気密施工 (哲学の家)

2014年2月6日 気密施行

 「折角、木の家なのにビニールを貼ってしまうなんて・・・」と言う意見があります。

しかし、それは断熱材に対する配慮が無い上での話です。

室内で発せられる水蒸気は皆さんが思っている以上の量になります。

それらが全て行先を求め、内壁から壁の中を通り、屋外へと言うように動きます。

その途中にある断熱材が吸水性の高い材料であった場合、その水分を吸い滞留させると、内部結露の可能性が高くなり、結果として構造体である木に腐朽菌を導き、そしてシロアリを呼ぶ、と言う悪循環に陥る事があります。

又外からは雨と言う水分が壁をめがけてやって来ます。

壁の材料の組み合わせ、例えば、シート、構造用面材、断熱材、内部に使うボードや仕上げ材、又は土壁の場合でも、それらの組み合わせを十分検討した上で構成を決めないといけません。

この断熱材を使っておけば結露しないよ、とか全て自然素材だから問題ないよ、では無く、それらの透湿性能を組み合わせた時に結露に対して大丈夫か否かを知る必要があるのです。

今回は気密性が必要と言う計算結果(無ければ内部で結露が起こる)が出ましたので、その結果通りに施行しています。

気密施工

どうしても、気密施行に抵抗のある方はご相談下さい。

地域によっては厳しい場合があるかもしれませんが、結露の定常計算によって検討します。