芦田成人ブログ

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー

2017.05.13

某大手ハウスメーカーが、天所の高い家が良い

と言う謳い文句でCMをしています。

あれは何を訴えようとしたした戦略なのかは

不明ですが、天井の高い家を売りたいことだけは

間違いなさそうです。

日本では一般的に天井高さは2.40m程度が

標準とされているようですが、明確な基準が

存在する訳ではありません。

建築基準法では居室の天井高さは2.10m以上

確保することが謳われています。

居室とは長時間継続的に使用する部屋のことで

居間や寝室などを指し、トイレや洗面脱衣、廊下などの

短時間の使用で済む部屋は該当しません。

私共では構造材をそのまま見せるため基本的に

1階は天井を張りません。

従って掃出しサッシの高さ+梁成が天井高さとなります。

おおよそ2.30m~2.50m位の天井高さです。

今年、竣工したお住まいでは2.35m程度でしたが

梁成の分だけ構造材が下に下がってきます。

それでも、何だか落ち着く感じがしました。

因みに、住まい手さんご主人の身長は1.80m以上で

私は1.76mで、そのように感じていますので

決して窮屈な感じでは無いと思いますが

感じ方は人によって違いますし

天井の高い開放的な家も設計しています。

一つ言えることは家中どこに行っても天井が

高い家では、その有難さを実感できません。

そのため、わざと天井の低い所も作っておくと

高低の差でより高さが引き立つために、

高さの有難さを実感できると言う事です。

建築家 故 宮脇檀さんは

「天井髙の高いのは成金趣味」と書かれています。

名作とされる住宅は何故か階高を抑えた

コンパクトな物が多いように、やはり

建物の高さって重要なんです。

棟が上がった時に、そのシルエットや

バランスを見ると意外に、その家の落ち着きが

想像出来ます。

もっと言えば矩計図の段階でも、

想像を巡らすことが出来るのですが、

それは我々だけの特権と見るべきか?

自己満足と捉えるべきか?

完成した家だけが全てを語ります。

27坪のワクワクしながら暮らせる家

 


 

 

◆メルマガのお知らせ

本年から創刊した芦田成人建築設計事務所独自の

住まいづくりの情報をメルマガとして発行しています。

先月、今月の特集は「住まいの暑さ寒さについて」です。

40棟以上の実績から得た経験とアイデア、計算

、データ計測による数字の裏付けなどに基づき

住まいづくりを語ります。

毎月~隔月でテーマを掲げ、

これからの住まいづくり、そして中古住宅の

リフォームリノベーションについても発信しています。

ご登録は、 こちら からお願いします。

 

最新情報

  • 床下収納について

    2017.05.27 芦田成人ブログ
    一般的に床下収納と言えばフラットな床の一部に蓋を設け、蓋を開けるとその下に収納が現れる、と言った物ではないでしょうか?...もっと読む
  • 朝と夕

    2017.05.26 芦田成人ブログ
    前日の夕方と今朝では、こんなに空が違います。 建物も様々な天候に耐えないといけません。 暑さ、寒さ、雨、風、雪、紫外線、地震 実に様々な自然要素に耐えるために...もっと読む
  • 花が咲いた

    2017.05.25 芦田成人ブログ
    事務所の神棚のサカキに花が咲きました。 未だ、つぼみの部分もあります。 サカキは、神主さんが手に持って お祓いをする時に使ったり、...もっと読む
  • ループって

    2017.05.24 芦田成人ブログ
    ipad 一昨日から、この状態です。 リンゴループと言う症状のようです。 パワーオンしても、このマークが点いたり消えたり...もっと読む