コンパクト住宅でローコスト化

住まいの価格を大きく左右する建物の面積を抑えるために無駄を省いてスリムに建てました。

1. 篠山の山荘(兵庫県篠山市)

約29坪の小さな週末住宅です。

1a. 都市の喧騒を離れ、庭で花や畑をつくりながら、時々迎える来客にも対応できる住まいのボリュームとスペースをプランニングに反映しています。

1b. 大きな空間を中心に据え、横の広がりと吹抜けを通じた縦のつながりが数字以上に、その容積を感じる事が出来ます。

2. 30坪のローコストハウス(兵庫県姫路市)

約30坪、ご家族5人のための住まいにウッドデッキ、バルコニー、蓄熱暖房機と言った機能的なスペックを揃えながらもローコストな住まいが完成しました。

2a. 南に面したリビングダイニングです。キッチンの隣に階段を配置し毎日、お子さん達の表情が確認できるよう計画しています。

又一段上がった和室の床下には引き出し式の収納を設け、収納量の確保に努めています。

2b. 小さな住まいではスペースを有効に利用する事が重要です。廊下のテスリも奥行きを生かした本棚としています。

最新情報

  • 建築散歩8

    2017.03.25 芦田成人ブログ
    今回の旅の終着点をどこにしようか? と考えた挙句、向かった先は天王州アイル駅 「建築倉庫」って何のための場所か、ご存知でしょうか?...もっと読む
  • 建築散歩7

    2017.03.24 芦田成人ブログ
    代々木競技場を後に、若者の街へ向かいます。 目的地は表参道です。 同潤会アパートがあった場所は 安藤忠雄さん設計の表参道ヒルズとなりました。...もっと読む
  • 建築散歩6

    2017.03.23 芦田成人ブログ
    吉村事務所のある目白は高級住宅街なんですね。 一区画がゆったりと確保されている感じがしました。 そんな目白を後にして、次に向かった先は 若者の街、「原宿」...もっと読む
  • 建築散歩5

    2017.03.22 芦田成人ブログ
    今回、どうしても見たかった建築の2つ目を後にして 次に向かったのは地下鉄護国寺駅です。 駅に向かって歩いていると、カテドラル大聖堂は...もっと読む