芦田成人ブログ

2014年1月
« 12月   2月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

2014.01.30

「哲学の家」定例日

窓にはこだわりを持ちたいとのご意向に沿い、こちらの住まいは全て樹脂サッシを採用しています。

YKK APW-330 窓の外側と内側では見た目が変わり、内側は白か木目の選択肢

関東以西では遮熱Low-Eガラスが標準仕様との事

遮熱ガラス

しかし、熱が欲しい冬季にも熱を遮ってしまうのは論外、と言う事で南面は全面、一般Low-Eガラスとしました

Low-Eガラス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このように、何に拘りたいのかと言うお話が大事であり、高いから止めとこうと考えるのではなく、予算の中で拘りたい部分、そうでもない部分と言った項目を検討する必要があります。こちらがガラスに貼られた性能表、これでもかと誇らしげな数字が沢山、踊っています。

ラベル

断熱施工も施されていたので、隅部や上下の施工をもう少し丁寧にして貰えるように伝えました。

理解できていなさそうな方には断熱施工の基本はダウンジャケットですよ、とお伝えしています。

身体にぴったり引っ付いていれば寒くないけども、ダウンジャケットを引っ張り身体との間に隙間が出来ると寒いでしょ、そうならないように出来るだけ隙間を少なく、決して奥に押し込まない、部屋内に寄るように、が基本ですと言う感じです。

断熱施工

 

2014.01.29

昨年末に完成した「須磨区のマンションリノベーション」

お客様のブログによりますと、なかなかの好成績で快適環境をつくりだしているようです。

最小限の暖房機器で過ごせる冬、羨ましい~!

詳しくは、住まい手さんの ブログ をご覧ください。

 

2014.01.28

本日より始まりました解体工事は我が村の八幡さん、厄除のお社。

もう一つ大きなお社もあり既に神様には、そちらにお移り頂いております。

そして、今回の工事を請け負って貰っているのが、元生徒のT大工。

非常勤で勤めていた頃から、いつかは生徒の誰かと一緒に仕事がしたいと願っていた夢が一つ叶いました。

独り立ちしたんですと、ふと立ち寄ってくれた事がきっかけでしたが、まずは腕試しにお願いしました。

彼も、こだわりを持って仕事をしていますが、大工の腕以外にも磨きを掛けて頂き、もっと良い仕事をしていただきたいものです。

解体

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝8時30分頃から始まった解体工事も夕方には予定通り更地に

地鎮祭を待つ現場となりました。

更地

2014.01.24

習作

 

 

 

 

 

 

 

年初めの肩慣らし&CADソフトの技術向上にと描いた習作

原点を忘れないように、木組みの美しさを生かした住まいを習わせて頂きました。

あくまでも習作であり、実施用ではありません。

自社案件を習作しても良いのですが、たまには違った住まいを描いてみないと自己満足に終わってしまいます。

今後も、原点である木組みの美しさを生かした住まいを設計して参ります。

 

 

 

2014.01.22

先週、上棟式を終えた「哲学の家」

今週は、中間検査の日でした。

中間検査では主に構造金物や耐力壁などの検査を受けるのですが、今回は1箇所、お土産を置いて帰られました。

直ぐに対応可能な内容でしたが、さて現場には未だサッシが届いていません。

と言うのも今回は窓の性能に気を配るために全て樹脂サッシ。

アルミサッシと違い、性能が重視されるために工場から全てセットされて搬入されるとの事で少し時間が掛かっています。

建物は、以前のブルーシートで包まれた状態から、透湿シートですっぽり包まれた状態となり、サッシの到着を待っています。

 外観

それにしても、ここの現場、足元が土なので、この時期常に泥の状態。

長靴いるなあ。

2014.01.20

1月18日、毎年この日は我地域の厄除祭と決まっております。

と言う事は、阪神淡路大震災の翌日にも行われていたのか?

当時、ここに住んでいなかったので今となっては分りませんが、その前日は震災から19年目と言う事で、忘れられないあの日の記憶は、この時期が来ると鮮明に蘇ります。

さて、話を厄除祭に戻しまして

厄除祭

こちらのお社、実は今月末より建て直しの工事が始まります。

かなり年代の古いと言う事だけは分っていて、ご先祖様がこのお宮さんの立上げに関わったと言う事らしいのですが、巡り巡って私にもその建て替えに当り、お役に立てそうなお仕事が巡ってきました。(お仕事と言いましてもボランティアですよ)

しっかりと監理させて頂きます。

これには未だ続きもあるのですが、それは又追ってと言う事でひとまず頑張ります!

参道

2014.01.16

住まいづくりを考える過程で、住宅ローンの事も視野に入れて検討します。

固定金利でなら、フラット35と言う選択肢も有利です。

その中には、フラット35S と呼ぶ商品があります。

正確ではありませんが凄く簡単に一言で説明しますと、よりエコ度の高い住まい向けのローン とでも言えましょう。

特に都市部での住まいづくりでは、土地の制約も大きく床面積を確保し難い場合に使えるのが、この低炭素住宅と言う選択肢。

これで、フラット35S の金利Aプラン (当初10年間、年0.3%金利引下げ) が適応します。

仕様の縛りや書類手続きが少しだけ増えますが、幸い当方の仕様では大幅なコストUPにならず、長期優良住宅よりも低いハードルでクリア出来そうと言う事で、それらも含めて計画検討中であります。(但し、このような新しい制度は場合によっては手間がかかるだけでコストが大幅に上がるから、やめときと言う建築関係者もいらっしゃいますので、慣れた方や意欲のある方に相談しないと駄目です。)

耳慣れない制度が、次々に登場する住まいづくりの世界ですが、お得な制度を上手に活用していきたいですね。 

2014.01.15

友引の今日、「哲学の家」の上棟式でした。

年末に棟上げを終えていたのですが都合により式だけが今日となりました。

しかし、天候を考えると今日で良かったと言えます。

寒さで凍える事も無く皆が良かったと言える今日の日でした。

 上棟式

これから工事は中盤に差し掛かります、寒さはもう少しの間だけ我慢すれば次第に春が近付きます。

その頃には、無事完成を迎える事が出来るでしょう。

1階

次週は中間検査、さてさて断熱施工のチェックもしっかりとしなければいけません。

2014.01.12

さて、新年最初のエントリーで、草野仁さんの「話す力」を手にした経緯などを軽く紹介させて頂いた訳ですが、「話す」だけが「伝える」と言う行為ではありませんよね。

人の話を「聞く」事も重要

我々の仕事は、建築家の考えを一方的に押し付けて成り立っている訳ではありません。

住まい手の考えを聞きつつより良き道を探る、住まい手が何を思い、何を考え、何に困っているのか、まず耳を傾けて「聞く」=ヒアリング と言う行為があって次に、プレゼンテーション と言う段取りで進みます。

ですので、まずこちらの本を先に読むべきだったのかも知れませんね・・・。

 聞く力

阿川佐和子さんの「聞く力」

昨年のベストセラー本の1冊と言う事で既に読まれた方も多いと思います。

失礼な言い方をすれば、何故この本がベストセラーなのか?とは思ったのですが

悪い意味では無くて男性に無い、力みの無い表現は断言的表現も少なく飾り気の無い言葉で時折話が脱線し、ひょうひょうと書かれて凄く読み易かったです。

テレビで拝見する親しみ易そうな阿川さんのキャラクターが直ぐ紙面の向こうにいるようなそんな感覚が新鮮でした。

そんな点が読者の共感を得ているのかなあ?と思えた1冊でした。

さて、今年の読書ペースが凄く速いのですが、元々本好き少年だったある時、とても難し過ぎる漢文の本に背伸びをして挑戦して撃沈。

以来、急に遅読人間に成り下がってしまいました。

しかし、空白の30数年を過し又回復基調、読める時に読む事を忘れずに続けたい今年です。

 

2014.01.10

西宮では開門神事で福男が決まったとか

健脚=福 と言う事で一番と言うのは気持ちの良いものです。

逆に出遅れれば 残り福と言う事で、これも又善し

要は気持ちの問題かと思いますが、今朝は雪が降った事もあり 「残り」 を選びました。

 十日戎

最寄の戎さんは昨日、今日の二日間だけの開催で既に多くのお参りがあったそうです。

神社でのお参りは 二礼 二拍 一礼 ここでも出て来ますよね。

地鎮祭などで慣れた所作も、場が変わると忘れそうになる、そんなものかも知れません。

神主さんではないので、お許し下さい。

さて、気を引き締めて今年も頑張ります! 

最新情報

  • 食欲をそそる香り

    2017.06.22 芦田成人ブログ
    食欲をそそる香りと言えば 焼肉、カレー、漬物など色々ありますね。 木にも個性があり、種類によって 香りも様々なんです。 有名なのは桧(ひのき)の香りですね。...もっと読む
  • 剥き出しにしない

    2017.06.21 芦田成人ブログ
    コンクリートの躯体が剥き出しになり 白く塗っただけのお部屋 一見、格好良いように見えます。 しかし、よ~く考えてみて下さいね。...もっと読む
  • 三角形が基本

    2017.06.20 芦田成人ブログ
    四角い家が普通と思われがちですが 敷地の形状や方位、周辺状況により 時には、四角くない家になる時もあります。 多角形であったり、V字型であったり、...もっと読む
  • 衝撃の記憶

    2017.06.19 芦田成人ブログ
    対向車線から宙を舞って車が飛び出してくる あの映像、皆さんも衝撃を受けられたことと 思います。 昨日、大阪へ行くために乗った高速道路 あの映像が記憶に残り、...もっと読む