内部造作工事 (縁望の家)

連日の暑さの中、「縁望の家」では内部造作工事が進行中です。

内部造作とは、建具の枠など完成しても直接目で見える部分の木工事です。

直接目で見えると言う事は、失敗が許されない部分にもなりますので、職人さんも確認に確認を重ねて作業を進められます。

当然、その部分に傷をつける訳にはいかないので、施工が済めば養生されてしまいます。

再び、我々がお目にかかれるのは完成間近と言う事になります。

吹抜

写真は小さな吹抜に面する開口部、梁に直接鴨居が取り付き、ここには障子が入ります。

玄関框

そして、こちらは玄関框、杉板の綺麗な木目が美しい材料です。

通常、ここに軟らかい杉を用いるのは珍しい事かも知れませんが、住まいへの気遣いを培って頂く事も、愛着をもって大切に住んでいただくためには大切

との思いもあり、杉の上框です。

勿論、硬木でする場合もありますよ。