光りや風を上手く導けば省エネにつながる

快適な生活には欠かせない光や風は無限のエネルギーでもあります。これらを上手く住まいに取り込み活用する事で皆様の生活にも恩恵を授かり、潤いをもたらします。

1. 楽しい家(京都府綾部市)

温熱環境を調整するための基本要素を盛り込んだこの住まいでは南面の大きな窓にも小さいながらも庇を設けています。

1a.大きな吹き抜け空間の熱を効率よく流動させるために対角線上に配置した開口部により空気が上手く流れ夏涼しく冬暖かな住まいとなりました。

1b.吹抜によりつながる上下階。上階には吹抜に面してワークスペースを配置しています。

2. 海を眺める家(京都府京丹後市)

2a. 縦に長く設けた開口からの光により建物の奥までを明るく照らし光熱費の節約に貢献します。

3. キッチンがお出迎え(兵庫県宍粟市)

小さな南庭と中庭を確保する事で南北それぞれの居室の居住環境を整え、風や光りが抜ける計画となっています。又この中庭によって親子世帯間に適度な距離と関係性が保てるようになりました。

3a. 坪庭を通し、LDK+和室に向き合う敷地の1番北寄りにある1階寝室。この住まいの中で一番明るく風通しが良くて静かな部屋と言う事で予想外に好評を受けました。

3b. 北と南を繋ぐ廊下状のスペースは上階からの光が回り込み階段のスリットから暖かな空気がサイクルする事で住まい手お気に入りのスペースとなっているそうです。

最新情報

  • 食欲をそそる香り

    2017.06.22 芦田成人ブログ
    食欲をそそる香りと言えば 焼肉、カレー、漬物など色々ありますね。 木にも個性があり、種類によって 香りも様々なんです。 有名なのは桧(ひのき)の香りですね。...もっと読む
  • 剥き出しにしない

    2017.06.21 芦田成人ブログ
    コンクリートの躯体が剥き出しになり 白く塗っただけのお部屋 一見、格好良いように見えます。 しかし、よ~く考えてみて下さいね。...もっと読む
  • 三角形が基本

    2017.06.20 芦田成人ブログ
    四角い家が普通と思われがちですが 敷地の形状や方位、周辺状況により 時には、四角くない家になる時もあります。 多角形であったり、V字型であったり、...もっと読む
  • 衝撃の記憶

    2017.06.19 芦田成人ブログ
    対向車線から宙を舞って車が飛び出してくる あの映像、皆さんも衝撃を受けられたことと 思います。 昨日、大阪へ行くために乗った高速道路 あの映像が記憶に残り、...もっと読む