
    今日の写真は、先日紹介した住まいと 同じ住まいなのですが、 陽の当たり方、照明の有無で全く違った印象を お持ちなる方も、いらっしゃることでしょう。...もっと読む
  • 柿渋塗料

    2017.09.19 芦田成人ブログ
    今回の台風、各地に大きな爪痕を残しましたが 皆様の地域では如何でしたでしょうか? 間もなく、栗、柿のシーズンですが 柿や栗は建築にとっても関係があるんですよ。...もっと読む
  • 建築の社会性

    2017.09.15 芦田成人ブログ
    「建築の社会性」と言う言葉をお聞きになったことは 御有りでしょうか? この言葉の受け止め方は人それぞれですが 建築が存在する限り、その場にはあり続ける訳ですから...もっと読む