芦田成人ブログ

2011年12月
« 11月   1月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

2011.12.28

ここは加西市某駅近辺、踏切を渡ると、何?と思える人形が数体あります。

何気に面白いなあと思って通過していたのですが、先日少し立ち止まってよーく観察してみました。

丑

一番、ぎょっとするのがこの人形、丑(うし)です。一番最初に見た時は、サイズと言い「えー、本物?」と見間違える程のリアルな雰囲気でした。

寅兎

そして寅(とら)と兎(うさぎ)

ここまで来れば、もう分りますよね~。干支が引き継がれているのです。

と言う事は次は来年の干支

辰

黄金の辰と茶色の辰、と言うよりも竜ですよね。

来年は登り竜の如く、景気も気持ちも上向きな年となる事を期待して、あともう1日年内の仕事を頑張ります。

2011.12.26

本年も残りわずかとなって参りました。本年は東日本大震災により多くの方々が被災され、又多くの人命が犠牲となりました。

改めまして、心より哀悼の意を表しますと共に、明るい未来を期待し、来年はその一歩の年となる事を願います。

私共の年末年始の業務は12月30日(金)~1月5日(木)までを正月休みとさせて頂き、1月6日(金)から平常業務とさせて頂きます。

尚、緊急の場合は電話対応させて頂きますので、どうぞ御連絡下さいますようにお願い致します。

尚、その間ブログの更新はしているかも知れませんので、たまには覗いてやって下さいね。

2011.12.26

年の終わりに、新たなリフォームがスタートします。

今日は設計契約の日でした。

「多世代で仲良く暮らす家」と勝手に命名させて頂きます。初めての地での仕事ですが、やり応えがありそうです。

大家族が上手く住み分けながら、程よい関係と距離を築けるようなリフォームとなる事を願って設計スタートです。

とは言え、現況調査とプレゼンは既に終えていますので、今後はより、細かな部分の打合せへと進めて行く事となります。

天井裏

写真は幾つかある棟の内、比較的新しい築年代の天井裏です。材料の新しさを見ても、そんなに築年数を感じませんが、仕口の金物補強方法などを見ると、ここ数年の仕事では無い様に思います。

2011.12.20

少し日が経ちましたが、12月17日(土)、18日(日)に行われました。「ありがとうの家」の完成見学会にお越しいただきました皆様ありがとうございました。そして何よりも、快く会場をご提供いただきました住まい手Mさんに、感謝致します。

土地の購入から1年足らず、途中震災の影響で資材、建材の調達などが難しくなった事を考えても、非常に順調に進んだ住まいづくりではないでしょうか。

本当に、おめでとうございます。

「暖かな住まいを」から始まった、今回の住まいづくりでしたが、その事を第一に考えて設計に取り組んだ結果、本当に暖かな住まいが実現しました。

2日間とも朝一番に到着し室内に入ると、その温かさに顔がほころんでしまいました。

記録していた計測結果では、17日朝9時30分頃から18日16時30分頃までを通し、室温12度を下回った時間帯はありませんでした。(天候に恵まれた事もあるでしょうけども)

2日間の外気温が気象庁アメダスデータ(神戸市)によると最低1.7℃、六甲山の裏手と言う事を鑑みるともう少し低い最低気温だったでしょうから、今回の設計の狙いが体感的にも数値の上でも確保できたと言えそうです。

真冬の晴れている日なら、暖房器具1台稼動させておくだけで家の中、全てを初秋頃の服装でウロウロ出来るような感覚と御考え頂くと良いと思います。

おまけに12時~15時頃までなら前記のような環境なら少し暑いと感じるかも知れませんね。(記録していたデータでは27℃位まで室温が上昇していますが、セッテイングしていた計器は比較的住まいの北寄りにあったのですが、その計器に直接日が当たっていた時間帯と考えられます)

室内

そして、今日はいよいよ、引渡しの日。

快晴の今日も当然暖かな室内。

この掘りテーブルにて引渡し書類の説明が行われ、鍵が住まい手へとバトンタッチされました。

新年をこの住まいでお迎え頂けるのかな?

2011.12.17

雪に降られるのかな?とやや心配気味にスタート。南下するに従い青空が顔を見せ心配もどこへやら

午前中の出足はイマイチでしたが

午後からは怒涛の来場者ラッシュであっと言う間に日暮れを迎えたのでした。

殆どの皆さんが、「あったかい」を口にされました。

最後には、ご近所で最近家を建てられたと言う方がお見えになり、同じく「あったかいですね~、敷地の条件はウチと一緒やのにあったかさが全然違うわ」と関心しきりで会場を後にされたのでした。

そう、吹抜けを通じた陽射しが住まいの奥にまで届くために直射光が射すと、本当に温かく、暖房器具を稼動させていると暑いくらいの時間帯もありました。

次世代省エネ基準も伊達ではありませんね。

次世代省エネ、等と申しますと大層に聞こえますが、少しだけ断熱に力を注いであげる事で、楽にクリア出来ますし、思っているほどコストアップにはなりません。

さて、温熱測定器をセットして参りましたので、今晩でどのように推移するか?楽しみです。

気合を入れてもう一日頑張ります!

午前中の陽射し

2011.12.13

先週末に上棟した「TATAMIリビングの家」、冬の寒さから守るために、まずは外周りを固めようと、屋根仕舞いの工事が始まっています。

そして本日は電気工事の打合せ。

天井のある家では、電気工事の打合せは、まだまだ先の事なのですが、何せ構造体を見せる家ですので、その順番は早目に繰り上がる事となります。

そして屋根は外側で断熱を施す事もあり、雨とのタイミングとも戦わなければなりません。

屋根面

今回の垂木は、少しスパンが飛んでいる事もあり、180㎜成です。

こうなると、その陰影が意匠的にも冴えてきますね。

垂木陰影

そして屋外では垂木の鼻先の影が伸びてまるで櫛のように規則正しくブルーシートに映し出されています。

今回は残念ながら、この鼻先は全て天井裏に隠れてしまいます。

であるなら、このような鼻先の加工が必要ないのでは?

いやいや、それが大いに関係あるのです。

答えは仕上がりを待つべし!と言う事で、今日はこの辺で。

2011.12.12

本日「ありがとうの家」は完了検査の日でした。

現場では洗い作業の真っ最中。

洗い作業とは、工事中色んな職人さんが現場を出入りしますので、仕上げ材料を傷めないように養生をします。

そしてその養生シートを剥がして、室内に溜まった砂利や切りくずなど、そういった物を掃除機で吸い取ったり掃き出したり、或いは汚れを拭き取ったりと綺麗にする作業の事を言います。

そんな作業に気を遣いながら、足の裏にひっついたゴミで床を傷めないように、しきりにスリッパの裏のゴミを払います。

検査は僅か10分ほどの時間で終わりましたが、当然合格。

と言う事で検査済証もその場で手渡し発行。

秘密の小部屋

写真は秘密の小部屋?(ばらしたら秘密にならへんがな)

未だ畳が入っていませんが、足元を掘っています。

とある作業をここで、このように出来ますよ。とご提案した所、大変お気に入り頂けたようで、是非実現を!と言う事で設けた部屋です。

詳しくは 見学会 にてご確認下さい。

見学会の詳細は こちら からご確認下さい。

2011.12.10

寒波到来の中、「TATAMIリビングの家」が無事、上棟しました。天気予報では強烈な寒波と言う事で防寒対策ばっちりで、着膨れする程に着込んで行ったのですが、拍子抜けするほど直射光が当たる場所では温かい日中でしたが、思わぬ通り雨が駆け抜けた後は、急に冷え込み防寒対策が功を奏しました。

何と、この通り雨、雨雲レーダーでは近畿では丁度この地域のみにしかない雲で、まるで嫌がらせか?と言った物

数分後には雲も晴れ、無事式も執り行われました。

そして帰路に就く頃には

夕陽

ご覧のように美しい夕陽が

大小2つの片流れ屋根が特徴の「TATAMIリビングの家」来春、完成の予定です。

2011.12.09

型板

突然ですが、これ何だか分ります?

階段?

にしては踏み面も何も無いので上れません。

階段と言うのは惜しいのですが階段製作のために作った型板なのです。

ここに踏み面とケコミ板を乗せていって、それぞれを少量のボンドで引っ付ける。

ボンドを沢山付け過ぎると、型板に階段が引っ付いてしまいます。

ここまで作り込むと単なる趣味の工作になるので、本来ならここまではしないのですが、何故か難しい事をやってみたくなって作った型板です。

で完成品は

階段

こんな感じです。精度が良くないので見栄えが良くありませんが、親桁や側桁も何も無い、このような階段、実際にあるんですよ。

片方の壁の中でがっちり留め付けて箱型にする事で強度を保つのです。

中には階段の後ろに薄い鉄板を這わせてあるような構造の物もあるようです。

たかが、階段、されど、階段、面白いです。

2011.12.08

以前、「ASHIDAプロジェクト」と題した案件をここでも少しだけ触れたのですが

一体それ何?とお思いの方がいらっしゃるかも知れないので、もう一度説明しておきます。

スーパー子役を養成しよう、と言う事ではありませんよ。

既存建物を利用して地域交流の拠点施設を築こうと言うもので、暫く水面下に居たのですが、ようやく所有権が地元の自治会に移行されたという事で年明け頃から動きそうです。2月には設計を完了させなければいけないそうです。

簡単に言えば、ちょっとしたリフォームですが、地元の自治会にお声を掛けていただいた事に感謝し、取り組みたいと思います。

そんなこんなで、今日は関係者の皆様に集まって頂き、あーしたい、こー出来ないか? 等のリクエストを聞く話と、ほんまにこれ要りますか?と言ったプロの視点からのアドバイスなどの機会を得ました。

さて、年末年始色々、頑張ります!

最新情報

  • 建築散歩8

    2017.03.24 芦田成人ブログ
    今回の旅の終着点をどこにしようか? と考えた挙句、向かった先は天王州アイル駅 「建築倉庫」って何のための場所か、ご存知でしょうか?...もっと読む
  • 建築散歩7

    2017.03.23 芦田成人ブログ
    代々木競技場を後に、若者の街へ向かいます。 目的地は表参道です。 同潤会アパートがあった場所は 安藤忠雄さん設計の表参道ヒルズとなりました。...もっと読む
  • 建築散歩6

    2017.03.22 芦田成人ブログ
    吉村事務所のある目白は高級住宅街なんですね。 一区画がゆったりと確保されている感じがしました。 そんな目白を後にして、次に向かった先は 若者の街、「原宿」...もっと読む
  • 建築散歩5

    2017.03.21 芦田成人ブログ
    今回、どうしても見たかった建築の2つ目を後にして 次に向かったのは地下鉄護国寺駅です。 駅に向かって歩いていると、カテドラル大聖堂は...もっと読む