芦田成人ブログ

2006年7月
« 6月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

2006.07.31

母校でも何でも無いのですが、福知山繋がりと言う事で、何故か仕事などでも縁がある、お隣の京都府福知山市にある福知山成美高等学校の硬式野球部が今日、甲子園への出場を決められたようです。

おめでとう御座います。

特に注目して応援していた訳では無いのですが、経過を見てみると予選も早いうちから強豪勢と対戦し、勝ち上がっていったようですね、凄い!

私達の頃には福知山商業と名乗っていた高校で、一度練習試合に行った覚えはありますが結果は忘れました。遥か遠い昔の事ですので・・・。

何よりも近畿北部の高校が甲子園に出る事が快挙なのです。

特に私達の兵庫県を見れば良く分かりますが阪神間の高校ばかりが目立つ中、六甲山を越えて甲子園に出場するのは至難の業、いい選手は皆、阪神間の学校に集まるからなのです。

京都府でも恐らく同じなのではないでしょうか?まあ私学とは言えやはり、京都市内の強豪校(都心部の強豪校)に圧倒的に良い選手が集まると言った環境は全国的な傾向だと思いますが、そんな環境を打ち破っての出場が素晴らしいと思うのです。

とにかく出るからには一つでも上を目指して欲しいですね!

2006.07.29

昨日は「福知山の家」の現場見回り。

この現場、大工職が常時2~3人入る人海戦術で超ハイペースで進んでいます。契約時の竣工予定は11月末だったのですが、このペースで行けばもう少し早まるかも知れませんが、間にお盆休みをはさんだりと、何かと日が読めない事もありそうですし、何よりも高低差のある敷地なので、外回りの工事に結構な時間が必要になるかも知れません。

で、先日は建具屋さんが下見に来られ、こちらは設計意図を伝えた程度でしたが、実際の採寸や製作はまだ先ですが、物腰柔らかな語りの中に熱さを感じるナイスなおじさんと言った感じの方です。

福知山の家

写真は西面の窓外に付く手摺と雨戸兼風通し戸が納まる戸袋部分の仕事ですが、この並びに取り付くコーナーFIX窓の仕事などは結構悩みながら仕事をされていました。

さて、この後に続く「香住の家」もいよいよ工務店への本見積図面の渡しの日が迫っています。一応、概算見積をとっていますので、若干の修正を加えて設計の方も、早い段階で一区切り出来ているから、いいお盆を迎えられるかと思いきや、

更にその後に迫る「綾部市の家」も現在設計進行中ですので、なかなかゆっくりとは出来そうにありませんが、まあこれは毎年の事、時間は何とか、やり繰りしないといけませんね~。

1日27時間位あればどうなのだろう?と、あり得ない事を考えたりもしますが、そうなったらなったで、かえって余計にしんどいだけかもしれないですね。

皆さんのお盆休みはどんな予定ですか?

 

2006.07.26

「木の家に暮らす 15号」にコメント&写真が掲載されています。

「住まいにもきづかいを」と言うタイトルでの短いコメントです。

本当に短い時間と文字数制限の中で考えたコメントですので深い論文のようなものではなく、言葉の掛け合わせのように、まとめてみました。

宜しければ、お買い求め下さいね。

小さなスペースですのでお見逃し無く (^^)!

木の家に暮らす

発行・販売  地球丸

2006.07.24

昨日、一昨日は天候にも恵まれ、土曜日は晴れ間が覗く蒸し暑さ、昨日は曇り時々小雨と言った天候の中、無事見学会を執り行わせて頂きました。又、御参加頂きました皆様、貴重なお休みの日に足をお運び頂きましてどうも有難う御座いました。まだまだ内部の造作工事はこれからですが完成に向けて進めて行きます。次回は完成見学会でお目にかかれます日を楽しみにしています。

ひとまずはブログ上で失礼ですが、お礼まで。

 

2006.07.21

見学会前日の今日、現場の確認に行ってきました。

棟が上がって暫く経っているので、現場はもうサッシ周りの造作工事に入っています。本当ならもう少し早く行う予定だったのですが、スケジュールの都合もあり少し日が経ってからの構造見学会となりますが、まあ肝心の骨組みの部分もまだまだ十分に見れますので皆様のお越しをお待ちしています。と言いましてもブログでは場所までは分からないのでですが・・・。

見学会前日

いずれにせよ、明日は少しの晴れ間が覗く様で何よりです。それにしても大変よく降りましたね、今回の雨は、又一昨年の台風23号を思わせるような川の増水でした。幸い丹波では大きな水害は無かったと思いますが、増水した河川にはくれぐれも近づかないようにしましょう!

2006.07.13

「梅に鶯」と言う言葉があるように(最も花札に描かれている鶯は実際はメジロらしいのですが)寒い冬が明け、春の気配もそぞろになる頃にはここ「丹波」の山の中では「ホー、ホケッ」と鶯が鳴く練習を始め、ゴールデンウィーク頃になると「ホー、ホケキョ」と段々と綺麗な鳴き声になって行きます。

所が、もう夏と言うのに、今朝の目覚めはその「ホー、ホケキョ」だったのです。やはり気候が少しおかしいのか、確かに、この辺りの朝一番は未だ涼しいともいえる気温なので鶯にすればおかしくは無いのでしょうけども、この時期に、こんな鳴き声を聞くとは思いもしませんでした。

流石に朝9時にもなると、少し気温も上がってくるので鳴き声は蝉の「ジ~」と言う鳴き声に変わってきましたが、さて朝顔の咲くこの季節に鶯の鳴き声、ミスマッチな季節感ですが、今年は特段に春が短かったような気もします。

日本も冬と夏しか無い国になってしまうのでしょうか?(極端ですが・・・)

2006.07.11

昼間の延長でラジオをつけているとこのシーズン、夜になると自ずとプロ野球の実況中継が始まる。

これまでにも何度か申し上げてきたのですが、僕は近鉄ファンでしたので消滅した今は熱狂的に応援出来る球団はないのですが、それでも掛布選手に憧れて野球を始めた縁もあり、阪神戦は聞くに堪えるので仕事の手を進めながら、耳はラジオにと言う事が良くあります。

そこで気になるのが、興奮しすぎるアナウンサーの実況、本人ははっきり、伝えいるつもりでもヒット?、エラー?、ホームラン?などの際は早口でまくし立てて、聞いているこちらとしては一体どうなっているのか分からない時がある。で結局大した事の無い大きなファールだったりすると物凄く肩透かしな感じになる。

「もう少し冷静になれっ!」と言いたくなるのは僕だけでしょうか?

アナウンサーの使命をお忘れなく。

2006.07.07

「福知山の家」構造見学会のお知らせ

当ブログでも度々、紹介しています「福知山の家」の構造見学会を住まい手のご協力を得て開催させていただく事になりました。一般の方もご参加頂く事は可能ですが、ブログ上では敢えて場所はオープンには致しませんので、御希望の方は、当方までご一報下さいませ。(尚、連絡頂いたからと言って後に執拗な営業攻勢を掛けるつもりは毛頭ございません。^^!その労力があるなら他につかいます。)

日時/平成18年7月22日(土)、23日(日)  両日共に10時~16時まで

問合せ先/〒669-3801

兵庫県丹波市青垣町東芦田452番地

芦田成人建築設計事務所  担当 芦田まで

TEL&FAX   0795-87-0632

MAIL narito@ashida-as.com

ご注意/敷地は道路との高低差が2.0m程あり、今の所、外部の工事までは進んでいませんので雨上がりのには非常に足元が悪く、ヒールなどでは敷地の上り下りが困難と思われますので、必ず運動靴などの身軽な格好でお越しください。(上り下りし易そうな応急的な方法は考えますが・・・)

概要/メーカー住宅が林立する、比較的新しい町並みではありますが、背後には小高い緑も接近しており比較的、自然環境にも恵まれた地です。地山を切り崩し雛壇上に成型された当該地は西に開け、日照時間も長く確保出来るのですが、夏場の西日対策は検討の余地があり、下屋の軒を長く伸ばし対応。天井高さを抑え、窓際の明るさと奥行きを感じる適度な光のグラデーション、によって小さな建物ながら様々な生活シーンが感じられるように、それぞれのボリュームや開口の取り方を考えた木の住まいです。

 

構造

最新情報