芦田成人ブログ

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

2018.01.17

もう既に多くの方やマスコミで取り上げられている数字ですね。

阪神大震災から23年。

お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り致します。

 

思えば、この震災をきっかけに私の意識は

木造に向くようになりました。

当時勤めていた事務所でコンクリートや鉄骨造の建物ばかりを

担当していました。

シックハウスと言う言葉も世間では、未だそんなに知られておらず

私の関心は、マンションの竣工検査で被ってしまった

部屋に入った途端に涙、鼻水が止まらなくなる現象の

原因が何だったのか?を知ることでした。

(私はガス室と揶揄していたのですが、

当時の無基準のマンションの内装は、それは酷いものでした。)

そこへ、阪神大震災が発生。

有識者の調査が進むにつれ木造家屋の

倒壊原因も報告されるようになりました。

バブルの頃の建売住宅は、何でも有りの違反建築も多く

被害も大きかったのではないでしょうか?

耐震基準にシックハウス対策、

今では当たり前のことが

当時は当たり前では無かったのです。

 

当時は豊中で震度5を経験しましたが

幸い震災の1年前にコンクリート造壁式構造

と呼ばれる地震には強いとされるマンションに

引越ししていたので助かったのかもしれません。

 

この震災から数年後に独立したと思っていたら

数字が合いませんね。

5年経過した頃に前事務所を辞めた計算になります。

まあ、そんな数字はどうでもいいのです。

 

耐震基準を満たしているから絶対に壊れない

のでは無く、壊れたとしても人命を確保出来る

空間を保てるようにしなさい、

と言うのが建築基準法の内容です。

 

二度と起こって欲しくはありませんが

安全への備えは忘れずにしておきたいと思います。

皆様も備えを怠らず、御確認下さいね。

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ

最新情報

  • 家具工事も進み

    2018.05.18 芦田成人ブログ
    「街並みの家」 ようやく、ボード貼り工事も始まっています。 玄関には先行して、下駄箱の据え付けが済みました。 壁、天井びっしりに納まった姿が潔い感じがします。...もっと読む
  • 新しい住まいづくりが始まります

    2018.05.17 芦田成人ブログ
    本日、ご契約して頂きました。 「真ん中のある家」 住まいの真ん中にあるのは・・・? 暮らしを楽しく豊かにする、この真ん中が キーポイントのお住まいです。もっと読む
  • 外構打合せ

    2018.05.10 芦田成人ブログ
    「街並みの家」も詰めの工事に備え 外構打合せです。 当初、予定に無かったのですが 道路に面した部分に緑を植えたいと 住まい手さん。 古い街並み沿いの街道筋には、...もっと読む
  • 昇り降り

    2018.05.09 芦田成人ブログ
    「街並みの家」も大工工事の追い込みです。 階段工事が始まり、ようやく脚立ともサヨナラできそうです。 小さな住まいなので家具の一部が階段を兼ねている...もっと読む