一般的に広く浸透している「建築家」のイメージは、主張の強い独りよがりな住まいをつくるとか、高価な住まいをつくると言ったものかもしれません。

真の建築家の役割は、皆様と対話をする事から始まる個性を把握する作業に加え、敷地環境を読み解き、最善と思える住まいの形を表現し、工事が始まれば現場に赴き監理と言う作業を実行します。しかし、そのような作業なら施工者でもやっていると、お考えになるかも知れません。

施工者と皆様の二者間による一般的な住まいづくりと、そこに建築家が加わる、三者の相互関係の働く住まいづくりでは次に挙げる様な大きな違いが存在します。