住まいづくりにおける第三の目

住まいづくりのABC

情熱と期待に満ちてはおられるものの専門知識をお持ちであるとは限らない皆様(建築主様)と建物づくりを生業とする施工者、という二者の関係が、一般的な住まいづくりのあり方です。

そこに建築家が加わることで、皆様にワクワクするような大きなメリットをもたらします。

建築家の役割は机上で絵を描くにとどまらず、豊かな発想で自然の力を借りて住まいの外から中へと光や風の道を巧みに導き出したり、また工事が始まれば現場 にて監理・交渉にあたり、皆様の代弁者として意匠、機能、金銭様々な面で適否を判断します。いわば、第三の目として上質な住まいづくりに貢献致します。

最新情報

  • 建築散歩7

    2017.03.24 芦田成人ブログ
    代々木競技場を後に、若者の街へ向かいます。 目的地は表参道です。 同潤会アパートがあった場所は 安藤忠雄さん設計の表参道ヒルズとなりました。...もっと読む
  • 建築散歩6

    2017.03.23 芦田成人ブログ
    吉村事務所のある目白は高級住宅街なんですね。 一区画がゆったりと確保されている感じがしました。 そんな目白を後にして、次に向かった先は 若者の街、「原宿」...もっと読む
  • 建築散歩5

    2017.03.22 芦田成人ブログ
    今回、どうしても見たかった建築の2つ目を後にして 次に向かったのは地下鉄護国寺駅です。 駅に向かって歩いていると、カテドラル大聖堂は...もっと読む
  • 建築散歩4

    2017.03.21 芦田成人ブログ
    過酷な建築散歩(耐久歩行)は未だ続きます。 何とか午前中に予定していた、前回の 「すみだ北斎美術館」までの予定を終え ランチ休憩、午後の作戦を練ることと...もっと読む