まとめ

以上のように、私達の役割は只、図面を描くと言う行為にとどまらず、現場が始まれば工事監理と言う仕事に移っていきます。工事「監理」とは作成した図面に基づき専門的な知識を持ちながら、公正な立場に立って現場の進捗を見守り、交渉、指示、指摘と言った業務を行う事を指します。

ちなみに、これは施工者側が行う施工「管理」とは又役目が違います。施工「管理」とは施工者側の立場で現場の安全衛生、進捗、建材や資材の発注調達、職人の手配、工事予算の管理などを行う事を言い一般に、設計者の行う「監理」を「さらかん」施工者の行う「管理」を「たけかん」と言う事もあります。(漢字の部首のぶぶんを取った読み方です)

つまり「絵だけ描いて設計料が何百万円」と言った甘い世界では無く、絵だけ描くのは(正確には図面ですが)仕事のほんの一部に過ぎません。私共の仕事は表に表れる図面以外にも、法令調査、現場が始まってからも描く図面、現場に出向いてチェックする行為、打ち合わせた内容をまとめ、皆様に報告する義務、など数え上げればきりが無いほどまだまだ沢山の業務を抱えています。

現実に根ざした、耐震耐久性が高く、温熱環境や省エネ性能に優れた住まいを提供し、そして検証、再度設計にフィードバックさせ、そこから次の住まいづくりに、どう生かすか、設計→施工監理→検証→改善のサイクルを、沢山積み重ねてきた建築家だからこそ出来る力を皆様の住まいづくりに投入する、そこがメリットと言えるのではないかと思います。

皆様が一生に一度の大きな買物をするのに、本当に素人の目やチェックだけで、理想の家が出来るのか?目が行き届くのか?、問題を解決できるのか?、上手く交渉できるのか?

よく、お考え頂くと皆様が私と一緒に住まいづくりをする事の素晴らしさをご理解頂けるのではないでしょうか?

最新情報

  • 23年

    2018.01.17 芦田成人ブログ
    もう既に多くの方やマスコミで取り上げられている数字ですね。 阪神大震災から23年。 お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り致します。  ...もっと読む
  • 寿命

    2018.01.16 芦田成人ブログ
    「街並みの家」定例の日 屋根の板金葺き工事が始まっています。 瓦屋根と同じ色にして街並みとの違和感を緩和 寒い中ですが、仕事も丁寧に進めて頂いています。...もっと読む
  • 17年

    2018.01.15 芦田成人ブログ
    本格稼働から2週目(本人は、もっと過ぎている感じがしています) そう言えば、「直接顔の見える関係」で仕事がしたいと思い 独立し17年目に突入していました。...もっと読む
  • 遅ればせながら本年も宜しくお願い致します

    2018.01.12 芦田成人ブログ
    すっかり出遅れた感のある本ブログですが 既に新年の稼働もスタートしております。 改めまして、本年も宜しくお願い致します。 5日からスタートして1週間が経ちました。...もっと読む