上棟しました (縁望の家)

昨日、無事上棟した「縁望の家」

いつもここからの景色の長閑さに、私の住む丹波とは又違った良さを見出していたのですが、その一つが低い山と言うよりも殆ど丘と言える低い丘陵が程遠くにあり、その間を縫うように走る1両編成の列車が醸し出す雰囲気です。

山が遠い事で、日当たりも良いいですし、何よりも南や東には建つ家が無いので、視界が開けている事が爽快ですね。

いつもの景色

2階から眺める南東面の景色

そんな中、いつもとは逆のアングルから、この家がどのように見えているのか、休憩時間にふと散策してみました。

単線列車

丁度、タイミング良く、1両編成の列車がやって来ました。

建物全貌

線路側から見える建物の全景、規則正しく組まれた架構がこぎみ良く見えます。1枚目の写真とは真反対のアングルですね。