芦田成人ブログ

2010年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

2010.12.29

一応、公式には今日までが正常業務。

我々自営業者には、この公と私の区別がつけにくいので、「公的に」と断言しておく事で気持ちの上でも休みモードにつなげやすいのです。

今年はウェブサイトのフルリニューアルに始まり、連携の新鮮さ、そして大切さ、そして又新たな出会いを感じた1年でもありました。

後半は、「男の仕事場改善計画」と称し、仕事環境を改善するための投資も試みてみました。お陰様で、腰痛肩凝りに悩まされてきた私の体も、すこぶる快適に仕事も進められるようになりました。

男の仕事場

今年は夏ばても無く、夏痩せが無くなった分、先日のエントリーのような事も少し気になる年齢にも差し掛かっておりますが・・・。

年が明ければ、開業丸10年を迎える事になります。

早かったような短かったような年月ですが、次のステップに向かって又新たな取り組みにも掛かろうかと思いますが、皆様のご愛顧、どうぞ宜しくお願い致します。

さて、年内のブログ更新も多分今日までか?と思いますが皆様も良いお年をお迎え下さいね。

私は間に合っていない年賀状作成を今晩からフルスロットルです!

2010.12.28

1日中デスクワークが続くと、殆ど動いていないので、この通り。

万歩計

これでも、2キロほど(3200歩程度)歩いてきた後なので、それを除くと、たった数百歩しか歩いていない事に・・・

こりゃあ、太るわなあ~。

最近、機種変更したauスマートフォン、IS03には歩数計がプレインストールされている。

これともう一つRun&Walkと言うアプリケーションをダウンロードすれば使えるようだけど何が違うのか?

又使ってみようと思う。

2010.12.27

今更ながら、太陽の力は偉大だ、と感じるこの季節です。

住まいの中に居ても直接、陽が射す床面はかなり暖かく素足でも気持ちいい。但し樹種にもよりますが、少なくとも私が良く採用する杉は間違いなくこれは言えます。

逆に日影になっている部分は、とてもじゃあないが、いくら杉と言えどもスリッパが無ければ底冷えして寒い。

同じ住まいの中でもこれだけの違いは出るのです。

と言う事は冬の陽射しが如何に、住まいの中に射し込むようにプランニングするかと言う事はとても大事な事で、それを見誤ると不快な住まいとなる訳です。

と言えども敷地は動かせる訳ではないので、隣地の影響や周囲の環境により、家中隅々まで陽射しが差し込むように造るのは至難の技。

そこで、せめて家族が長時間使用するスペースをそのようなスペースに割り当てるかと言う事を考える必要が生じます。

太陽から受ける恩恵は、「明るさ」と「熱」に分けられます。光環境が明るい部屋をつくるのは比較的簡単なのですが、熱的に暖かい部屋をつくる事は前出の直射光を如何に採り入れる事が出来るかで決まります。但し、夏の西日は暑いだけなので、それを除外する方法も忘れてはならない要素の一つです。

2010.12.25

今年もあとわずかとなりました。ブログの更新もあと数回はあるとは思いますので、今しばらくお付き合いの程宜しくお願い致します。

さて、年末年始の冬季休業を下記のようにさせて頂きます。

年内の業務は12月29日までとさせて頂き

2010年12月30日(木)~2011年1月4日(火)までを冬季休暇にさせて頂きます。

尚、新年は2011年1月5日(水)より平常業務を再開させて頂きます。

2010.12.22

この時期になると来年のカレンダーをいただく事が多くなります。

そんな先日、オイル交換に寄ったディーラーでいただいたカレンダーは少しユニークでした。

擬人化されたasimoが人さながらの行動をとると言うものです。

例えばこれ

asimo

子供との徒競走、現在のスピードではとても人間に勝てる訳はありませんが、いつしか人と競えるスピードでの動きも可能になる事を想像させる近未来的デザインです。

他にもカメラマンになったasimo、ラジオ体操をするasimo、告白するasimoなど、と面白い仕上りとなっています。

2010.12.21

12月、3件目の建物見学をさせて頂きました。

やはり他者のされた案件を見学させて頂くと刺激を受ける点は多い。

私とは全く違ったプラン展開やディテール、面白い。

私のディテールはどちらかと言うと、きっちり感(いわゆるきっちり納まっていて欲しい)なのですが、どうも他の建築家のされたディテールはざっくり感(手づくり感)を感じる事が多い。性格もあるのかも知れませんが、逆に私のディテールはもう少し崩しても面白いのかも知れませんね。

続いて夜は今年2件目の忘年会。

WEBやパンフレットなどで御協力いただいている方々などとの楽しい一時。

さて、来年はもっと充実したサイトそして紙物を目指し、私自身の努力も必要になります。

WEBに終わりはありません、世の中は常に変化しています。

より鮮度を保つためにトライ&エラー、そしてメンテナンスの繰り返しが必要なのでしょう。

今年もあと僅か、しかし図面作成のゴールはまだまだ、

頑張るしかないようです。

2010.12.18

さてさて、模型も出来、そしてパースも出来たので、もう少し不足個所を補う意味で色々充実させてみたが、全体的には大差ないように見える。

まあ仕方ないか、家具を作って、人を作ってみただけなので、内部しか変わっていないのである。

そして、専用に箱も作って見た。ぴったり納まるので、運搬の際にガサガサとする事はなくなった。

明日のプレゼン、頑張ろう!

箱 箱

2010.12.15

前回のエントリーからおよそ1週間ぶりの更新となってしまいました。

先週末は土曜日に「薪ストーブが似合うかわいい家」の引渡しを終え、その後、住まい手は引越しに移られると言う事でしたので朝一番で書類をお渡しし、現場を後にしました。

未だ、荷物に囲まれての生活なのかも知れませんね。

今週は新規プレゼンのための模型作成、そしてパースの作成などなど

未だプレゼン前と言う事であまり多くはお見せできないのですが

ダイニング

とあるスペースです。

さて、週末プレゼンと言う事で、まだまだフルスロットルです。

2010.12.09

先日は晴れの合間を縫って「薪ストーブが似合うかわいい家」の竣工写真撮影。

本当に良い合間でした。

これも普段の行いの良さか?って自分で言ってれば世話ないのですが・・・。

そんな訳で、もう少しだけ中を披露します。

ダイニング

自前一眼カメラは四隅が暗く写り、赤味がかなり強調されてしまいますが、実際はもう少し赤味をマイナスです。

今回、ダイニングのペンダントライトは仮の物で以前私が大阪で使っていた物で、100W電球×3 とかなり明るめの器具です。

今、こんな器具探そうと思ってもないかも知れません。

正面の窓が高い位置にあるのはこの向こうに敷地よりも一段下がって道路があるために大きな掃き出し窓にした場合に、通行する人から家の中が覗かれているようで落ち着かない事、

薪ストーブの背面である事が理由です。掃き出し窓にして外に塀を建てるにしても一段上がった土地に高い塀を設けると塀の威圧感が際立つ事も、そのようにしなかった理由の一つです。

でもこのように陽は燦燦と入ってきます。

吹抜

こちらは吹き抜けのキャットウォーク。この下には薪ストーブがあり、煙突を真っ直ぐに立ち上げています。

こちらはコンデジで撮影。ナチュラルな発色です。

うたた寝ソファ

こちらはうたた寝ソファ。陽の差す午後は、本当に気持ちのいいスペースです。

そして、こちらは階段下に設けられた秘密基地。言わずもがな、お子さんのためのスペースで丁度良いこもれるスペースです。

数年後には撤去できるように、あくまでも簡素なつくりですが、大人の隠れ家ならぬ、子供の秘密基地。

羨ましい~!

2010.12.05

「薪ストーブが似合うかわいい家」の完成見学会も無事終了しました。

昨日今日と「薪ストーブ」と言う強烈なキーワードにも助けられ、多くの皆様にお越しいただきまして大変有難う御座いました。

そして何よりも、この場を快く御提供いただきました住まい手の〇〇さんには改めまして感謝申し上げます。

振り返れば、最初に、ご連絡を頂いてから、ここまで約2年の月日が経過している事に先日改めて気づきました。

土地選択のご相談に始まり、長かったような短かったような、振り返ればそんなにも年月が経っていたんですよね。

また、今回の見学会では様々な皆様とお話させて頂きまして、又私自身も参考になるお話も伺え、非常に充実した2日間でもありましたし、ちゃんと見学会をしているんだよと言う事を世間にアピールする事の大事さも分り、今後も、もっと頑張って行こうと思えた見学会であったと思います。

ここで今回、お越しいただけなかった皆様に少しだけ写真を紹介させて頂きます。

外観

青空に栄える外観はガルバリウム鋼板小波板葺きなのです。コーナーの納め方も一工夫してスッキリ見栄えする納まりとなっています。

火入れ式

そしてこちらは、住まい手も交えての薪ストーブの火入れ式の模様。

この時間帯には何故か急に会場の人口密度が高くなり、この通り右手の隠れたスペースにも人が居ますので、計10人以上。

この時間を待ってましたと駆けつけたご近所のおじさんもいらっしゃいました。

キャンプファイヤーしかり「火の前に人が集まる」と言うのは昔から変わらないのでしょうね。

当初の計画通り吹き抜けとロフトを通じ階段を巡った空気が家全体に広がる効果も、確認できました。

さて、この冬はどの程度、活躍してくれるのか期待しましょう!

1週間後は引渡し、いよいよ、住まい手にバトンタッチ。

おめでたい事なのですが、少し寂しいような、この段階になるとは、いつもそんな気持ちです。

最新情報

  • 夏休み特別企画のお知らせ

    2017.06.26 芦田成人ブログ
    先日、当サイトのお知らせにも公開させていただきましたが 来る8月24日(木)に、お隣の福知山市にある 家具とインテリアのお店 「ARIA 」さんに場所をお借りしまして...もっと読む
  • 逃亡?

    2017.06.24 芦田成人ブログ
    今日、仕事で訪れた先の駐車場で 近所の、お子さんが2人近寄ってきて 「おっちゃん、亀知らん?」って 唐突に質問されました。 聞けば飼っていた草亀が脱走したんだそうで...もっと読む
  • 本棚DIY

    2017.06.23 芦田成人ブログ
    昔、教えて貰ってほんの少しだけ、かじった程度の 墨打ちと言う作業を久しぶりにやってみた。 墨壺から糸を引っ張り出して、パンッとはじく と線が打てる、あれです。...もっと読む
  • 食欲をそそる香り

    2017.06.22 芦田成人ブログ
    食欲をそそる香りと言えば 焼肉、カレー、漬物など色々ありますね。 木にも個性があり、種類によって 香りも様々なんです。 有名なのは桧(ひのき)の香りですね。...もっと読む