芦田成人ブログ

2006年8月
« 7月   9月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

2006.08.30

何!飛行機がこっちに迫って来る?

飛行機1

 

ぶつかる~

飛行機2

 

飛行機3

フゥ~、何とか、かわしました。

そんな訳は、ないかっ・・・。

ここは一昨日に「香住の家」打合せ帰りに、ふと寄り道した「但馬空港」です。

こんな所に空港があるなんて、もしかしたら知らない人も居るかもしれませんが但馬の空の玄関口で大阪(伊丹)但馬間を30分で結ぶ交通の要衝?山の上にある空港です。

とは言っても一日2便と圧倒的な便の少なさでターミナル内は閑散とした状態で旅客よりも働くスタッフや売店の従業員の方が遥かに多いような・・・。

送迎デッキに上ってみましたが、飛行機の発着もなけりゃあ誰も居ない状態で大阪空港や関空の比ではないのですが、まあのんびりしています。

滑走路

2006.08.29

住宅相談会のお知らせ

私が所属しています「ひょうごネットワーク木の道」では、この7月より毎週土曜日に所属建築家による住宅相談会を開催しています。

土地探しからでもOK、新築、リフォーム、増改築等問わず住宅に関する相談を無料でお受けしています。

(具体的に土地が決まっていたり、リフォーム等のご相談でしたらそれらに関する図面、書類等があればより具体的なお話もさせて頂き易いです。)建築地が当方より遠方の場合でも、より近くの、木の道、所属建築家をご紹介させて頂く事も可能ですよ。

と言う事で、来る9月9日(土)は私の当番です、一目見てやろうと言う事でも結構ですので、お気軽にお越し下さいませ!(^^)

 

日時/2006年9月9日 土曜日  13時30分~17時(予定)

場所/JR神戸駅前 HDC 3階 コンフォートハウスプラザ内 木の道ブースにて

 

2006.08.28

まだまだ、残暑も残る今日この頃、それでも確実に秋はやってきています。

と言う事で先日は、稲刈りのお手伝いに、と言っても、うちは本格的に農業をやっていませんので親戚の家のですが・・・。

小さい頃はウチでも田んぼを作っていましたので、その頃の記憶がかすかにあります。

稲木と言って物干し竿のような所に刈った稲を掛け天日干していたと思いますが、その頃とは打って変わって今は殆どが機械化されていますので、機械が刈った稲を自動的に袋詰めしてくれるので、その一杯になった袋を運ぶのが主な仕事でしたが、これが結構重い。

稲刈り2

 

画面の右から機械が入っています。不要になった穂を自動的に機械の後方に排出すると言う物です。そして地面に散らばり日に焼けた穂は順に色が変わり、茶→濃い緑→鮮やかな緑と、かすかなグラデーションを残し、翌日には一面枯れ色の短い穂が田んぼを覆います。

いよいよ食欲の秋到来です、おいしい新米が又、食べられて幸せですね~。

稲刈り

携帯で撮った写真ですので少々画像が悪いですがお許し下さい。

2006.08.21

黒い家

 

黒い家?

いえいえ、これはまだ途中の状態です。

久々に、「福知山の家」の現場の状況です。

今現場へ行くと屋根も黒なので正面からはほとんど真っ黒に見えています。

この黒いのはアスファルトフェルトと言う防水紙で、うっすらと桝目のように見えているのはダブルラスと言う金網で、一般のラス網と言う網よりもモルタル等の付着力がいいので、いつもこれを使うのですが、図面を見た工務店さんから良くある質問に、「ダブルラス」って何ですか?と言う質問です。

名前から考えると二重に網を張るのかと思われがちですが、これは商品名なのです。

ダブルラス

それにしても、実に綺麗な仕事で、このまま意匠的に使いたいような気もしますが、そうはいきませんね・・・。

黒い家2

2006.08.18

さて、お盆も開けていよいよ社会もお仕事モードですね。

その前に、お盆時に行った豊岡ネタをもう少し紹介します。

豊岡の主要な産業といえば「カバン」

カバン販売機

と言う事で幹線道路に面する駐車場の入り口には、このようなカバン販売機が設置されています。値段は一つ1500円と少しお高めなので売れ行きはイマイチのようですが・・・。 販売機の下の方に見本として、のじぎく兵庫国体のメインキャラクター「はばたん」が描かれたトートバックが展示してあります。

そしてこの駐車場の奥にも出入り口がありましたが、それに面する通りには「カバンストリート」と言う名前がついています。

カバンストリート

 

しかしお盆初日のこの通りは何とも閑散とした様子で、真昼間と言うのに、ごらんの通りです。

最も、この通りにはかばん屋さんがずらりと並んでいるのではなく、むしろ、かばん屋さんの看板を見つける方が困難な位です。

これはカバン産業の衰退を示しているのかと言うと、そうでもないようで、この街の中を少し外れ車でもう少し南下し、円山川沿いを走っているとカバンの工業団地のような高層の建物が、あちこちに存在する事に気付きます。

カバンストリート2

「カバン産業の略歴」は下記のようです。  こちら  から転記

豊岡市の伝統工芸である杞柳細工の柳行李(やなぎごおり)から生まれた柳かばんから発達したといわれる「豊岡かばん」。大正末期から昭和にかけてファイバーかばんが製造され始め、柳行李の販売網に乗って急速に伸び、昭和10年頃には豊岡市の主産業となりました。戦後はミシン縫製の導入やオープンケースの考案、新素材としての合成皮革・ナイロン等の活用など、さまざまな改革が行われ、今日ではこれらを素材とする鞄類の製造では、全国の80%を占めるまでになっています。

 最近では、かばんデザインコンテストやデザイン塾を開催し、人材育成に注力するとともに、産地発信型商品「豊岡グラフティー」や「豊岡トラディショナル」を企画し、国際かばん都市の創造をめざして、産地の情報発信を行っています。

2006.08.13

お盆特別編

豊岡の気になる街角

メインストリートから一歩入ればそこは・・・

超ひまわり

超 ひまわり、そして クロネコ

ん~気になる。

2006.08.13

今日まで仕事で、豊岡へ。

お盆の渋滞を見込んで出発すると定刻まで1時間も早く到着。

さて、どこへ行こうかと目の前にある標識に目が留まり、行き先決定!

豊岡と言えば、「こうのとり」と言う事で「兵庫県立こうのとりの郷公園」へ

車でものの10分足らず走り、到着、お盆休みとあって圧倒的に家族連れが多い。

こうのとりの郷公園

 

こうのとり

 

こうのとり2

 

こうのとり3

 

飛んで行かない様に屋根付きのゲージの中で飼われているのかと思っていたら何の何の2.0m位の高さの柵があるだけで自由に飛び立つ事も出来るし、逃げようと思えば何処へでも行ける筈なのですが、さにあらずで不思議とここに帰ってくるのだとか、天敵もいないこの場の木の上に作った巣があるからなのかも知れませんね。

こうのとりの餌はアジ、ドジョウ、ミミズ、蝶、バッタ等を食べるそうで、孵化したばかりのヒナドリは「ピーピー」と鳴くのだそうですが成長すると声を出す仕組みが退化し、くちばしをカタカタとならすクラッターリングと言う行為によって音をだすのだそうで、僕がここを訪れた時もそのカタカタ音が聞けました。

さほど可愛い顔では無いので子供達の人気者と言う訳には行かないのでしょうけども赤ちゃんを運んでくるという事で縁起の良い鳥としては有名ですね。

この近辺ではハヤブサも居る(居た?)のだそうで記念館内にはその標本も展示してありましたが以外に小さい鳥なのでした。

 

2006.08.11

もう2日ほど前の新聞記事になりますが 漫画 「巨人の星」 が40年ぶりに、リメイクされるとかで、何々と見てみると、な、なんとさわやか過ぎるぞ、花形満。 野球漫画ではないような綺麗なお顔立ち・・・。

この分で行くと主人公の 星 飛雄馬 はどうなるの?大リーグ養成ギプスは? そして一徹おやじはちゃぶ台をひっくり返すの? 、アキコ姉ちゃんは木陰からそーっと応援しているの?と心配し始めると夜も眠れないくらい、恐ろしい程、メルヘンチックに生まれ変わるのではと思ってしまいますが・・・。

私達の世代はどっぷり巨人の星ではありませんでした、どちらかと言うと「ドカベン」世代。

見るか見ないかは別としてやっぱり根性物も少しは残して欲しいものですね~。

オープニングの「♪思い~込んだら・・・」を「重い、コンダラ」と言う地面を均す大きなローラーに引っ張る所が付いている物の事をコンダラと言うのだと言うラジオ番組の1コーナーまであったのはあまりにも有名で

「コンダラ」で検索を掛けると出るわでるわ、まあ一度お試しあれ。

2006.08.10

今日の甲子園、大方の予想を覆し、福知山成美高校がまず1勝、おめでとう御座います。

夕方、「そうや、今日試合やってるんや」と思ってラジオをチューニングすると3対3の同点に追いつかれた所で、その後また暫く用事で聞けず、次に結果を知ったのは試合終了後。

同点に追いつかれても、リズムを崩さず自分達の試合が出来ての勝利だったのでしょうね。

選手の中には丹波出身の子もいるとかで、とにかくよかったですね。

夜中の熱闘甲子園では、相手チームの愛工大名電に焦点を充てた偏った放送でしたので、どのように加点し勝利したかまでは分からなかったので、放送のあり方も、もう少し考えて欲しいような気もしますが、とにかくまずは1勝。

次は初戦の反省点を克服し、あの時こうしておけば等の「たら、れば」のない試合をして欲しいですね、頑張って下さい!

 

2006.08.08

色シリーズ第2弾!

と言う事で先日の鮮やかな玉虫に続き、今回は頂き物のグラジオラスです。

写真のはオレンジ色の鮮やかな色ですが、他にも色々な色もあるアヤメ科の初夏に咲く花だそうです。

ウチの庭には黄色いのが咲いています。

花

最新情報