芦田成人ブログ

2016年6月
« 5月   7月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー

2016.06.30

晴れでなくても雨さえ降らなければ、と言う日を待ってました、とばかりに今日は土台大引の防腐防蟻処理。防蟻だけでなく防腐も入っているのが肝です。

良くある底の部分だけ、農薬系の防蟻剤をちょっと塗るのではなく4面丁寧に、そして小口、仕口などにも丁寧にホウ酸系の材料を噴霧します。

農薬系の防蟻剤は人体に影響があるだけでなく、耐候性が悪いので築後の住まいに再度塗布しようと思うとそれこそ大変なんです。

つまり業者の思うつぼ、頻繁に塗布するためにお金を払い、勿体ない。安物買いの銭失いとはこの事です。

ホウ酸系の材料は複数社から出ています。

固着するまでに雨に濡らしてしまうと駄目なのと、少し粘つく特徴があります。

写真は、底面防蟻処理後の土台。濡れ色なのは防蟻処理後の証で、時間を置くと乾いて元の色に戻ります。

防蟻処理

 

2016.06.27

中々晴天が続かない今年の梅雨ですが、そろそろ中休みが欲しい所です。

そんな中、天気予報とのにらめっこが続いていた神社社務所の屋根替え工事ですが、2日連続の晴れ予報を信じ上棟の儀が行われました。

快晴のスタートを切った初日でしたが、夕立のように急に雨が襲い初日は屋根を塞ぐところまで進めずに早終いとなりました。

2日目の今日、ようやく形が見えてきました。

急こう配な入母屋屋根はとても背が高く、高台に建つ神社ゆえに地域の象徴的な建物でもありました。

元の姿

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シコロ葺きの下の部分(一般には下屋と呼ぶ方が通じるのかもしれませんが)を残し、大屋根部分を切妻に変えています。

屋根の高さが低くなり過ぎると貧相に見えるため、以前より屋根勾配は緩くなっても、棟の高さに配慮することで建物の見え方を考えました。

緩くなると言っても6寸(約31°)の勾配がある屋根ですので、その上での作業は容易ではありません。スキーやスノボをされる方には30°がどのような勾配かは容易に想像できますよね。

上から滑り降りる時に、下がまともに見えません。

棟の位置を切妻の半々の位置にはせずに下部に間仕切り壁のある位置が棟となるように北側へ寄せています。

下部の構造体がそんなに太い物が使われている訳では無いこと、経年による強度低下を見越し、可能な限り下部の水平材に直接荷重が掛かる事を避けています。

このようなことが容易に実現できるのが木造の良い所でもあります。

スケルトンのこの状態、綺麗で結構すきなんですが、直ぐに見えなくなるのが残念です。

葺き替え工事中屋根

スケルトン

2016.06.17

梅雨の晴れ間を狙ってかどうかは別として一週間前から決まっていた今日の基礎コンクリート打設です。

真夏の暑さとまでは、いかないまでも、そこそこの暑さの中のコンクリート打ち、雨が降らずに良かった。

雨が降ると調合が狂うのが一番困るのです。

現場に運んでくるコンクリートは工場で既に調合されています。そこに予定外の水分が足されると所定の強度に影響を及ぼす事もあり天候には神経質になるのです。

まあ、そんな心配をすることも無く、午後からは梁材の検査へ

長物の大きな版が沢山ありましたが、比較的良い材料を揃えて頂いていて、一安心です。

今回も、見える所に使う材料だけ先に出して頂いていたために作業もスムーズに進みました。

上棟に向けて動き始めた感があります。

コンクリート打設材料検査

2016.06.16

先日は、「翼を広げる家」のベース配筋検査でした。

車を降りて、現場を見た瞬間「あっ、綺麗だ」と思いました。

鉄筋が綺麗に組めている事もそうですが、結束線と呼ぶ鉄筋と鉄筋を結ぶ針金のような物に一切錆がないのです。

と言うのもステンレス製の結束線が使ってあったからですが、通常見かける結束線は錆が浮き出ている事が多いのです。

これだけ気持ちのいい仕事に出会うと、何だか嬉しくなってきます。

今日、作業に来られた設備業者さんも、仕事が綺麗だと言って一同関心していました。

さて明日は晴れ予報、一度目のコンクリート打ちです。

配筋検査

 

2016.06.10

午前中、新規にお問い合わせを頂いた方が事務所までお越し下さいました。

仕事を中心に住まいの場所を探るのか、ライフスタイルを中心に場所を探るのか非常に興味深いお話を伺いました。

土地探しからスタートされるとのことでした。

午後、「翼を広げる家」の選木作業

今回、直接の取引としては初めてのお付き合いとなる製材所さんでしたが、気合を入れて中々良い材料をご準備頂きました。

今回の選木作業では沢山ある材料の中から、室内の見える部分に使う柱材を選択し、それぞれの行き場所と向きを決めました。

番付けと呼ばれる符号を柱に書き込めば行き場所と向きが確定される訳です。

料理で言う所の下準備のような作業です。

この作業をしておく事で、同じ等級の材料であっても全く仕上がりの状態が違って見えます。

1枚目の山の中から良さそうな材料をピックアップし、それぞれの材料の顔(節、木目、目の流れ、赤味白太、割れなどが判断基準です)を見て行き場所を決め番付けを打つ

作業は、このような流れです。今回は見える場所に使う化粧材と呼ぶ材料が少なかったため予め候補となる材料をピックアップして頂いていましたので、作業も短時間で済みました。

来週は梁材です。

選木作業1選木作業2

 

2016.06.09

午前中、紆余曲折あってようやくスタートの目途がたった「発展する家」の工事請負契約に向けた事前打合せに

帰り道ついでに工事届を提出に行政機関に

都市計画区域外なので建築確認申請は不要と鼻をくくっていたら、思わぬ一言があり焦る。

どうやら該当区域には入っていなかったので、当初の予定通り建築確認申請は不要と言う事でセーフ。

 

午後、今日から掘り方工事の始まった「翼を広げる家」の現場に立ち寄り確認。

平面がへの字型で90°ではないために墨出し作業に一苦労する現場であります。

建築業界の方には、写真をご覧頂くと、その大変さが分かって頂けるかと思います。

掘り方

2016.06.09

3日連続で homify に取り上げて頂いています。

でも同じ物件ばかりなので、そろそろ違うのも取り上げて欲しいんですが、贅沢でしょうか?

https://www.homify.com.my/ideabooks/848548/5-amazing-small-homes-for-under-rm730-000

2016.06.07

日付が逆になりましたが、更に ウェブマガジン homify に「30坪のローコストハウス」と「楽しい家」が日本語で紹介されています。

https://www.homify.jp/ideabooks/792359

https://www.homify.jp/ideabooks/794281

 

2016.06.07

ウェブマガジン homify にて「楽しい家」が掲載されています。

ポルトガル語の説明だそうで、読解能力が必要ですが翻訳ボタンを押せばおかしな日本語翻訳が出てきます。

何となく言いたいことの雰囲気は伝わりますが・・・ (笑

https://www.homify.com.br/livros_de_ideias/726904/9-ideias-para-decorar-o-escritorio-em-estilo-japones

2016.06.04

新しく問い合わせを頂いた方に、「楽しい家」をご見学頂きました。

幸い多くの仕事をさせて頂いている事もあり、比較的新しい家を見学させて頂くべきか?とも思いましたが、一度お話をさせて頂き感じたイメージに近いのが「楽しい家」なのかな?との判断でした。

2年前、子供部屋を家具で間仕切る工事をさせて頂いた所でしたが、僅か2年でお子様の様子も変わり、随分大きくなられたなあ、と言うのが印象です。

この5月で丸9年が過ぎ、10年目に入られた、こちらのお住まいですが外部に使用した木部は流石にメンテナンス時期を迎えていますので、そちらのアドバイスも一緒にさせて頂きました。

見学頂いた、ご家族のお子様の年齢が、丁度こちらのお住まいが完成した時のお子様の年齢と同じくらいとあって、我ながら時間の流れを感じずにはいれませんでしたが、連れて来られていた1歳に満たないお子様の笑顔に癒されながら楽しいひと時を過ごさせて頂きました。

もう一度、木の家を始めた頃の原点に近いスタイルと進化した部分を融合させて、次の芦田スタイルを築きたい思いがあります。

次の芦田スタイル、どのように進化させていくのか、楽しみながらやっています。

間仕切り

 

最新情報

  • 西陽射す

    2017.09.22 芦田成人ブログ
    先日のお住まいは、ひな壇状の土地で 道路面よりも一段高い場所に建っています。 その差、およそ2.0mで、おまけに西向きで 道路よりも前の敷地もどんどん下がって行き...もっと読む
  • 見学会の心得

    2017.09.21 芦田成人ブログ
    見学会と呼んだり、オープンハウスと呼んだり 呼び方にも色々ありますね。 ここでは、あえて見学会と表現しましたが どちらでも構いません。...もっと読む
  • 宗教的スペース?

    2017.09.20 芦田成人ブログ
    今日の写真は、先日紹介した住まいと 同じ住まいなのですが、 陽の当たり方、照明の有無で全く違った印象を お持ちなる方も、いらっしゃることでしょう。...もっと読む
  • 柿渋塗料

    2017.09.19 芦田成人ブログ
    今回の台風、各地に大きな爪痕を残しましたが 皆様の地域では如何でしたでしょうか? 間もなく、栗、柿のシーズンですが 柿や栗は建築にとっても関係があるんですよ。...もっと読む