工事金額の適正が判断出来る

施工者から提出された見積書の中身を公正な立場で一つ一つ入念にチェックし、適正な金額、数量かどうかをチェックし、工事に反映させます。そして後に発生する事が多い、追加工事費用の適否についても的確に判断します。また入札を行えば同じプラン、同じ条件下での価格比較も可能となります。但し、建築に関する知識を有しない方が独自で入札を行っても同条件の設定が出来ません。条件を揃えるには、まず多くの情報が盛り込まれた図面の存在が不可欠となります。
 

最新情報

  • SDSとは

    2017.08.22 芦田成人ブログ
    SDSとはSafety Data Sheet の略で 平易に申し上げますと製品の安全性を示すデータ のことですが、詳しくは リンク先 をご覧ください。...もっと読む
  • 諦めなければ

    2017.08.21 芦田成人ブログ
    高校野球もいよいよ大詰めとなってきましたね。 そして夏休みも、そろそろ大詰めと 言う方も多いことでしょう。 今年の高校野球は9回ツーアウトから...もっと読む
  • 炭火

    2017.08.18 芦田成人ブログ
    お盆休み最終日の15日 久々にBBQ トーチで炭をあぶり続け、ウチワで仰ぐ ようやく点いた火に背中から汗が噴き出す 新しい大きな炭には簡単に火が通らない...もっと読む
  • 残席「1」となりました。

    2017.08.17 芦田成人ブログ
    お盆も開け、今日から本格始動の方も 沢山いらっしゃることでしょう。 1週間後に迫りました、 たのしい、たてもの模型づくりワークショップ 残席「1」となりました。...もっと読む