基礎配筋検査 (哲学の家)

 2013年11月8日 基礎配筋検査

地盤改良工事も無事に終え次の工程、基礎工事へと進んでいます。

ベタ基礎を採用、不同沈下への対応、床下メンテナンス時のし易さ、床下からの防湿などのメリットを求めています。

配筋の間隔や継手、定着、折り曲げ直径、かぶり、隅角部の処理、貫通配管への補強などなどチェックすべき事は山のようにありますが、ほんの一部だけを紹介します。

基礎配筋全景

この段階では基礎立ち上がり部分の型枠が組まれていませんので、コンクリートの打ち上がりも想像しながら指摘をしていきます。

配筋間隔

配筋間隔のチェックは目視と共に、このような目盛の入ったテープをあてて確認します。

配管貫通部処理

大きな配管が基礎を貫通する部分は、このように斜めの補強筋を入れます。