芦田成人ブログ

2009年10月
« 9月   11月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

2009.10.29

所要で三木市へ

次の予定まで暫し時間もあったため、建物見学に出掛けた。

「ブルボン・ビーンズドーム」

巨大な屋内テニスコートです

R0016909c

写っている軽自動車との大きさを比較するとその大きさがお分かりいただけるかと思います。

R0016894c

屋根と言うべきか壁と言うべきかの部分は緑化され上手く根付いています。ほぼ雑草のようにも見受けられました。

R0016891c

エントランスもドーム状の部分を潜り抜け

R0016889c

外部が、そのまま内部に貫入されたような内部側です。

R0016873c

センターコートはグランドレベルからさらに掘り下げられたレベルにあります。

R0016881c

R0016885c

センターコートに備え付けられた観客用のベンチ。
実は木製だったのです。そしてそのテスリも木製

テスリを支える支柱は実に遊び心のある、鉄の棒にチェーンを溶接したもので、遠目にはチェーンがテスリにぶら下がっているようにも見えます。

さて、このお隣のEディフェンスでは、つい先日長期優良住宅仕様の木造住宅と一般仕様の住宅の加振実験が行われたようです。

結果は、何と長期優良住宅棟が思わぬ壊れ方をしたそうで、詳細は不明ですが又専門家による解析によって原因も追究される事と思います。

現在の建築基準法の考え方では、木造住宅の場合、地震に必死に耐えさせると言うのが主流。柱の足元や接合部を金物などを使ってがんじがらめにするという考え方です。

しかし、今回の実験では、その考えが裏目に出たのでは?とも考えられるような結果だったそうな

これによって、法的な木造住宅の方向性が変わるのでしょうか?

2009.10.28

そして、こちらも着々と工事が進む「集う家」

現場では、どでかい鴨居、「どでかもい」が付けられました。4枚建具の引き込み戸を走らせるためにこんな大きな鴨居が必要になったのですが

R0016866c

写真が小さすぎて少し分り辛いですね。
詳しくは見学会で御確認下さい。

そして、モンドリアンの壁も徐々に姿を現しつつあります。

R0016867c楽しい階段横スペースです。

2009.10.26

またまた間が空きました。
現場監理、講師、講習会、住宅相談会、と目まぐるしく過ぎ去った先週でしたが、秋のイベントはまだまだ続きます。

まあイベント告知はひとまず置いておいて、「2世帯3動線のリフォーム」工事の最終章、3期工事の始まります。

正式には3期工事へ向けての解体工事の始まりです。

R0016844c写真のようにペケ印をつけて解体業者が潰すべき個所、残すべき部分を明確にし、解体工事に着手です。

3期工事は、入れ子構造の増築と、ちょっとややこしい取り合いが発生しますが何とか乗り越えてくれるでしょう。

さて、11月は建築士会柏原支部主催 「第3回地域貢献活動」もあります。

そして只今、兵庫県下の建築士会では来る11月7日に京セラドーム大阪で行われるソフトボール大会の参加者も募集中です。
こんな機会はめったにない。只今建築士会会員に限り募集中です。
要チェックです。

慌ただしい秋を満喫しましょう。

2009.10.15

快晴に恵まれた本日は、「2世帯3動線のリフォーム」の2期工事完成写真の撮影。

これにて親世帯のリフォーム工事は完了となり、撮影まで見合わせて頂いていた荷物の移動も可能となりました。

天井裏から現れた、大きな蜂の巣、床柱を掘りコタツテーブルの脚への転用、そして最後に現場では、ちょっとしたアクシデントと中々話題の尽きない2期工事でしたが何とか生活して頂ける所までこぎつけました。

そんな中、リビングダイニングに隣接する和室との境の既存フスマの片面張替えをしました。

和室側は和柄のめでたい絵が描かれており、反対面も同じようなフスマ紙、流石にこれでは不釣合いと言う事で張り替えたのが次の写真

R0016767c

無地の手漉き和紙ですが柿渋染めしたような渋い朱色(写真ではややオレンジ気味ですが)単体で見るとやや派手に見え、自嘲しがちな色です。

でも利かせ色として空間に溶け込み違和感なし、大正解です。

全景は完成写真でご覧下さい。

2009.10.13

週末、地域の祭りも終わりひと段落。

ようやく現場に設計に専念、となれば良いのですが秋は何かとイベントが多く暫くはバタバタしそうな予感です。

さて、2世帯3動線のリフォーム工事も2期工事まで終了。

今日は住まい手と一緒にワックス掛けの日でした。

いつもながらのワックスを予め、購入しておいて頂き洗車用のスポンジで薄~く伸ばすように注意してもらいながらの作業。

でもこれが又普段使わない筋肉を使うので、きっと明日は筋肉痛・・・?

3期工事までは、住まい手の御都合により暫く間があきますが、やっとここまで来たかと言う感じです。

明後日は2期工事分の竣工写真撮影。

ラストスパートです。

2009.10.06

現場で見た「未来都市」のような光景
R0016634c

現場に搬入されていた杉の桟材です。

このランダム感が何とも具合良く、まるで未来都市の高層住宅群にも見えます。

2009.10.01

集う家の工事も着々と進行中

今日は家具工場を見学させてもらいました。

R0016605c

この機械、凄いものらしいです。

生憎、訪れたのがお昼休憩中と言う事で稼動していなかったのですが、3次元に木を削り出す事が出来るのだそうで、相当な大きさの物まで形にする事が出来るんだそうです。

例えば人型もつくれるとの事で、他には無い機械と言う事で投資した金額も相当な物なんだそうです。そう聞くと機械に残る木屑も有難く見えてくるのは私だけか・・・。

R0016604c

で、これがその頭脳にあたる部分。
動かしている所を見たかった。

R0016616c

そして、これは現場に搬入された枠材。
殆どが杉ですが、その表情は実に様々。

現場では面白い話が飛び交い、こちらも他には無い階段が出来そうです。

最新情報

  • 食欲をそそる香り

    2017.06.22 芦田成人ブログ
    食欲をそそる香りと言えば 焼肉、カレー、漬物など色々ありますね。 木にも個性があり、種類によって 香りも様々なんです。 有名なのは桧(ひのき)の香りですね。...もっと読む
  • 剥き出しにしない

    2017.06.21 芦田成人ブログ
    コンクリートの躯体が剥き出しになり 白く塗っただけのお部屋 一見、格好良いように見えます。 しかし、よ~く考えてみて下さいね。...もっと読む
  • 三角形が基本

    2017.06.20 芦田成人ブログ
    四角い家が普通と思われがちですが 敷地の形状や方位、周辺状況により 時には、四角くない家になる時もあります。 多角形であったり、V字型であったり、...もっと読む
  • 衝撃の記憶

    2017.06.19 芦田成人ブログ
    対向車線から宙を舞って車が飛び出してくる あの映像、皆さんも衝撃を受けられたことと 思います。 昨日、大阪へ行くために乗った高速道路 あの映像が記憶に残り、...もっと読む