芦田成人ブログ

2018年2月
« 1月   3月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

カテゴリー

2018.02.28

出来上がってからでは確認の出来ない

部分の確認のために足場を上り

屋根廻りなどをチェック

板金屋さんの素晴らしい仕事を

拝見させていただきました。

角がピシッと出ていてとても

綺麗な仕事をして頂いています。

高窓

室内の照明計画で随分と悩まれている

住まい手さんですが、照明器具1灯で

室内全体を煌々と照らす方式を

一室一灯方式と呼びます。

日本の住まいづくりでは、

未だこの方式が多いのかもしれません。

しかし、この照明計画では必要のない所まで

余分なエネルギーを使って煌々と照らしてしまうため

省エネの観点からも、懐にも無駄が多いのです。

又就寝直前まで、煌々と照らされた照明を

浴びていると、脳内からセロトニンと呼ぶ

興奮ホルモンが分泌されて速やかに

睡眠に移行出来ないと言う情報もあります。

 

ですので私共の照明計画では多灯分散照明と

呼ぶ必要な所に必要な明るさの照明器具を

分散配置するようにしています。

使用する照明器具の種類も

バリエーションが増えますが、いずれも

器具自体の価格もそんなに高い物はありません。

2018.02.26

先週末は「住まい手の声」の取材に

週の初めに1年点検を先に済ませ

ご家族が御揃いになる週末に再度

訪問させていただきました。

この取材は毎回、インタビューと写真撮影を

外部委託させていただいています。

芦田がインタビューするよりも、

住まいづくりには全く関知していなかった

第三者に対して語って頂く方が、より本音で

語って頂けるのではないか?と言うのが

外部委託させて頂く狙いですが

かと言って全く姿を現さないことも出来ないので

芦田はついては行くけどもインタビュー中は可能な限り、

深く関わらないと言うスタンスで毎回、臨んでいます。

過去には特別バージョンで、芦田がインタビューに加わった

こともありましたが・・・。

と言う訳で、撮影にも色々プランを描いておられるようです。

屋根付ガレージの特徴を写すカメラメンと右端に

だいぶ逃げているつもりでしたが、写ってない?

内部撮影もカメラマンとディレクターの事前打合せが

行われています。

壁にはさりげなく三谷龍二さんの掛け時計が掛かっていて

木の住まいとの相性ばっちりです。

記事と写真の出来上がりが楽しみですね。

外観内部三谷さんの時計

2018.02.20

久々の更新となりました。

その間、「街並みの家」の工事も進行しています。

壁の断熱施工も始まっています。

構造材の太さと同じ厚みの断熱材も出ているので

そのような商品を選択しておけば心配はありませんが

これまでは構造材よりも厚みの薄い断熱材が

多かったため、壁の断熱材は外に押し出さないで

下さいねと職人さんには事前にお伝えしなければ

いけないことが多かったのですが、最近では

職人さんの方がよくご存知のケースが多いです。

繊維状の断熱材を使用する場合は、

ここは監理の重要なポイントの一つとなります。

きっちり施工しているつもりでも隙間は注意しておかないと

電気配線などの場合に乱されてしまいます。

大工さんだけでなくて電気屋さんにも注意して欲しい

ポイントとして伝えておかないといけませんね。

そんなこんなで気密層の施工も始まっています。

コンセントの後ろには気密カバーと呼ぶ

豆腐の入れ物のような薄いカバーを仕込みます。

気密カバーの無い場合、コンセントやスイッチ部分からの

冷気を感じる事もあります。

この仕様で得られる結果の平均値もおおよそ判明して

いますが、建物のボリュームも関係するため一概では

ありませんが、おおよそこの坪数なら違いない結果が

出ると思います。

壁断熱施工気密層施工気密カバー

 

最新情報