住まいづくりにおける第三の目

住まいづくりのABC

情熱と期待に満ちてはおられるものの専門知識をお持ちであるとは限らない皆様(建築主様)と建物づくりを生業とする施工者、という二者の関係が、一般的な住まいづくりのあり方です。

そこに建築家が加わることで、皆様にワクワクするような大きなメリットをもたらします。

建築家の役割は机上で絵を描くにとどまらず、豊かな発想で自然の力を借りて住まいの外から中へと光や風の道を巧みに導き出したり、また工事が始まれば現場 にて監理・交渉にあたり、皆様の代弁者として意匠、機能、金銭様々な面で適否を判断します。いわば、第三の目として上質な住まいづくりに貢献致します。

最新情報

  • アンカーボルト検査

    2017.11.21 芦田成人ブログ
    先週に続き、今週も基礎工事です。 そして今回は基礎立ち上り部と アンカーボルト等の検査です。 検査するのは前回と同じ被りなどになりますが...もっと読む
  • 基礎配筋検査

    2017.11.20 芦田成人ブログ
    秋を飛び越して冬になってしまいましたね。 寒さで凍えそうですが、外で働く職人さんはもっと寒い。 そんなこんなで、先週末は基礎配筋検査でした。...もっと読む
  • 遣り方

    2017.11.03 芦田成人ブログ
    ようやく動き出した「街並みの家」 先日は「遣り方」(やりかた)作業でした。 建築には時々、分かり難い専門用語が 出て来ますが、この「遣り方」も、その一つと...もっと読む
  • 視察

    2017.10.27 芦田成人ブログ
    ちょっと視察に久美浜へ 前回、安藤建築のあった和久傳の森から程近くでした。 神戸に本店のあるBshopが経営するホテルです。...もっと読む