芦田成人ブログ

2011年4月
« 3月   5月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー

2011.04.27

震災による自粛も悪くはありませんが、普通に活動できる人は、このGW出来るだけ出かけましょう!と言う事で

社会実験による高速無料期間も、この6月まで、と言う事は現在無料の近畿舞鶴道を有効活用するには、このゴールデンウィークがラストチャンスとなるかも知れません。

近畿の北方面にいらっしゃいませ!と言う事でご紹介する。穴場スポットです。

SL広場

SL広場

SL広場

日本三景、天の橋立まで足を伸ばされたなら、帰りは下道でゆっくり帰ってみませんか?

国道176号線を与謝野町方面に走ると電車好きにはたまらないSL広場(道の駅)があります。(因みに私は鉄ちゃんではありませんが、男は皆、機械物好きですよね)

ここには京都府与謝野町、昔懐かしい電車が展示されていて中にも入れます。

なんでも丹後ちりめんで栄えたこの地には、昔は鉄道が通っていたのだそうですが、その成り行きを知ると凄い民間パワーです。

当初、ここには国が鉄道を敷く計画まで整っていて寸前まで行っていたそうですが、あの関東大震災により、その復興に予算が必要となるからと言う事で、急遽計画が中止に

しかし、当時の地元の有志によりお金が集められ、民間の力で鉄道を敷いたそうです。山間のあの場所にそんなパワーがあったなんて

そして今あるこの展示車両がその時の名残なんだとか

しかし、意外にここを訪れる人が少ないのには少し驚きなのですが、穴場です。

そして同じ176号線を更に福知山方面に向け峠を越えると、今のこの季節限定ですが、本当に色鮮やかで綺麗な紫の壁が現れます。

長尾のシバザクラ

ここは、福知山市長尾と言う山間にある峠の道沿い。丁度路線バスの停留所もありますが、本当に退屈な峠道に突如現れるので目を惹かれること間違いありません。

シバザクラ

急に車を留めて立ち寄る方も多くいらしゃいますが、最近では定着して来たのか、駐車場も用意されています。

ここも地元の方々の力で斜面にシバザクラを植え、管理され毎年このように綺麗な彩りを添えているのです。

しかし、花の命は短きもの、このシーズンを逃してしまうと只の斜面地、もし行かれるのならゴールデンウィーク早目に行かれる事をお勧めします。

そして、ここを通過し福知山市内にはあの、福知山動物園もあります。

うりぼう(イノシシ)にまたがる、小猿のみわちゃん、で有名になったあの動物園です。

しかし、この組み合わせも、うりぼうの成長により、もう見れなくなるかもしれない(もしかしたら既にペア解消してるかも知れませんが)と言う事です。

ここで掲載した写真はいずれも今シーズンのものではありませんが、どうぞこのゴールデンウィークは北近畿にお越し下さい!

宜しければ、そのまま下道で丹波にもお寄り下さいね。

2011.04.26

震災直後、こちら のエントリーをUPしておきながら数日後に、一旦非公開とさせて頂いたのですが、実はこれには訳がありました。

最終的にはあの時点では、「不安を煽っていたかもしれない」と言う理由には変わりないのですが、

とあるサイトで、被災された方からの投稿により「これこれこのような現状で、このようなマンションに住み続けていても大丈夫でしょうか?」と言った内容でした。

文面からは何とも判断のつき辛そうな感じでしたので、応急危険度判定がまわって来るはずだから、安全が確認出来るまで状況が許すようであれば一時的にでも避難されては如何ですか?と言った内容で返答させて頂いたのですが

エントリーした時点では想像すらしていなかったのですが、まさかそのような状況でマンションで暮らそうとされている方々がいらっしゃるとは思わず(少なくとも一旦は全員、避難されているだろうと考えていました)、先ほどのエントリーってもしかしたら、このような方々に対して必要以上に不安を与える事になるのではないか?と判断しました。

エントリー自体は間違った内容では無かったのですが、実際に現地を見ないで、必要以上に危ないよ、と述べる事の無責任さ、そして我々、建築の有資格者が発する言葉の重みに、ふと気付いたのです。

しかし、今も余震が続き大変な状況には変わりないのでしょうけども、一応の判定作業は一段落しているようで、被害状況も明らかになりつつある現状を踏まえ、再び公開させて頂いた次第です。

2011.04.25

またまた、更新も滞ってしまっていますが、書きたい事は沢山ありますが、どれもこれも中途半端な状態で頭の片隅にあります。

一度、整理してまとめる事、不足している部分を補う事等しないと、まともに公表できないのですが、一つ言える事は、確実に少しずつ前に進んでいます。

ですので小出しになるかも知れませんが、続けて参りますので、又お立ち寄り下さい。

震災に関しましては只今、色々な報告が出ています。

そして住宅復興についても、行き過ぎた主張がまかり通るような売り出し方に、ごまかされないようにご注意願います。

例えば1階が駐車場になっているようなピロティー形式の建物は津波に強かった、と言った内容の物ですが、このような建物は逆にきちんと対策がとられていなければ地震の揺れには弱い建物になり易い、と言った点も持ちますので、きちんと把握の上対応される事をお勧めします。

これらは震災地から遠く離れた地に於いて、これから建築をお考えの方にも同じようにご注意頂きたいと思います。

2011.04.20

次のプランニングに向けての法令調査。

法令調査は大概の場合、市役所若しくは合同庁舎に出向いて行く事になるのでが

平成の大合併により、兎に角地方の行政は面積的に広域化されています。

そして色々な部署に振り分けられ支所が分散化されている事もあり、何か一つ調べるにしても、あっちへ移動、こっちへ移動と大変。

車に乗らない方なら、確実に1日仕事となるでしょう。

うっ、今度は市街化調整区域なのだ。

読んで字の如く、市街化するのを調整する目的で定められたエリアで、原則的な建築制限が掛けられます。

私が住んでいるような完全な田舎なら、建築基準法の制限も受けないのですが、少しだけ街から外れた市街化調整区域の場合はこの原則を外すための書類上の手続きに少々手間が掛かります。

上下水道など生活インフラは整っているので施工する上での条件は市街化区域と同じなんですけどね。

実はこのプランニング期間が体力的に一番ハードなんです。

頑張りましょう!

2011.04.19

最近話題の単位系

キロ K (10の3乗=1,000)

メガ M (10の6乗=1,000,000)

ギガ G (10の9乗=1,000,000,000)

テラ T (10の12乗=1,000,000,000,000)

ペタ P (10の15乗=1,000,000,000,000,000)

エクサ E (10の18乗)、ゼタ Z (10の21乗)、ヨタ Y (10の24乗)とゼロが3つずつ増えていきます。

逆に小さくなる方は

ミリ、マイクロ、ナノ、ピコ、フェムト、アト、ゼプト、ヨクトの順に 1/1,000 ~1/1,000,000,000,000,000,000,000,000(10の-3乗~10の-24乗)までゼロが分母に3つずつ増えて行きます。

さて、そろそろ出発しなければ、行って参ります。

2011.04.17

今日のプレゼンは比較的お気に入り頂けたようです。

予算との兼ね合いで、もう少し面積やデザインを検討する必要がありますが、大枠は決まったのではないか?と思います。

「TATAMI リビングの家」と名付けましょう。

約30坪の中に2世帯で住む収納スペース多め、TATAMI リビングが心地良い家です。

週明けは、セミナー参加、そして次の新規案件プラン作成に向けての法令調査から開始です。

おっと、「TATAMI リビングの家」の練り直し、どこに入れましょうか?

2011.04.15

新規案件プランニング間もなくUPです。プレゼン前とあってタイトルは未だ伏せておきます。

資金計画書作成にあたり、区画整理により強制的に移動させられる場合の不動産取得税はどうなるの?など調べてみると、当然不要。

そんな中、固定資産税の算出にあたり土地の評価額を知る必要があります。

便利なサイトがあります。

全国地価マップ   http://www.chikamap.jp/

かなり細かく載っています。

ちなみにウチの家近辺の路線価は 4,200円/㎡ 安ぅ~

計画地近辺は 39,200円/㎡  と9倍も違う。

ちなみに、これはあたりをつける為のデータですのでジャストその場所のデータが必要なら、市役所にある固定資産税台帳を閲覧するべしです。

2011.04.14

久々のブログ更新となりました、すいません春眠しておりました。

嘘です、サボっていただけです。(理由はあるんですけどね)

最近の春らしさは何と言っても桜ですが

吊橋

もう一つ、春らしさを感じるのが新入社員さんらしき営業さんの電話や訪問。

一生懸命しゃべっているのですが、何かたどたどしい。電話の向こうで一生懸命カンペを見ながらしゃべっているであろう姿が想像できて、頑張ってや~と言う気持ちで耳を澄ませるのでした。

しかし、ビジネスマナーもまだまだと言った感じで訪問の営業さんの場合は、約束の時間に遅れるなら、事前に電話の1本も入れる、そして遅れた事を謝ると言った事も忘れずに頑張って下さい。

後、数年もすればやがて、口上手になって立派な営業マンとして育っている事を期待しております。

2011.04.09

震災関連のエントリーが続いていましたが、プロジェクトの方も、進行しています。

シアタールームのあるライトハウス・・・訳あって住まい手了承の下、未だ見積り中。

ありがとうの家・・・見積りに出せる程度の図面はほぼ出来上がり。見積り前に住まい手への説明へ

新規プロジェクト・・・只今、計画中

某店舗リフォーム・・・秋から本格始動予定

その他、色々お伺いさせて頂いています。

こんな感じで動かせて頂いています。

2011.04.06

少し時間が過ぎてしまいましたが、先月末、産地と製材所、そしてプレカット工場の見学に宮崎、そして鹿児島(鹿児島は観光的色あいが強いのですが)へ行って参りました。

宮崎と言えば東国原知事に始まり、口蹄疫、鳥インフルエンザが収まったと思ったら新燃岳の噴火と災難続きでは、ありましたがしかし、今回の東日本大地震により、すっかりとその報道もされなくなり、どうなっているのか?とお思いの方も少なからずいらっしゃる事と思いますが

結論から申し上げますと、宮崎は元気です。訪れた都城市は人口17万の都市で、とても活気が溢れ多くの人や車が道を行きかっていました。

当然、風向きによって新燃岳の降灰はあるようですが、それでも人々は皆、自然に向き合いめげていません。

宮崎は農業や林業が主産業で日本でもトップクラスと言う事で、工場で働かれている人の数や規模もこちらの製材所などで見かけるそれよりも、うんと多く、先進機械が導入されています。

又訪れた会社では、独自に実験を繰り返した乾燥技術により割れが少ない木材を供給しているそうです。

降灰

工場内に降り積もった火山灰がこのように敷地の隅に追いやられ、この後土嚢袋に詰めて所定の場所に出しておけば市が回収してくれるそうです。

春休みと言う事もあって、チケットの加減で鹿児島空港からの離発着で、出発までの時間を生かし、桜島観光となったのでした。

錦江湾から臨む桜島

写真は錦江湾から望む桜島。桜島の南側です。

溶岩遊歩道から望む桜島

溶岩遊歩道から望む桜島。ゴーゴーとジェット機のエンジン音のようなうなりを上げる噴火口からはモクモクと白い煙が立ち込めていました。

こんな厳しい環境にもめげず先ずは松が生えています。

鹿児島市内からの桜島

鹿児島市内の展望山からの桜島。島の北側ですが、丁度この時に噴火したと言う事で、灰色の煙が吹き上げ始めました。

西郷どん

そして最後は犬、と思いきや、その背後にはあの西郷どん、こと西郷隆盛の像が桜島を眺めて立っています。

この犬は西郷隆盛の愛犬のコピーだそうです。コピーって・・・。

今回の地震で被災地となった、各県の観光地へも、このように又多くの方が訪れる日を信じて、復興を願います。

私自身、東北方面には行った事が無いと思っていたのですが、ある光景を目にして、記憶が蘇りました。

御土産物店、目の前の観光船乗り場、全部が津波で無茶苦茶になっている光景。

元の姿形はありませんでしたが、確実に訪れた事がある地です。

そして松島で乗った遊覧船に寄ってくるカモメに餌をやらないように、と流れていた船内放送が思い出されます。

かなり気が早いかも知れませんが、復興した折には、又皆で行ってあげようじゃあ、ありませんか。

最新情報

  • 建築散歩 最終章

    2017.03.26 芦田成人ブログ
    多くの建築を見て歩いた今回の旅で 最後に選んだのが、ここ「建築倉庫」 でしたが、実物を見て歩くことも候補として ありました。しかし、候補には美術館が多く...もっと読む
  • 建築散歩8

    2017.03.24 芦田成人ブログ
    今回の旅の終着点をどこにしようか? と考えた挙句、向かった先は天王州アイル駅 「建築倉庫」って何のための場所か、ご存知でしょうか?...もっと読む
  • 建築散歩7

    2017.03.23 芦田成人ブログ
    代々木競技場を後に、若者の街へ向かいます。 目的地は表参道です。 同潤会アパートがあった場所は 安藤忠雄さん設計の表参道ヒルズとなりました。...もっと読む
  • 建築散歩6

    2017.03.22 芦田成人ブログ
    吉村事務所のある目白は高級住宅街なんですね。 一区画がゆったりと確保されている感じがしました。 そんな目白を後にして、次に向かった先は 若者の街、「原宿」...もっと読む