解体初日 (須磨のマンションリノベーション)

管理組合の承認も得、ついに始まりました。

築30年以上が経過した、こちらのマンション。

部分リフォームした住戸はあれど、全面改装した住戸は未だ前例が無かったそうです。

そう言った意味でも、大きな注目を集めている今回の工事ですが、ご親戚一同が集う「実家」となるとの事で、心の拠り所としても期待されているようです。

そんな注目や期待を受け、お清めを済ませた後に解体工事が始まりました。

鉄筋コンクリート壁式構造(柱や梁型が表面に現れない構造)の建物で、当時としてはこれが普通だったのでしょう、現在では少し階高さは低めになります。

階高さを抑える設計は普段から慣れていますので、私の中では大した違和感はないのですが、設備配管などの懐スペースは確保したいので、その点が一番気がかりになる部分です。

まずは、撤去が済んだ段階で墨出しに注目してみます。

解体前

この後、お清めをしました。

解体中

解体も手際よく進められ、帰る頃には、このように構造体が徐々に露になってきました。

思ってた通り、床、天井共に懐が小さいです。

構造チェックも忘れずにしないとね!