地盤改良工事始まる (発展する家)

先日より、「発展する家」の地盤改良工事が始まりました。

こちらの敷地は都市計画区域外、と言うことで建築確認申請の手続きは必要なく、建物の配置も現場にて検討しました。

地盤調査の結果、一部に強度不足の箇所があるために地盤改良を施しておく方がいいですね、と言う事での工事ですが、この場合悪い箇所だけ改良すればいいのではなく、建物全般に渡って改良工事を施しておかないと、あっちの地盤強度とこっちの強度が違うので、不同沈下の原因となります。

そして今回採用したのが掘った穴に砕石を入れて締め固める、ハイスピード工法と言う方法を採用しています。

実は、以前もこの工法を採用させていただき、今回2度目。

セメント系固化材を用いる柱状改良工法との相見積で1円も違わずぴったり同じ見積額が出たのですが、そうなれば迷わず、こちらの工法を採用させていただきました。

液状化に強いこと、砕石を掘り込んでいるだけなので地面を汚さない事(将来建物を解体しても地面をそのまま使える、柱状改良の場合は改良した部分も解体工事が必要となります)などが採用の基準です。

地盤改良工事

穴を掘ると言うことは当然その部分から土が出て来る訳で、その土を見ていると見事、層ごとに土質が変わるのが分ります。

上層部は綺麗な真砂土(下写真の茶色い部分)で、暫く掘り進めると黒い粘土質の土が出てきます。そして約4.0mほど掘り進めると細かな砂質層が現れ、およそ地盤調査の通りの土が出てきます。

今回はスウェーデン式サウンディングを採用していますので、直接、土質サンプルを採取できる方法ではありませんでしたが、調査中の音で土質を推測するために、ある程度経験が必要なのですが、正にその通りの地層になっていました。

搬出土

補強工事が終わるとご覧のように砕石が敷いてあるのと何ら変わらないものですが、建物規模も小さい為に1日で終わるのでは?と推測している所にマシントラブル発生。

コンプレッサーがストップしてしまい丁度、昼休憩へと流れ込んだ為にその場を後にしました。

補強工事後