長い目線で将来を見据えた考え方が出来る

住まいづくりに於いて、皆様は「今」しか見ないで物事を判断される事が多いように思います。しかし今だけを重視した判断でなく、将来こうなるであろう事を想像をしながら住まいづくりを進める事が重要です。

例えば、子供部屋は必ず6帖分必要だからと言って子供の人数分だけ独立した部屋数を確保しても、お子さんがずっとその家に居るとは限りません、大きくなって家を出てしまえば、たちまち空き部屋が出来た事になり、その為にお金とスペースを余分に使ってしまった事を後悔する事になるかもしれません。子供は順応性が高いのでスペースが小さければ小さいなりに工夫して使うでしょうし、お子様が未だ小さいようでしたら兄弟みんな同じ部屋にして後で仕切ったらいい程度の考え方で住まいを考えるのも一つの方法です。

これはほんの一例で、住まいづくりには予算にも関わるこのような例がわんさと登場します、長い目線で予算と現実をじっくりと見極めて考える事が出来る、これが私が住まいづくりに関わるメリットの一つとも言えます。

最新情報

  • 建築散歩8

    2017.03.25 芦田成人ブログ
    今回の旅の終着点をどこにしようか? と考えた挙句、向かった先は天王州アイル駅 「建築倉庫」って何のための場所か、ご存知でしょうか?...もっと読む
  • 建築散歩7

    2017.03.24 芦田成人ブログ
    代々木競技場を後に、若者の街へ向かいます。 目的地は表参道です。 同潤会アパートがあった場所は 安藤忠雄さん設計の表参道ヒルズとなりました。...もっと読む
  • 建築散歩6

    2017.03.23 芦田成人ブログ
    吉村事務所のある目白は高級住宅街なんですね。 一区画がゆったりと確保されている感じがしました。 そんな目白を後にして、次に向かった先は 若者の街、「原宿」...もっと読む
  • 建築散歩5

    2017.03.22 芦田成人ブログ
    今回、どうしても見たかった建築の2つ目を後にして 次に向かったのは地下鉄護国寺駅です。 駅に向かって歩いていると、カテドラル大聖堂は...もっと読む