一般的に広く浸透している「建築家」のイメージは、主張の強い独りよがりな住まいをつくるとか、高価な住まいをつくると言ったものかもしれません。

真の建築家の役割は、皆様と対話をする事から始まる個性を把握する作業に加え、敷地環境を読み解き、最善と思える住まいの形を表現し、工事が始まれば現場に赴き監理と言う作業を実行します。しかし、そのような作業なら施工者でもやっていると、お考えになるかも知れません。

施工者と皆様の二者間による一般的な住まいづくりと、そこに建築家が加わる、三者の相互関係の働く住まいづくりでは次に挙げる様な大きな違いが存在します。

最新情報

  • 出張記2

    2018.11.17 芦田成人ブログ
    時間経過が前後しますが、 事前の調べで高千穂には鉄道があることに気付いてました。 最初の訪問は日帰りの為、観光することも無くトンボ返りでしたが...もっと読む
  • 出張記1

    2018.11.16 芦田成人ブログ
    見積書が出来ました、との連絡を受け 先日、宮崎県の高千穂町へ3度目の訪問となりました。 前回は昨年の12月で雪が降るかもしれないとの予報でしたが、...もっと読む
  • プレゼン

    2018.11.01 芦田成人ブログ
    バイクガレージを持つ平屋 本日、プレゼンでした バイクと生活との関わり方を見つめて 適度な距離と関係性を探った案となりました。...もっと読む
  • 一歩前進

    2018.10.29 芦田成人ブログ
    先週末、入札中案件の工事業者が決定しました。 しかし、今回の仕事は形の残らない仕事です。 むしろ形を消す、お仕事です。 そう、解体工事のお仕事なんです。...もっと読む