動線を巧みに計画する

人の動きや物の流れをどのように整理するかで住まいの使い勝手が左右されたり、そこから生活にゆとりが生まれる事もあります。

5-1. 大きな屋根に守られて(兵庫県丹波市)

5-1a. 道路に正対するエントランスアプローチに1枚の大きな壁を建てる事で生まれた様々な効果が有効に働いた例です。アクセス動線に変化をもたらす事で外から帰ってきた時には家に帰ってきたんだと気持ちを落ち着かせ、家から外出する時には一気に道路へ飛び出すのでは無く、一旦進行方向を変えて飛び出すスピードを抑制します。又この壁がある事で玄関を開け放っていても家の中が丸見えにはならない目隠し効果も得られます。

5-1b. 1枚の壁は目隠しでもあり、スピード制御装置でもあり、ガレージの戸袋にもなります。

5-2. 楽しい家(京都府綾部市)

5-2a. 住まいをぐるっと回れる動線と1~2階で視線が行き交う楽しげなスペースを設けつながりを感じる計画にしています。

5-2b. ご近所のお子さん達も自然に集まってくるこの家は楽しい場所が一杯あるようです。

5-2c. 共働き御夫婦の家事効率に配慮したプランニングと木のお風呂と洗面脱衣、キッチンを直線的に配置しています。

5-3. sideriver もう一つの川・余暇を楽しむ家(兵庫県加古川市)

5-3a. 車2台の間をすり抜けて玄関へアプローチします。楽しくアクセスしたいですね。

5-3b. キッチン周りは造り付けの家具で空間を分節し、横につながるアイランドキッチンとつなげ、周囲をぐるっと回れるるようにしています。ワンルームの単純な箱の中にこのように見られたくない場所を隠しながら変化をもたらす装置を仕込む事で家事がまた一段と楽しくなる事と思います。

5-4. 海を眺める家(京都府京丹後市)

5-4a. 海沿いの傾斜地では斜面を駆け上がる幅の狭い階段に面して住まいの玄関が設けられている事も多く、この住まいも道路より1段高い雛壇上に建っています。そんな地域の住まいの実情を受け、設けた住まいの玄関先は駐車場の裏面に位置したひっそりとした空間です。

5-4b. 帰宅時、2階にあるダイニングスペースで食事をするために2階に手を洗うスペースが必要となりました。さてどこに設けるべきか、ダイニングの奥にある子供部屋とトイレの 間にある廊下の途中に設けた手洗いはそれとなく存在する事を目指しています。

最新情報

  • 食欲をそそる香り

    2017.06.22 芦田成人ブログ
    食欲をそそる香りと言えば 焼肉、カレー、漬物など色々ありますね。 木にも個性があり、種類によって 香りも様々なんです。 有名なのは桧(ひのき)の香りですね。...もっと読む
  • 剥き出しにしない

    2017.06.21 芦田成人ブログ
    コンクリートの躯体が剥き出しになり 白く塗っただけのお部屋 一見、格好良いように見えます。 しかし、よ~く考えてみて下さいね。...もっと読む
  • 三角形が基本

    2017.06.20 芦田成人ブログ
    四角い家が普通と思われがちですが 敷地の形状や方位、周辺状況により 時には、四角くない家になる時もあります。 多角形であったり、V字型であったり、...もっと読む
  • 衝撃の記憶

    2017.06.19 芦田成人ブログ
    対向車線から宙を舞って車が飛び出してくる あの映像、皆さんも衝撃を受けられたことと 思います。 昨日、大阪へ行くために乗った高速道路 あの映像が記憶に残り、...もっと読む