一般的に広く浸透している「建築家」のイメージは、主張の強い独りよがりな住まいをつくるとか、高価な住まいをつくると言ったものかもしれません。

真の建築家の役割は、皆様と対話をする事から始まる個性を把握する作業に加え、敷地環境を読み解き、最善と思える住まいの形を表現し、工事が始まれば現場に赴き監理と言う作業を実行します。しかし、そのような作業なら施工者でもやっていると、お考えになるかも知れません。

施工者と皆様の二者間による一般的な住まいづくりと、そこに建築家が加わる、三者の相互関係の働く住まいづくりでは次に挙げる様な大きな違いが存在します。

最新情報

  • 掘り炬燵

    2017.04.22 芦田成人ブログ
    掘り炬燵と言えば畳敷きの床の一部を くり抜いて掘り下げたスタイルが一般的ですね。 昔は練炭やアンカと言った直接火で着火し その暖かさを持続させるような物があり...もっと読む
  • こぼれ話

    2017.04.21 芦田成人ブログ
    今日は、ちょっと緩めに 写真のお住まいが工事終盤に 差し掛かった頃の事です。 写真左手に少しだけ見切れている お住まいですが こちらの建物よりも先に建っていました。...もっと読む
  • 北道路のメリット

    2017.04.20 芦田成人ブログ
    南が道路で開けている立地、と聞くと 理想的な住まいが建つような気がします。 しかし、南面の間口が狭い土地になると、 南面には車を留めて、玄関を設けると、...もっと読む
  • 古民家とインバウンド需要

    2017.04.19 芦田成人ブログ
    先日、村の役員会合に出席しました。 会合の前に、市から責任者がお見えになり 村にあった俳人、細見綾子さんの暮らした家 の利活用についての説明がありました。...もっと読む