兵庫県丹波市の芦田成人建築設計事務所,木の家,リノベーション,店舗
兵庫県丹波市を拠点に誠実に、これからの木の住まいづくりに向き合う芦田成人建築設計事務所
S-henoji_125.jpg

ヘの字に暮らす

ヘの字に暮らす

ヘの字に暮らす (2016年)

住まい手は、市内各所を候補に土地探しを進められましたが、最終的にはお子様が転校する必要が無いエリアでの土地を選択されました。
敷地は古くからの住宅街で、周囲には既に多くの建物が建ち並んでいます。北側と西側に道路が面し、南には隣家が存在します。
やや南東の隣家は2.0m程敷地レベルが下がり、庭として使われていて視覚面、採光面で空いています。
この敷地に方位に素直にプランをしてしまうと、この住まいの一番大きな窓は隣家とまともに向き合うこととなり、プライバシーに劣るため絶えずお隣を気にした生活を強いられます。
そのために、このプランで考えたことは建物からの視線の抜けや採光を南東面から確保することでした。へノ字の平面は、ここから生まれました。
南東面に建てた塀により、外からの視線を気にすることが無くなりました。まるで中庭のような小さなお庭は自分たちで育てると言うポリシーによって、植樹をし、畑を耕されています。
北側の道路に沿った低い石積みも自分たちで積まれました。そこに何を植えようかと画策中とのことです。


建築場所 京都府福知山市
敷地面積 310.66㎡ (93.97坪)
建築面積  96.5 ㎡ (29.19坪)
延床面積 129.76㎡ (39.25坪)


S-henoji_104.jpg

北面外観
水平に伸びた下屋のラインにより数字以上に大きな住まいに見えます

S-henoji_106.jpg

北東面外観
ヘの字の敷地形状をなぞるように下屋の部分が道路に平行に延びます

S-henoji_113.jpg

南面外観
ヘの字の内側が庭になっています。隣地の敷地レベルは当地よりも一段低いため目隠し塀で囲うとプライバシーが高まりました

への字型プランが理解できる外観写真です

左/エントランス外 焼き板貼りの外壁に揃えるように玄関戸を塗装しています
右/エントランスからストレートに物干しバルコニーに出ることが出来ます

左/キッチンからダイニング、リビングを観る
右/キッチン への字の中心にキッチンを配置しています

S-henoji_122.jpg

リビング ソファ生地はミナペルホネンを選択されました

S-henoji_128.jpg

ダイニング キッチンとダイニングテーブルがヘの字に繋がりました

左から
洗面カウンター / カウンター部分を広く確保し2人が立っても同時に使用できます
浴室      / 壁、天井を北前ヒバで仕上げています。板を貼った当初は香りにむせ返るほどでしたが引渡しの頃には丁度良い落ち着いた香りとなっていました
トイレ     / 写真奥の壁は便器の奥よりも手洗いのある側が開いているため、広くゆとりある空間となっています

2階吹抜に面したホールには脚を入れ込むことが出来るワークカウンターを設けています

S-henoji_150.jpg

廊下

子供部屋 二段ベットを備えています