工事金額の適正が判断出来る

施工者から提出された見積書の中身を公正な立場で一つ一つ入念にチェックし、適正な金額、数量かどうかをチェックし、工事に反映させます。そして後に発生する事が多い、追加工事費用の適否についても的確に判断します。また入札を行えば同じプラン、同じ条件下での価格比較も可能となります。但し、建築に関する知識を有しない方が独自で入札を行っても同条件の設定が出来ません。条件を揃えるには、まず多くの情報が盛り込まれた図面の存在が不可欠となります。
 

最新情報