一般的に広く浸透している「建築家」のイメージは、主張の強い独りよがりな住まいをつくるとか、高価な住まいをつくると言ったものかもしれません。

真の建築家の役割は、皆様と対話をする事から始まる個性を把握する作業に加え、敷地環境を読み解き、最善と思える住まいの形を表現し、工事が始まれば現場に赴き監理と言う作業を実行します。しかし、そのような作業なら施工者でもやっていると、お考えになるかも知れません。

施工者と皆様の二者間による一般的な住まいづくりと、そこに建築家が加わる、三者の相互関係の働く住まいづくりでは次に挙げる様な大きな違いが存在します。

最新情報

  • 炭火

    2017.08.18 芦田成人ブログ
    お盆休み最終日の15日 久々にBBQ トーチで炭をあぶり続け、ウチワで仰ぐ ようやく点いた火に背中から汗が噴き出す 新しい大きな炭には簡単に火が通らない...もっと読む
  • 残席「1」となりました。

    2017.08.17 芦田成人ブログ
    お盆も開け、今日から本格始動の方も 沢山いらっしゃることでしょう。 1週間後に迫りました、 たのしい、たてもの模型づくりワークショップ 残席「1」となりました。...もっと読む
  • 経験値上がる

    2017.08.09 芦田成人ブログ
    今年は塗装系の経験値が随分と上がりました。 外部塗装、木の板に刷毛で塗れば間違いなく塗れると 思っていましたが、さに非ず。 やってみて分かることが沢山あります。...もっと読む
  • VE粘り強く

    2017.08.08 芦田成人ブログ
    VE とは、Value Engineering の略です。 我々の世界では「減額案」と呼ぶことも ありますが、単純に「減額案」と呼ぶと 住まい手さんによっては、あまり良い印象を...もっと読む