専門的な立場で的確に現場に要望を伝える事が出来る

例えば工事中に変更したい個所が発生したんだけども、今から伝えて間に合うのか?と言った事態が発生した場合に、職人さんによっては本当は変更可能だけども面倒くさいから、もう遅いと言う回答が返ってくるかも知れません。(出来ればそのような職人さんに現場には入ってもらいたくは無いのですが、自社で職人を抱えていない施工者の場合は下請けや更には孫受けの職人さんが現場に来る事があり、なかなか人柄まで判断できない事もあります。)しかし、そのような場合でも私共が居る事で心強さが倍増します。見れば今からでも変更できるかどうかなんて直ぐに分るんですから。

又は、本当は直接、現場に聞いてみたいんだけども、何かクレームをつけてるみたいで聞き難いなあと言った事もしばしばあります。そのような時に私どもがいる事で、「ここはどうなの?」と言った質問をしていただければ、オブラートに包んで現場に伝え、現場進行を円滑に進める事も出来ますし、または強く言いたいんだけども、と言った場合にも同じような役目を果たせます。

 

最新情報