芦田成人ブログ

2017年1月
« 12月   2月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

2017.10.18

とある、ご相談。

申し訳なさそうな感じで尋ねられたのですが

設計事務所は、敷居が高いと感じておられたのかなあ

と感じました。

家全体の事でなくても構いませんよ、部分的なことでもOKです。

予算を鑑み、一番最適な答えを導くためには

何を優先すべきか? その方法は?

などを考え、皆様にご提案します。

耐震のこと、暑い寒い、防蟻、雨風などなど

16年で建てたり、調査してきたりした数は100件以上

豊富な経験でお応えします。

 

写真は記事とは直接関係ありませんが、近所のコスモス畑と

手前には和綿が植えられているそうです。

最近は、中々晴れませんが、このような青空が

長く続きますように。

コスモス畑


◆ メルマガのお知らせ

年始より発刊したメルマガも39号まで進みました。

次の特集は「木の家に住まう」です。

ご登録は、 こちら からお願い致します。

メルマガバナー

 

 

 

 

2017.10.15

大安の先日、「街並みの家」と名付けたお住まいの地鎮祭でした。

雨予報で心配された天気でしたが、地鎮祭後には晴れ間も覗くような天候でした。

上空には時々、パラグライダーが木の葉のようにふわりと舞い

地鎮祭の様子を眺めているようにも感じましたが、気のせいかな?

神主さんは、私の地元の高座神社からお見えになり、

より和やかな地鎮祭となりました。

地鎮祭に設計事務所が出席する場合は、

その旨を神主さんにもお伝え頂きたいのです。

設計事務所が居る場合と居ない場合では

地鎮祭のアクションが一つ変わります。

呼び方は色々あるかも知れませんが

「刈り初めの儀」と言うのがそれですが

地面に盛られたに砂山に植えらえた草を鎌で刈ると言う

アクションが最初に行われます。

そして住まい手さんがスキで山に穴を開け

神主さんが鎮め物を埋め、

工務店さんがクワで鎮め物を埋め戻す

と言う一連の流れになります。

この時に、それぞれ「エイ、エイ、エイ」と

掛け声を掛けてアクションを起こすのですが

直会時に伺った神主さんのお話よると

この「エイ」は「栄」なんだそうです。

栄えると言う意味ですね。

今回は、ご主人のこの掛け声が

お子さんたちの笑いのツボに、はまったようで

「エイ、エイ、エイ」の掛け声と同時に

お子さんたちは大笑いしていました。

笑いある所に福来たる、と言う事で

ご家族のご健康とご多幸、工事の無事安全を

祈願して、おめでとうございます!

地鎮祭地鎮祭2地鎮祭3

2017.10.06

こちらも解体です、模型。

事務所開設初期の物もあり

過去何度か憂き目に遭いそうになりましたが

残ってきました。

所が、床メンテナンスをする前後の頃から

少しずつ事務所の物を減らす作戦を決行しており

今回、とうとう解体する事に決めたのです。

作るのは数日掛かりましたが、潰すのは一瞬です。

嵩張る模型、カタログ、木片、このような物を処分したり

置き場所を移したりするのですが、後は本ですね。

どれを残し、どれを捨てるのか一番、悩ましいですが・・・。

模型解体

2017.10.05

今週より始まった解体工事も終盤に近づきました。

当たり前ですが結構な埃が舞います。

両側と奥はシートがされていますが、

道路側はオープンです。

敷地目一杯に建っていたのが良く分かります。

明日、明後日の天候が今一つのようですので

解体のスケジュールも少し影響を受けそうです。

来週の地盤調査の結果が悪くありませんように

と願うしかない、現状です。

解体


メルマガバナー

◆ メルマガのお知らせ

私共では週に1度、メールマガジンを

発行しています。

ここではブログでは書かない、

貴重な情報をお届けしています。

現在は「見積りについて」の特集を

お届けしています。

ご登録は こちら からお願い致します。

 

2017.10.04

もう、先月末のことになりますが

忘備録としてUPします。

ラジオで聴いて、安藤忠雄さん設計の美術館が

北近畿に出来ると知り、丁度行きたいなあと

思っていた所でした。

運よく、そちら方面に向かう仕事が出来たので

ついでに寄ってきました。

関西では安藤建築、そんなに珍しくは無いのですが

代名詞である、コンクリート打ち放しでない建物は

珍しいのです。

京都にある和久傳さんが開発した和久傳の森と呼ぶ

中に佇むと呼ぶには少し大振りですが安藤さんの建築にしては

小ぶりな建物です。

アプローチは、いつもの遠回りさせる動線です。

3枚のコンクリート塀によりアプローチの距離を

稼いでいますが、真ん中の壁の端まで行くと

ショートカット出来ますが、そんな事をすると

安藤さんに怒られそうです。

黒い建物が美術館「森の中の家」と名付けられ

安野光雅さんの作品が展示されています。

黄色い方は工房レストランで土産物販売とレストランが併設されていました。

美術館の方は予算の関係もあるのでしょう、親しみのある素材が多用され

安藤建築には珍しくアルミサッシが採用されていました。

中は当然ですが撮影禁止でしたので外だけです。

和久傳の森3枚の壁アプローチ森の中の家

2017.09.26

古い街並みを一つ消してしまいます。

なので、建物も少し遠慮して

そのかわり、新しい顔をつくります。

時間が経っても味わいが増す素材を

用い、新しい歴史を刻めるように

サイディングや擬木は遠慮して貰いました。

でもコストは抑えて、

メンテンスの要らない、そんな都合の良い材料なんて

あり得ません。

小さい家だけど、光は上から射すを

頭に置いて、住まいの奥深くまで

陽が届く計画としています。

そんなすまいの工事請負契約でした。

設計契約をしてから、随分と経ちました。

クールな見方をすると生産性が悪いと言うのでしょうが、

住まいづくりは、誰もが少しばかり忍耐は必要です。

来春の完成目指し、着工間近です。

外観

2017.09.22

先日のお住まいは、ひな壇状の土地で

道路面よりも一段高い場所に建っています。

その差、およそ2.0mで、おまけに西向きで

道路よりも前の敷地もどんどん下がって行き

目の前の視界が開けています。

つまり地山を削った切土地形なのです。

西向きで目の前が開けていると言う事は

西陽が容赦なく入ってくると言う事です。

冬の西陽は、住まいを暖めてくれて、

有難いですが、夏の西陽は、

「暑い」の一言です。

窓の外で陽を遮ることは、

窓の内側で陽を遮るよりも

より効果的です。

その意味で、このような下屋のある縁側があれば

日除けを設置するのも手軽に行えます。

写真は冬場の西陽で、

これだけ下屋が出ていても、かなり奥にまで

陽が射し込んできます。

使っている材料を見ると、この頃と比べると

物の値段が結構、上がったなあと感じますね。

Jパネルや上小のフローリング、珪藻土、内障子

結構、贅沢な要素がてんこ盛りです。

回って抜けて多動線の家


◆メルマガのお知らせ

賢く、格好良く、住まいや建物を建てよう!

週刊号で発行中です。

ご登録は こちら からお願い致します。

メルマガバナー

2017.09.21

見学会と呼んだり、オープンハウスと呼んだり

呼び方にも色々ありますね。

ここでは、あえて見学会と表現しましたが

どちらでも構いません。

心得と書きましたが、見学に訪れる方にも

様々なステージが、御有りかと思います。

未だ、ぼんやりとしたイメージの方

既に建てる事が決まっている方

いずれの方もしっかりとイメージに

刻んでおかれることをお勧めします。

又、観たいと言っても次は、

もう入居されているでしょうし、

自由にどうぞとはいきませんので。

 

さて、その見学会では何を観るのか?

設備機器などは一旦、置いておいて下さい。

月日が経てば新しいのが出て、直ぐに陳腐化します。

又、良く聞かれるのは工事費や坪単価なども質問されますが

いざ、それが皆さんの住まいづくりにそのまま当てはまる訳でも

ありませんので、質問してもあまり意味の無いことです。

先ずは、どうしてこのような家になったのか、

そのコンセプトを確認することです。

その上で、どのようなリクエストがあったのかとか、

家づくりでのエピソードなど、背景を良く知ること

が重要です。

 

それと、主催者の指示には必ず従って下さいね。

小さいお子さんの入場を禁止されている場合もあります。

又、大きなカバンを持っての入場はすべきではありませんね。

自分の身幅以上のカバンはいつ壁を傷めるかもしれません。

 

写真は、入場制限をせずに行った結果、

見学会が大変なことになった、お住まいです。

人様のお住まいを借りて行うものですので

大切な想いを感じて頂ける方だけに見て頂きたく思います。

回って抜けて多動線の家

 


 

◆メルマガのお知らせ

週刊号でメルマガを発行し35号まで発行しました。

現在は「見積りについて」と言うタイトルで特集を

お送りしています。

登録は こちら からお願い致します。

ニックネームでの登録も可能です。

メルマガバナー

 

 

2017.09.20

今日の写真は、先日紹介した住まいと

同じ住まいなのですが、

陽の当たり方、照明の有無で全く違った印象を

お持ちなる方も、いらっしゃることでしょう。

元は薪風呂の焚口に出る勝手口であった場所を

キッチン脇のワークスペースにしたのですが

撤去出来なかった柱が生きたと思います。

光の回り込み方もあり、ちょっと宗教的な

スペースに見えなくもないスペースになりました。

田舎暮らしを楽しむリノベーション

2017.09.19

今回の台風、各地に大きな爪痕を残しましたが

皆様の地域では如何でしたでしょうか?

間もなく、栗、柿のシーズンですが

柿や栗は建築にとっても関係があるんですよ。

栗はタンニンの成分が多く蟻害に強いと言うことで

昔は、建物の土台に使われる事が多い木でした。

又、渋柿もタンニンを多く含みます。

私の事務所の床も柿渋をかなり薄めて塗ったため

15年以上経った今も、ほんのり赤味を持っています。

そして、柿渋とベンガラを混ぜた柿渋塗料と言う

物も商品化されています。

今日紹介する写真は、床を柿渋塗料で塗ったお住まいの

リノベーション事例です。

お手持ちの食器棚に色を揃える事が主な目的でしたが

落ち着きのある良い、色になったと思います。

只、これ塗って数日は、銀杏と同じような臭いがします。

もっとも、臭いを抑えた商品も出ていますが

衣服に色が付くと選択しても落ちません。

柿渋染めですね(笑)

リノベーション事例


 

◆メルマガのお知らせ

只今、「見積りについて」の特集を掲載中です。

週1回の発行で、テーマを絞っての特集で

ようやく35号まで発行できました。

ご登録は こちら からお願い致します。

メルマガバナー

最新情報