おさえる (自然光が美しい写真館(リノベーション))

先日、1階の基礎兼土間のコンクリートが打たれました。

コンクリートは水和反応して硬化するので、固まる時には水和熱と言う熱を放出します。

この現場は比較的、オープンな空間ですので、その熱の影響は仕事をされている方が感じておられるのでしょう。

横で眺める分には、外の暑さも手伝って、熱を発しているかどうかまでは分りませんでした。

しかし、鉄筋コンクリートの現場へ行けば、てきめんに、その暑さを感じます。

さて、現場では基礎屋さんが午前中にコンクリートを打ち終えて、一息

水の引き加減を見計らって、「おさえ」の作業に入っています。

「おさえ」と言っても上から力を掛けて押さえつけてい訳ではありません。

コテを使って、慣らしていく作業を言います。

オサエ

ご覧のように木の板に乗って建物の奥から手前へ順に作業を進められます。(私が写真を撮っている位置は建物の奥側)

オサエ後

そして、こちらは、その作業後。

こちらは建物の前側から撮っていますので違いが分り難いのですが、より平滑に仕上がった感じがします。