一般的に広く浸透している「建築家」のイメージは、主張の強い独りよがりな住まいをつくるとか、高価な住まいをつくると言ったものかもしれません。

真の建築家の役割は、皆様と対話をする事から始まる個性を把握する作業に加え、敷地環境を読み解き、最善と思える住まいの形を表現し、工事が始まれば現場に赴き監理と言う作業を実行します。しかし、そのような作業なら施工者でもやっていると、お考えになるかも知れません。

施工者と皆様の二者間による一般的な住まいづくりと、そこに建築家が加わる、三者の相互関係の働く住まいづくりでは次に挙げる様な大きな違いが存在します。

最新情報

  • ウールのような

    2018.02.20 芦田成人ブログ
    久々の更新となりました。 その間、「街並みの家」の工事も進行しています。 壁の断熱施工も始まっています。 構造材の太さと同じ厚みの断熱材も出ているので...もっと読む
  • うつろい

    2018.01.23 芦田成人ブログ
    雲の間を縫って時々顔を覗かせては 直ぐに隠れるお日様 直接、陽が射すとその暖かさは何ともありがたい そんなお日様の恩恵を建物の奥にまで届けたい...もっと読む
  • 23年

    2018.01.17 芦田成人ブログ
    もう既に多くの方やマスコミで取り上げられている数字ですね。 阪神大震災から23年。 お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り致します。  ...もっと読む
  • 寿命

    2018.01.16 芦田成人ブログ
    「街並みの家」定例の日 屋根の板金葺き工事が始まっています。 瓦屋根と同じ色にして街並みとの違和感を緩和 寒い中ですが、仕事も丁寧に進めて頂いています。...もっと読む