芦田成人ブログ

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

カテゴリー

2017.07.07

待ちに待った見積もりがあがってきました。

予想はしていましたが、やはり減額案の見当が必要です。

設計や打合せの段階でも、前振りはしながら進めています。

減額案をVE案と呼ぶこともありますが、

厳密に言うと少し意味は違うと思いますが、

大事なのは言葉に引っ張られない事です。

物が違っても同じ機能や役割を果たすものはあります。

それでいて金額が下がるのが、

VE(Value Engineering)なんです。

少し頭を柔らかくして、俯瞰するのが大事ですね。


さて第二部は昨日の続きです。

色を選択する時、自然界に存在する色を

選ぶと話しましたが、白系、黒系、茶系など

定番の色を決めている建築家も多いと思います。

海外に行けば鮮やかな植物の色を模している場合もありますが

日本では、そんなに色数は多くないと思います。

特に外観は多色過ぎないことが理想で

最高でも三色程度におさまる様に色を選ぶようにお勧めしています。

屋根の色、庇の色、水切りの色、外壁の色、窓枠の色、雨樋の色、

基礎にも色があります。素材が違えば絶対に同じ色にはならないのですが

近接する色を同系統にまとめるなどで、なんとなく統一感が生れます。

あっ、でも弁柄の赤がありましたね。

住宅で使うには勇気のいる色ですが、

でも、さりげなく壁の一部に使われていること

たまにありますね。

今日の写真は神社の三重の塔です。

鮮やかな弁柄色が綺麗ですね。

さて、続きは又次回にします。

柏原八幡宮三重塔

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ

最新情報

  • ウールのような

    2018.02.20 芦田成人ブログ
    久々の更新となりました。 その間、「街並みの家」の工事も進行しています。 壁の断熱施工も始まっています。 構造材の太さと同じ厚みの断熱材も出ているので...もっと読む
  • うつろい

    2018.01.23 芦田成人ブログ
    雲の間を縫って時々顔を覗かせては 直ぐに隠れるお日様 直接、陽が射すとその暖かさは何ともありがたい そんなお日様の恩恵を建物の奥にまで届けたい...もっと読む
  • 23年

    2018.01.17 芦田成人ブログ
    もう既に多くの方やマスコミで取り上げられている数字ですね。 阪神大震災から23年。 お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り致します。  ...もっと読む
  • 寿命

    2018.01.16 芦田成人ブログ
    「街並みの家」定例の日 屋根の板金葺き工事が始まっています。 瓦屋根と同じ色にして街並みとの違和感を緩和 寒い中ですが、仕事も丁寧に進めて頂いています。...もっと読む