設計事例集一覧

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

 

大きな屋根に守られて

1通のメールから住まいづくりが始まりました。

 既に土地を購入済みである事、住まいづくりに対する明確なビジョンをお持ちである事はそのメールから、伺えました。

 3方を水路で囲まれたこの土地は購入される随分以前に水に浸かった事がある履歴が判明していたために、対策として床を通常よりも高く持ち上げています。

南面外観
外観
軒先夜景

平屋のように大きな屋根が印象的なこの住まいは光や風をやわらかく導入する深い軒を持ち、赴き深い陰影をつくりだします。

 
 一間ごとに、縁側→吹き抜けのある居間→天井のある居間と空間のボリュームが変化する空間は古い日本家屋がもつ良さを受け継ぎながら天窓や高窓により明るさを確保し大きな吹抜けの存在にもかかわらず講じた断熱対策により冬でも暖かです。

タンス部屋

家族みんなのタンス部屋をと言うリクエストに対し玄関の直ぐ奥にこれらを配置し、ここで身支度を済ませたり、帰って来てリラックス出来る服装に着替えるのだそうです。 

LD

居間中央の存在感ある丸太柱は施主さんの御実家で、いつか使う事があるだろうと倉庫で保管されていた物で乾燥状態も良く、職人の手により命を吹き込まれました。

ワークスペース
 

又、2階には大容量の本棚と広いワークスペースを設け、皆が横並びで座れる楽しげなスペースにしました。
家中どこにいても御家族の雰囲気を常に感じながら、成長段階の御子様達と共に育っていく住まいです。



     

建物概要
竣工
2004年3月
地域
兵庫県丹波市
敷地面積
293.34㎡(88.73坪)
建築面積
166.37㎡(50.32坪)
延床面積
129.03㎡(39.03坪)
構造
在来軸組工法 2階建て
仕上げ
屋根: ガルバリウム鋼板 瓦棒葺き
外壁: マヂックコート
内部壁: 珪藻土
内部床: 杉フローリング