芦田成人ブログ

2012年3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

2012.03.31

来る5月1日より、丹波市内全域が都市計画区域となるようです。

と言う事は、市内どこで住まいを建てるにしても、建築確認申請書と呼ばれる書類の審査を受け、交付されてから工事着手と言う段取りになります。

これまでは一部地域が前述の手続きが必要でした。

そうなることで、何が一番影響を受けるのかと言いますと、建築基準法による規制を受ける範囲が広がったと言う事に尽きます。

やりたい放題とまでは言いませんが、ある程度の縛りを受けることで規律が正されると言う良い面がある反面

金物の使用を極力減らした伝統工法による建築には、複雑な書類手続きが必要になりますし、その担い手が益々減る方向に向かうのではないでしょうか?

法的規制を掛けなければならない程、人口増、そして今後も建築ラッシュに向かうとは思えませんし、郡部は郡部として法律の触手を伸ばさずに置いておいてもよかったのではないか?と思うのですが今、施行されると言う事は、以前から決まっていた事ですよね。

 

2012.03.30

今週もあっという間に週末を迎えました。

でも、予定は未だ2日残っております。

 2つの現場も着々と進行しています。

瓦

シアタールームのあるライトハウスは先週大屋根の瓦工事がほぼ終え、下屋の瓦も葺かれています。

棟などに瓦が載って重厚な感じを受ける和瓦とは違い、写真のようなシンプルな平板瓦です。

通常、平板瓦は納まりの関係でケラバや棟の部分のディテールがイマイチな物が多いのですが、これは使えます。

植栽工事

そしてこちらは「TATAMIリビングの家」植栽配置の打合せ。丁度良い所に、排水管が通っていて、微調整しながらポジションが決定しました。

母の部屋

こちらは、母の部屋に設けた、ワークスペース。

主に、ミシン掛けのために利用されるのだそうですが、日当たりも良く少し低めに配置した窓は、座ると丁度の目線の高さになります。

窓の外は、畑になるのだそうです。

こちらの工程は大詰めとなっています。

2012.03.26

先ほど、公式サイトにも記事をUPしました。詳しくは こちら からご覧下さい。

ですので、ここではダイジェストのみとします。

天候も心配でしたが、寒いながらも室内の会場をを確保していた事が功を奏し、皆様に楽しんで頂けた1日に出来たのではないか?と思っています。

裏方

スタッフも裏方に徹しながら決して口出しはしませんでしたが、パイプを切るなどの注文を受けての加工をお手伝い。

長さを半分とか1/3とかは易しかったのですが写真のように円形を1/2円にカットとか45度にカットするのは苦笑しながら楽しんでやっていました。

完成品と参加者のご家族を記念撮影しようと各グループを回っていたのですが、どうしてもカメラを向けると逃亡していくお子様達が居て1グループは作品だけの撮影となりましたが、魂を抜かれるとか?そんな大昔の迷信をこんな年代のお子さんが思っているとは思いませんが、照れていたのでしょうね。

でもね、あなた達のヒソヒソ話の様子写ってますよ。(^^

完成

最後には、ほぼ皆さんがご覧のように完成しました。

そして、これらを持って帰られる方も多数いらっしゃいました。

又、家で楽しんで下さいね。

小さな子供部屋が居間の一角に出来上がりですかね?

又、次年度も場所を篠山に変えて開催予定ですので、告知をお見逃し無く!

 

2012.03.24

本日、小雨のスタートでしたが次第に晴れ間も広がり少し暖かくも感じた1日でした。

午前中、「TATAMIリビングの家」の現場確認へ

本日は、工事お休み。無人の現場は静まり返っていました。

工期に余裕もあるのでこんな時間も流れます。

 内観

クロスを貼り終えた内部の様子です。

そして、午後からは「薪ストーブが似合うかわいい家」の1年少し過ぎましたが点検。

内部建具の動作が、し難くなっていた場所があった程度でしたが、その場で対応して頂き、スムーズに動きました。

そして、「多世代で仲良く暮らす家」の住まい手をご案内させて頂きました。

偶然にも両家族のお子さん、女の子同志が同い年と言う事で、始めは照れていたのですが、直ぐに仲良しになって手を繋いで遊んでいましたね。

流石、お子さんは順応能力が高いです。

仲良く遊ぶお子さん達

さて、来週末は「多世代で仲良く暮らす家」のプレゼン、仕切り直しです。

来週も濃厚な1週間となりそうです。

と、その前に明日は建築士会柏原支部のイベント「紙パイプでおうちをつくろう」のイベント。

13時より兵庫県立丹波年輪の里 研修室A にて 行います。

 

2012.03.23

先ほどの揺れ震度2と言う事で、短時間に強く揺れましたよ。

私の住む所は、直ぐ裏が山なのですが、地震がある時には、大きな山鳴り(地鳴り)がし、その数秒後に揺れますので、身構えようと思えば構えられます。

しかし、たまに峠を爆走して下ってくる大きなトラックの騒音がこだまして、山鳴りに聞こえる事もあり、山鳴りなのかトラックの騒音なのかを考えている内に揺れ出すと言った毎回のパターンなのですが、机の下に潜り込むくらいの習慣づけをしておかないと、いざと言う時に助かりませんね、反省。

さて明日は1年過ぎ点検、そして只今計画中の住まいのお客様の為に見学させて頂きます。

趣は違うと思うのですが、私が手掛けさせて頂いた住まいは、こんな感じですよ。と言うのを感じ取って頂く事が大きな目的です。

そして4月には見学会もあります。

只、見て感動する事に留まらず、何故このような住まいになっているのかを質問してみると言うのも見学のポイントとなります。

見学会への回数をこなす事が住まいづくりの成功では無く、如何に目的やテーマを探りながら見て回れるかだと思います。

 

2012.03.22

本日は大阪にて打合せ。

ついでに、ふと思い出した過去の財産。

既に残り僅かだったはずだが、まあそれでもと思い、今は無き銀行の通帳を持ち、訪問した先はビジネスマンだらけの高層ビル。

スーツ姿の中にラフなスタイルを載せたエレベーターは24階へ

既に最後の取引から10年経つか経たないか

で結局、少し調べてからの連絡と言う事で結論は又後日。

政府に取り上げられて訳の分らない使われ方をするのなら、直接、震災被災者のために貢献する方がよっぽどましと思い

休眠口座の目を覚ましに行ったのでした。(休眠口座没収の話、その後どうなったのかな?)

貢献と言えるほども残っているとは思いませんが、それでも自分のお金は自分で使い道を決めたいですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 写真は、今日の物ではありませんが伊勢丹側からの見下ろしだったと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、こちらは天空の広場への途中から

いずれも携帯撮影のために画像悪いです。

2012.03.19

明日の祝日を前に、今日は「シアタルームのあるライトハウス」の繰り上げ定例日。

北近畿、福知山の天候も、晴れ間が覗くようになりました。

そして、ようやく今日から屋根瓦の工事が始まりました。

通常なら上棟を迎えれば、その後引き続き屋根瓦葺きの工事が行われるのですが、前述の天候の影響に加え、今回初採用した樋形状の納まりの為に、そちらが先に完成しなければ瓦が葺けないと言う条件も加わり、実に上棟から2ヶ月が経過した、今日の瓦葺き工事開始となったのでした。

 瓦葺き

建物が大きいのと、後ろに引けないのでズームを効かせても写真は、これで精一杯です。

軒樋

ようやく軒先下地が完成しています。

さて、今週から少しの間、長時間労働を強いられる事となりそうです。

後ろが決まっている案件もあり、遅れられないと言う事情もあります。

体力勝負と行きたいところですが、日ごろの運動不足は否めませんので、朝早く始めると言うのも手かもしれませんね!

実際、真冬に比べ30~40分始業は早まっています。

 

2012.03.16

久々に、「住まい手の声」を更新しました。

薪ストーブが似合うかわいい家」の住まい手の声です。

お住まいの完成時に植えた駐車スペースのクローバーの緑が黒い外壁に映え、良い感じにノスタルジーを感じさせてくれます。(記事中の写真は取材時での外構です)

今後も進化する外構が期待されます!

2012.03.12

雪が舞い散る中、今日は「TATAMIリビングの家」の外構打ち合わせ。

舞い散るのは丹波とその周辺だけでしたが・・・。

工期にも余裕のあるこの現場、内部ではクロス下地のパテ処理と木部への塗装工事が行われています。

 トイレ内装

そして、こちらは2階のトイレ。腰壁には板を張っています。このトイレ内装は住まい手の趣味を思いっきり反映させて欲しいと言うことで、板張り部分も自ら塗装を施されました。木目を生かした塗装で、「計4回塗りました~!」とは奥様談。

中々、綺麗に塗れていました!

バルコニーデッキ

外構打ち合わせと言いながら、外構は打ち合わせのみで、今日の所は進展なしですので、バルコニーでも。

写真はデッキ部分ですが。未だテスリもついてないので銭湯の脱衣場、あるいは学校の靴脱ぎ場のようにも見えますね。

そして、こちらのお住まいの完成見学会が来月、4月14日(土)、15日(日)に決定しました。

詳細につきましては、又後日、お知らせしますが、見学ご希望の方はお申込下さいね。

2012.03.11

本日、御契約。

(仮称)YKITハウス、丹波市のお隣、西脇市内の市街化調整区域での建築ですので書類の流れが通常よりもやや複雑になりますが、そう大した事もなさそうです。

YKITの意味ですが、今の所は伏せておきます。

あくまでも仮称ですので又変わるかも知れませんし。

小さな、お住まいですが1階だけで生活が、ほぼ完結し、2階は補助的にスペースが存在します。

でも2階はスペースの取り合いになる事は間違いありませんよ、誰が主導権を持たれるのかな(^^

年内完成に向けて設計開始です。

 

最新情報

  • 遣り方

    2017.11.03 芦田成人ブログ
    ようやく動き出した「街並みの家」 先日は「遣り方」(やりかた)作業でした。 建築には時々、分かり難い専門用語が 出て来ますが、この「遣り方」も、その一つと...もっと読む
  • 視察

    2017.10.27 芦田成人ブログ
    ちょっと視察に久美浜へ 前回、安藤建築のあった和久傳の森から程近くでした。 神戸に本店のあるBshopが経営するホテルです。...もっと読む
  • 寄生

    2017.10.24 芦田成人ブログ
    もう、こうなるとどっちがどっちか 分かりません。 金網の手前のは桜の木だと思うのですが 金網の向こうから伸びてきた植物に 寄生されたように見えます。...もっと読む
  • 災害に備える

    2017.10.23 芦田成人ブログ
    昨夜の台風、皆様の地域では被害は無かったでしょうか? 台風が過ぎて4~5時間程は経っていてもよさそうな頃まで...もっと読む