芦田成人ブログ

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

2017.03.07

黄梅

◆ 景気が良い時こそ、丁寧に!

昨日書いたマンションの建設時期は、
およそ40数年前とのことでした。
ここでも紹介しましたように床下には
木屑、鉋屑、PPロープ、食べ物の容器、
など工事に関係のない物が沢山出てきました。

40数年前と言えば高度経済成長期
ですから、幾らでも仕事があったのでしょう。
次の現場、次の現場とスケジュールを
間に合わせることに精一杯で、基本が疎かに
なっていたのかもしれません。
しかし、そのような時こそ、目に見えなくなる
箇所の仕事、やらなければいけないことを
しっかりとやって欲しいのですが
景気が良いと、そのような事が疎かに
なるのかもしれません。残念ですが・・・

◆ 造り手の善意、悪意

景気が良いと言えば、20数年前のバブル景気の頃も、
建売住宅は質が良くないと聞きます。
建築確認申請書と実際に建っている家が全く違うことも
ザラにあったようです。即ち違法建築です。
法を守ろうと言う意識の無い造り手ですから質、
云々は関係なく造っていると思います。
この頃は建物の竣工検査は造り手の自主性に
任せられていたために、そのようなことが
可能だったのです。

それ以降、行政などによる竣工検査が
義務化されるまで、一部の建売住宅の
世界では建築確認申請書はタダの書類に
過ぎなかったのです。

◆ バブル期の中古建売に気を付けて

このブログをお読みいただいている皆様だけに
お伝えしますが、
中古住宅などを購入されようとしている場合
この時期(バブル期)に建てられた都心の
建売住宅は、かなり慎重に検討されるべきです。

敷地目一杯に建っているなら、おそらく
違法建築でしょうし、外装は綺麗に
直していても質は、そんなに良い物ではないと思います。

とまあ、警鐘を鳴らすような、ここ数日の内容でしたが、
今回の調査を受けて、改めてこのようなことを
感じた次第です。


◆ 編集後記

さて、今日は再び寒波が戻った感じですが
それでも、2月初旬の頃のような雪が降ることは
もうないと思うのですが、タイヤの履き替え時も
そろそろかと言った感じです。


◆ メルマガのお知らせ

メルマガバナー

今日の発行で第10号まで発行できました。
発行10号を記念し、登録特典を準備しています。

ご登録は こちら からお願い致します。

最新情報

  • 建築散歩 最終章

    2017.03.26 芦田成人ブログ
    多くの建築を見て歩いた今回の旅で 最後に選んだのが、ここ「建築倉庫」 でしたが、実物を見て歩くことも候補として ありました。しかし、候補には美術館が多く...もっと読む
  • 建築散歩8

    2017.03.24 芦田成人ブログ
    今回の旅の終着点をどこにしようか? と考えた挙句、向かった先は天王州アイル駅 「建築倉庫」って何のための場所か、ご存知でしょうか?...もっと読む
  • 建築散歩7

    2017.03.23 芦田成人ブログ
    代々木競技場を後に、若者の街へ向かいます。 目的地は表参道です。 同潤会アパートがあった場所は 安藤忠雄さん設計の表参道ヒルズとなりました。...もっと読む
  • 建築散歩6

    2017.03.22 芦田成人ブログ
    吉村事務所のある目白は高級住宅街なんですね。 一区画がゆったりと確保されている感じがしました。 そんな目白を後にして、次に向かった先は 若者の街、「原宿」...もっと読む