芦田成人ブログ

2009年1月
« 12月   2月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

2009.01.26

今シーズン一番の大寒波予報を受け、よっぽど覚悟を決めて目覚めた先週土曜日朝、外を眺めるとうっすらと雪が積もってはいるものの、先週に比べると大した事も無く一安心し、的形の家の打合せに出発。

現場には住まい手が既に到着されていましたが、外壁吹付仕上げ作業中と言う事で、建物は養生シートと養生のビニールで覆われ、建物に近づくと職人さんからちょっと待ってと静止される。

施工中の塗料が飛ぶので作業が一旦落ち着くまで待って欲しいとの事でした。

そんなこんなで外で、暫し談笑。

やがて皆が寒く感じ始めたところで、ようやく建物内へ

造り付けの家具も既に施行され、壁紙の施行と建具の建て付けが終われば内部はほぼ完成の状態。

和の雰囲気を望まれた、住まい手の要望を反映し、落ち着いた感じの外壁色に仕上がった。

外壁

 

この住まいは2階南面全面が跳ね出し式のバルコニーで、防水層は設けずにスノコ状に仕上げています。

跳ね出したバルコニーを受けるには柱建ての方法もありますが、1階も南面全面がパブリックなスペースになるために視覚的に風景を分断する柱を止め、同時にそれらを受ける基礎も必要無くなり、すっきりとコストを抑える事も出来ました。

 

そんな「姫路的形の家」の完成見学会が来る2月14日(土)、15日(日)に行われます。

今回で4件目となる蓄熱暖房機を採用した住まいでもあります。寒いこの季節にはあり難いこの設備もご体験頂けることでしょう!

でも、私の晴れ男パワーで、そんな物が不要になるかも知れませんが・・・。

 

見学会は両日とも 10時~17時まで

問合せは 当方 まで

2009.01.19

週末土曜日は、今年2度目の現場定例会議で「姫路的形の家」へ

この日は決め事も多く、午後より別件での移動を見据え、いつもより1時間早めの集合。

現場内部の大工工事は概ね完了し、外壁の色、建具和紙の色等住まい手にアドバイスさせて頂きながら御選択頂いた。

色の選択だけは、何度やっても容易ではありませんね。住まい手の好みを考慮しながら、間を外さないように、同じ色でも光の加減で見え方が全く違って見えたり、施行する部位や面積で全く印象が変わる。

無難な選択になりがちだけども、時には冒険してみて今までに無いパターンを発見できたりと、まるで生物に接するような感じです。

さて、そんな「姫路的形の家」の完成見学会の日程が決定しました。

来月、2月14日(土)、15日(日)の2日間となります。

詳細が決定次第、又このブログ上でもお知らせいたします。

光と影の間

 

写真は当住まいの階段を上がりきった所から南側の居室を覗いたワンシーンです。

縦横に組まれた格子状の??

詳しくは現場でご覧いただけます。

さてさて、夕方より場所を移動し、宍粟市山崎町へ

昨年末より進めさせて頂いていましたプランも大方の方向性が見え、設計契約を結ばせて頂きました。

昨年11月の建築士法改正後、初の契約案件と言う事で、契約書に加え、これまでに無い書式が一つ増えました。説明の義務化が追加され「重要事項説明書」と言うものが必要となりました。

と言いましても大袈裟なものではなく、誰が設計をし、誰が現場を監理するのか、又業務の一部を下請けに依頼する場合、それがどこの何と言う人なのかと言う事を明確にしなさいと言った内容です。

L字型に折れ曲がった変形敷地への建築。

さてどのような住まいが出来上がりますか?年末完成に向けてのスタートですが、又追々報告させて頂きます。

 

2009.01.13

ここの所、随分と寒い日が続いています、ここ丹波では今日は今シーズン一番の雪に見舞われています。

そんな中、先日12日は成人の日。はるか昔の出来事に思いを馳せたか否かは別としまして、昨年末予定の「香寺町の家」の1年点検が各者の都合により先日行われました。

建具関係を中心に各所を見てまわり、大きな問題点は無く(たった1年で大きな問題があっては困るのですが・・・)お庭の話や、近況などをお伺いしました。

出来上がったばかりの何も家具が入っていない状態とは違って、色々な物が入っても良い感じで住みこなして頂けているようで、なんだか嬉しい訪問でした。

別件の夕方の打合せまで時間もあったため、昼食後、気になる照明器具があったと伺っていた、玩具博物館へ。

幸いにも、香寺町の家の直ぐ近くでロス無く時間を有効に活用できた。

そんな玩具博物館を少し紹介。

玩具博物館5

 

切り妻屋根のなまこ壁の蔵のような建物を守るように植えられた生垣の間から遠慮がちに覗いた木戸が入り口。

玩具博物館

 

未だ、門松も立てられ、どこが入り口かと少し戸惑いながらもガラッと戸を開けると受付があり、一安心。

玩具博物館3

 

一旦受付のある棟を一回りすると建物の外へ出て他の棟へ移動する、面白い順路で複数の建物に囲まれた中庭と上のような路地はひっそりと安心感のある空間です。

玩具博物館2

 

肝心の展示物はと言いますと、上のように昔懐かしいブリキやセルロイドで出来たキャラクター人形が新しい玩具の部類で、木のコマ、メンコ、剣玉、ビー球など非常にローテクながら、実際に体験できる玩具も用意されていて、長時間滞在しても楽しそうな場所でした。

時間の約束もあったために、そこそこに切り上げましたが、中でも私の目を引いたのがコレ↓

玩具博物館4

 

デンマーク製のパズルです。

どの形が正解と言う訳ではないようで、白と緑のブロックを使って色々な形を作りましょうと言う物のようです。

 

ひっそりと静かな博物館ですが、比較的来館者も多く、お土産に実際の一部の玩具も販売されています。

日本玩具博物館

 

2009.01.07

新年始動2日目の先日、朝一番から朗報が届く。

手間取っていた開発申請の案件が、決済手続き中との事でようやく動き出せそうだ。

それにしても、暗いニュースばかりが流れる今日この頃ですが、官僚にとっては天国のような施策ばかりが打ち立てられ、我々建築士に課せられた講習受講義務でも、当然講習手数料なるものを支払う訳で、

この支払われた講習手数料ですが使途としては講師料、会場使用料、など当然必要な諸経費はあるものの残りは一体何に使われるのか?役人や天下り人などのポケットに内々されて消え行くのでは許せませんよ、本当に!

一筋の光明

 

写真は年始に私用で立ち寄った神戸空港からの眺め。

曇天の雲の隙間からさす幾重もの陽射しが神々しく美しいものです。

どのような悪い状況も乗り越えようと必死に努力すればいつかきっと、この光りのような報いがあると言いたいものです。

日本の景気に、このような光明が射すのはいつの日のことでしょうか?

2009.01.05

新年明けましておめでとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

と公的には今日から本格始動と言う事になっておりますが、実質2日ごろよりボチボチと始動しておりました。

が、やはりケジメは大事にしたいので世間の動きにあわせ、今年の仕事始めは書類提出。

と言う事で昨年11月の建築士法改正により建築士事務所の前事業年の業務報告の提出義務を課せられ、その書類を県民局に提出しに行った次第です。

書類自体の作成は昨年末に既に済ませておりましたので、今日は提出のみと大した事もなく済みましたが、折角年の初めに柏原(かいばら)まで寄ったのだからと、恒例の?柏原八幡宮参りと相成ったわけです。

仕事始めの各企業の方々が団体で参られている姿がまばらに見かけられ、麓の我が母校、柏原高校の校庭からは吹奏楽部の楽器を練習する音が聞こえてきたりと、始まったなあと言う実感と共に気持ちを新たにしたお参りでした。

 

始動2

 

数年前のエントリーでもこの八幡さんの写真を紹介させて頂いたのですが再び

上写真は高校時代の部活の冬練習で散々御世話になりました石段です。

この折り返し地点で8合目程度の所で、ゆっくり登れば大層高くも無い八幡さんですが一気に駆け上がるには適度な心臓破りの石段と化します。

始動

 

境内の一番奥にはこのような三重の塔が存在します。

この八幡さんは明智光秀の丹波攻めで戦火にあった後、豊臣秀吉の命で再建された物と言う事で昭和25年には国の重要文化財として指定を受けています。

そんな八幡さん参りも無事済ませた、今日いよいよ本格始動です。

兎にも角にも、工事中の現場、これから新たに始まる現場など、またワクワクの1年、どうぞ宜しくお願い致します。

始動3

 

最後はウチの裏庭からの眺めです。

この雪景色版は時々UPしているのですが晴れ版は初めてでしょうか?

今年も良い1年でありますように!

 

最新情報

  • 炭火

    2017.08.18 芦田成人ブログ
    お盆休み最終日の15日 久々にBBQ トーチで炭をあぶり続け、ウチワで仰ぐ ようやく点いた火に背中から汗が噴き出す 新しい大きな炭には簡単に火が通らない...もっと読む
  • 残席「1」となりました。

    2017.08.17 芦田成人ブログ
    お盆も開け、今日から本格始動の方も 沢山いらっしゃることでしょう。 1週間後に迫りました、 たのしい、たてもの模型づくりワークショップ 残席「1」となりました。...もっと読む
  • 経験値上がる

    2017.08.09 芦田成人ブログ
    今年は塗装系の経験値が随分と上がりました。 外部塗装、木の板に刷毛で塗れば間違いなく塗れると 思っていましたが、さに非ず。 やってみて分かることが沢山あります。...もっと読む
  • VE粘り強く

    2017.08.08 芦田成人ブログ
    VE とは、Value Engineering の略です。 我々の世界では「減額案」と呼ぶことも ありますが、単純に「減額案」と呼ぶと 住まい手さんによっては、あまり良い印象を...もっと読む