パネル工事 (YKITハウス)

上棟から数日が過ぎ台風の通過も心配されましたが、それも稀有に終わり、やっぱり暑い現場です。

現場では、体力壁、断熱層、内部壁下地を兼ねたパネルのはめ込み作業が進められています。

慣れるまで少々手間取りますが、慣れてしまうと工期短縮に繋がり、強いてはコスト抑制に導くと言うのが、このパネルの狙いですが、断熱施工の作業ムラ(個人差)が無いのも魅力です。

中間検査へ向けて、金物写真の撮影に集中していたら、肝心なパネル施工の作業風景写真を撮り忘れてしまいましたが、ご愛嬌と言う事で (^^

寝室

右端に一部、パネルが写っています。

こちらの、お住まいは1階で生活の殆どが済んでしまうように設計していますので、1階対2階の面積比がかなり違い、数字以上に大きな住まいに見えます。

しかし、構造体が組みあがった状態で、建物内に入った関係者全員の感想は、「何か、落ち着くよね」でした。

今回もそうですが建物高さを抑える部分と吹抜によって開放的な部分、そのメリハリによって、この「落ち着き」が生まれています。

工事中も現場を確認していると、あそこは、こう変更する方がいいのではないか?と思える部分もあります。

ちょっとした事ですが、仕上がりの具合にも関係しますので、よーく検討します。

北側外観

大きく見える建物の北側からの外観です。