芦田成人ブログ

2013年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

カテゴリー

2013.02.26

先週のすったもんだの末、先日ようやく2案件の建築確認申請書類が交付されました。

これで法的にも、晴れて着工可能となりました。

建築確認申請書

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真は、その書類ですが個人情報に該当しそうな部分を消してしまうと、殆ど白紙の雛形と同じになっています。

検査機関のハンコ部分もついでに消していますので本当に白紙ですが、交付されたには違いないので、現場スタートです!

2013.02.22

前回の直訴の結果、早速返事が返って来ました。

担当者レベルや支店レベルでは話にもならないと思い、本社に掛け合いさせて頂きました。

一応、全面的に否を認められているようですので、期待はしてみますが、既に1週間も無駄に過ぎた事になります。

稀なケースかもしれませんが、もしローンの返済が既に始まっている場合、今回のような個人的感情での対応で書類を引き伸ばしされると、その分、返済期間も延び、延びた分の金利も洒落にならないので我々も迅速に対応して頂く事を求めるのみです。

本当のお客様が誰なのか?

それを考えた対応が必要なはずだと、実感しました。

2013.02.22

建築確認申請手続きにて4度目の訂正のFAXが流れてきました。

その都度、全項目対応しているのですが、又新たな項目です。

これが完璧な申請だと言う答えはないので、重箱の隅をつつくのは簡単なのですが

1度の審査に魂を込めていない証でもあります。

20数年この業界に居ますが、ここまでの事は無かったので少々呆れ果てます。

我々は代理者として手続きを行っているだけで真の利用者は建築主です。

その向こうにある本当のお客様の顔を想像し、効率的な審査をする事を審査機関に直訴させて頂きました。

 

2013.02.19

「桜・天空の家」本日、現場説明と図面渡しを終えて見積へと進みました。

年末に考えていた予定からは半月ほど遅れていますが、設計スタート当初の予定からは、結構ずれていますね。もっとも、スケジュールは余裕をみていたので、それも想定の範囲と言う事で

寒い1日でしたが、それでも大した雪も降らずでした。

建物の東側には神社参道に沿って植えられた桜の木が沢山あり、あともう少し経つと、目の前は一面桜色になるそうです。

東面

一方、北側は少し高台になった敷地の2階からの見下ろしと言う事で、視界が開け街中が見渡せます。

北側

寒い北近畿の冬も、もう一息で季節が移ろいます。暖かくなり始める頃には着工かな?

 

2013.02.14

住まいづくりには工事に必要なお金以外に、諸経費と一まとめにして言われるお金が必要になります。

でも、諸経費って一体、何にどれくらい必要なんでしょうか?

一般的には工事費の他に10~15%程度は余分に必要と言われる事もありますが、本当なのかなあ?

このあたりは、中身を良く知って細かくアジャストしておけば、後で慌てる事はなくなります。

しかし、これ全ての住まいに当てはまる公式が無いので難しいのですが、大きく分けると、不動産取得税や固定資産税などの税に関わる部分、銀行でローンを組むならその経費などに関わる部分、そして祭事などの建築工事に付随する部分です。

細かく見ると、地盤や敷地周りの事など、読み難い部分があるので、都度見積が必要になりますが

私共では、お会いして、いきなり図面を描きましょうとは言いません。

上記お金の事も含め、与条件の整理が、まず必要ですので、少し頭の整理をして頂く事をお願いしています。具体的な方法は、ここではお伝えしません。

又設計が始まってからも、お客様の要望だからと全てを引き受けると言う訳ではありません。そのご要望が将来に渡って、本当にお客様のためになるのかどうかを考えて、止めておいた方がいいと思った事はズバッと申し上げる時もあります。

現にOBのお客様には、私のアドバイス通りにしておいて本当に良かった、と仰って下さっている方もいらっしゃいます。

話が少し反れましたが、次回の「住まいのつくり方会議」では前述のような住まいづくりの第一歩をどのように踏み出して行けばいいのか?と言ったお話をさせて頂きます。

資料請求はしてみたけども、その次はどうすればいいの?

資料コレクターでは意味がありません、まずは一歩を踏み出したいと言う方からのお申込をお待ちしています。

詳しくは こちら からどうぞ。 → 第2回住まいのつくり方会議

2013.02.12

くじら内部

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

図書館壁

先週末、「桜・天空の家」の打合せを終え、その足で向かった先は「くじら」

くじら」とは愛称で、実態は市民プールです。

大きく波打った屋根の形が、くじらのように見えるから、と言う事でしょう。

こちらの建物は大型の公共建築では珍しくもなくなりましたが、併設する図書館共に木造で、その内部も木の雰囲気を生かした設計でした。

その図書館も屋根面緑化されているなど、さも最近の建物なのかなあ?と思い聞いてみると平成17年に完成した施設のようで、完成後8年を経ている事になります。

くじらの中に入ってみると受付前を通り、写真のスペース、1階はそのままプールへ、階段を上がるとプールを見下ろす事が出来る観覧席に、

写真は、その階段からのもので、大きなボリュームの壁面には木の小口断面を見せるように薄くスライスされた角材が貼り詰められています。ボリュームの成せる技かなあ?と思います。

そして図書館の壁面にはやっている事は同じですが、かなり小さな断面の木材が貼り詰められていました。

上段の縦格子、平板貼り、小口を見せる貼り方、すべて木なのですがバリエーションを変える事で野暮ったくならないような工夫が凝らされています。

さてと、「桜・天空の家」は、次のステップ見積へと移ります。

 

 

2013.02.04

節分も終えて、春の気配も間近まで迫ってきつつあります。

春と言えば、気になるのが花粉症。

中国からの大気汚染物質の飛来と共に気になる今年の花粉飛散量は昨年よりも多め、らしいです。

発症している人もそうでない人も違いは紙一重。

昨年までは平気だったのに、ある年から急に発症する方もいらっしゃるようです。

現代人の食生活から考えると、これは当然の事で、発症に関係する物質を、これまでにどれだけ体内に蓄積しているか、蓄積しきれなくなった方が花粉症デビューと言う事のようで、一旦発症すると完治は難しいので、予防しか道は無いそうです。

早めの対応が必要なのは言うまでもありませんが、現代の住まいは建築基準法により24時間換気が義務付けられています。

換気とは汚れた空気を排出し、新鮮な空気を取り入れる事ですので意識せずとも外の空気は家の中に入ってきています。

ですので、いくら外でマスクを着用するなどして気をつけているつもりでも、家の中にも花粉は存在しています。

又、布団や洗濯物はよく花粉を払い落としてから室内に取り込む事が必要ですし、室内は掃除機をこまめに、かける等して花粉を室内から排除する工夫が必要です。

又24時間換気の給気口にはホームセンターなどでも販売しているフィルターを取り付けるなどして頂くといいと思います。

かく言う私も、ずっと昔から花粉症。

インフルエンザ予防も併せて、まだこれから暫くはマスクを手放せない日々が続きそうです。

昨年、大量に購入したはずのマスク、どこへ行ってしまったのでしょう?

2013.02.02

先日は、「ありがとうの家」の1年点検。

ありがとうの家

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こちらの住まい、本当は寒い日にこそ、その効果を実感できる程パッシブデザインが生きている住まいなのですが、残念と言うべきか幸いと言うべきか、先日は暖かな1日でした。

こちらは非常に多くの方が出入りされている住まいですが、綺麗に住まわれている様子が伺えました。

定期点検で主に確認すべき箇所は、住まい手さんが気になっている場所は勿論ですが、主に建具の開閉具合やクロスの散り際の確認となります。

クロス散り際入り隅

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当方ではクロス仕上げの場合、オガファーザーと言う紙クロスを標準仕様としていますが、材自体の乾燥収縮によってこのような状態になります。

数箇所のクロスの散り際、入り隅に隙間が空いていましたが、この程度の場合、補修は容易です。

住まい手さんとのお話によると、後で載せた太陽光発電システムにより光熱費に関してはゼロエネどころか、もっと良い状況だそうですが、今後は電力需給の様態によっても左右されるかもしれません。

でも、早目に元金回収して、どんと来いと構えておけば怖いもの無しですね。

これも立地条件に恵まれている事が大きいと思います。

 

最新情報

  • 遣り方

    2017.11.03 芦田成人ブログ
    ようやく動き出した「街並みの家」 先日は「遣り方」(やりかた)作業でした。 建築には時々、分かり難い専門用語が 出て来ますが、この「遣り方」も、その一つと...もっと読む
  • 視察

    2017.10.27 芦田成人ブログ
    ちょっと視察に久美浜へ 前回、安藤建築のあった和久傳の森から程近くでした。 神戸に本店のあるBshopが経営するホテルです。...もっと読む
  • 寄生

    2017.10.24 芦田成人ブログ
    もう、こうなるとどっちがどっちか 分かりません。 金網の手前のは桜の木だと思うのですが 金網の向こうから伸びてきた植物に 寄生されたように見えます。...もっと読む
  • 災害に備える

    2017.10.23 芦田成人ブログ
    昨夜の台風、皆様の地域では被害は無かったでしょうか? 台風が過ぎて4~5時間程は経っていてもよさそうな頃まで...もっと読む