芦田成人ブログ

2015年1月
« 12月   2月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

2015.01.26

先週、見積もりのための現場説明を済ませた古民家リノベの現場。

今日は、構造補強のための方法等について構造事務所さんと現場で打合せ。

計画を若干変更する必要が有りそうですが、大きな変更ではありませんが

新築とは違い作業スペースに制限を受ける事もあり、それを見越すと、このようにする方がベターと言う判断です。

今回は、和室の続き間が欲しいとのご要望もあり、柱を抜いて大きな空間を確保する必要があります。柱を抜いた分、上部の荷重をどこかで受けないといけません。その荷重を受けるのが梁になるのですが、既存高さの加減で限界もあり難しい選択です。

さて1階の天井も剥がれ、すっかり裏側の見える状態です。携帯を差し出して2階から数枚。天井や梁の上は真っ白です。しかし、これも洗うと綺麗な艶のある梁になるのでしょう。

小屋組み
屋根裏

 

2015.01.23

高台にある、この現場

見晴らしは最高ですが、未だ壁の無い今の状態では、今日のようにコロコロ変わる寒空の中では、ひたすら体が凍えます。

そんな中で、仕事をされている各職人さんに敬意を払いながら、私は私の仕事です。

構造金物が図面通りの位置に正確に確実に取り付けられているか、壁の合板を張ってしまうまでに確認しないと出来ない部分や、工程的に先に施工しないといけない部分など、兎に角初めての工務店さんの場合は、こちらの設計意図をしっかり確実に理解して貰いながらの作業になり、気が休まりません。

少し、スローペースかなあ?とは思いますが確認がしっかり出来ると言うメリットもあります。

写真は最初が曇天の時の物、その数分前には雨からミゾレに変わり、そして雪が舞っていました。

そして上写真の2分後には、ご覧のように俄かに陽が射す、非常に複雑な今日の天気でした。

早く、壁で覆われて寒さを堪えずに打合せが出来る状態も待ち遠しい、この冬です。

凍える1
凍える2

 

2015.01.19

「高台のピアノ教室のある家」、先週15日の大安に形式上の上棟式を済ませ、本日より本格的に作業開始となりました。レッカーを借りる都合もあったそうで、作業開始が今日まで延びましたが、やはりあったかい陽射しのパワーを受けての作業は、職人さんも気持ちよさそうです。

この現場、職人さんが皆若い。(私が年をとったと言う言い方が出来るのかもしれませんが・・・)レッカーのオペレーターさんも今まで会った方の中では一番若いのではないかと思うくらいで、30代半ばだそうです。

残念ながら、午後からの現場説明に合わせて早々と現場を後にしましたが、形が出来上がって行く過程はいつ見てもワクワクします。

バルコニー部分

2階からの眺めそして、午後からはたつの市へ、正月休みをほぼ返上し、ようやく目途がたったため図面の配布と、各職人さんへの現場説明。

この古民家は中々、手応えありそうと皆さん各所の確認。2階へ上ると、ムジナが私たちの目の前を駆け抜けて行きました。

多分、猫か狸じゃあないかな?と大工さん。でも触らない部分もあるので、いくら完璧に塞いだつもりでも、もしかしたら、そこから又入ってくるのでは?との心配もありますが、一先ず工事範囲の全貌を拝んでから確認します。

 

 

2015.01.17

少し時間が過ぎてしまいましたが、去る1月15日は「高台の景色を生かしたピアノ教室のある家」(以降は、高台のピアノ教室のある家に短縮します)の上棟予定日でした。

しかし、この日は朝から雨、しかも1日中降り続きコンディションは悪くなる一方との予報が出ました。

実は昨年末の段階では、その前の週に上棟を予定していたのですが、プレカット工場のスケジュールもあり、一度延期となっていたために再延長はしないと言う事で大安のこの日に形式上の上棟式をさせて頂きました。

形式上の上棟式とは柱を1本だけ建てて、そこに御幣を取付けて、皆で二礼二拍手一礼をし、四隅を清めてと言った段取りです。

さて、この時期中々天候に恵まれない、兵庫県の真ん中辺りから北側ですが、そろそろスカッとした晴れ間を見たいものです。そんな天候も暫くの我慢でしょうか?

今日は、阪神淡路大震災から20年と言う節目の年ですよね。当時、私は豊中のマンションで震度5を体験しました。今でも、あの時の事は鮮明に思い出します。自然災害の恐ろしさは場所や時間、所を構わずに襲い掛かる事を昨年実感しました。犠牲となられた皆様のご冥福をお祈り申し上げます。

写真は、前日のものです。1階剛床仕様(床の仕上材を張る前に構造用の厚板で床面を固める仕様のこと)となるために先行して、床の断熱施工をしています。今回は基礎断熱の箇所と床断熱箇所を併用しています。

剛床敷き

1階床断熱施工

 

2015.01.06

本日、新年初打合せ兼住設関連ショールームへの同行をさせて頂きました。

ショールームも本日より本格稼働のようでした。

家庭の事情により12月は暫く仕事を留めざるを得なかった事もあり、後のスケジュールを鑑み設計の進捗も遅らせる事が出来ませんので、ほぼ休みなしの年末年始でしたが、村の恒例行事、元旦マラソンが今年も無事に行われた年明けでした。
元旦マラソン

元旦マラソンは、公民館事業として毎年行われているのですが、今年度の公民館事業は、ことごとく天候に苛まれてきたために、今年の雪予報にも神経を尖らせていました。

当日は朝から好天に恵まれ、写真のような快晴。公民館役員を務めさせて頂いている、ここ数年の元旦は暖かで本当に良い天気が続いていたのですが、流石に今年は寒かったです。

しかし、午後からはたちまち雲行きが変わり、大雪に。
元日の午後ちょっと時間が、ずれていれば元旦マラソンも中止になっていた事でしょう。

しかし、翌日になれば又青空が顔を出し、又猛烈に雪が降る、なかなか侮れない新年の始まりでした。
2日朝の晴れ間例年の初仕事は、建築士事務所の業務報告書提出なのですが、年度末まで期限もあるので、今年はちょっとパターンを変えてのスタート。これに肖り、ちょっと違った形で様々なアプローチを試みる1年と出来るように頑張りたいと思います。

 

2015.01.01

未だ喪が明けていませんので、スタンダードなご挨拶を控えさせて頂きますが

旧年中のご愛顧、有難うございます。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

本年は1月5日(月)より、通常業務を開始致します。

最新情報

  • 本棚DIY

    2017.06.23 芦田成人ブログ
    昔、教えて貰ってほんの少しだけ、かじった程度の 墨打ちと言う作業を久しぶりにやってみた。 墨壺から糸を引っ張り出して、パンッとはじく と線が打てる、あれです。...もっと読む
  • 食欲をそそる香り

    2017.06.22 芦田成人ブログ
    食欲をそそる香りと言えば 焼肉、カレー、漬物など色々ありますね。 木にも個性があり、種類によって 香りも様々なんです。 有名なのは桧(ひのき)の香りですね。...もっと読む
  • 剥き出しにしない

    2017.06.21 芦田成人ブログ
    コンクリートの躯体が剥き出しになり 白く塗っただけのお部屋 一見、格好良いように見えます。 しかし、よ~く考えてみて下さいね。...もっと読む
  • 三角形が基本

    2017.06.20 芦田成人ブログ
    四角い家が普通と思われがちですが 敷地の形状や方位、周辺状況により 時には、四角くない家になる時もあります。 多角形であったり、V字型であったり、...もっと読む