兵庫県丹波市の芦田成人建築設計事務所,木の家,リノベーション,店舗
兵庫県丹波市を拠点に誠実に、これからの木の住まいづくりに向き合う芦田成人建築設計事務所
L-kawaguchi_106.jpg

27坪のワクワクしながら暮らせる家

27坪のワクワクしながら

暮らせる家

27坪のワクワクしながら暮らせる家(2017年)

限られたご予算、限られた面積の中で遊び心を持ちながら無駄を省くことは、住まい手の想い、割り切りを汲み取って
提案する必要があります。
コンパクトであるけども視線を塞ぐ、迂回する、スペースを可変させるベンチを壁1枚で実現しています。
キッチンからダイニングにかけては直線に配置し、その周りをぐるっと回るように回遊動線としています。
コンパクトな住まいではスペースを兼用させる必要があり、階段と家電棚は空間を立体的に兼用しています。
階段の隙間から家電棚に埃が落ちることに配慮して蹴込み板(垂直面)にはアクリル板を嵌めています。
2階には主寝屋、WICL、子供部屋、小さなホール、トイレを設置した木に囲まれた住まいとなっています。


建築場所 京都府京丹後市
敷地面積 371.98㎡(112.52坪)
建築面積 49.69㎡(15.03㎡)
延床面積 89.44㎡(27.06㎡)


南面外観

南面外観

左手の大きな窓の外にはデッキを設置する予定でしたが一期工事では、ここまでです。

夜になると室内照明の暖かな光が漏れてきます。(右写真は、撮影前日のドカ雪が屋根や庭に残っています。)

左/コンパクトなエントランスには天井まで一杯の収納を設置し、量を確保しています
右/ 1階の中心にあるLDK

室内の家具や造作はカラマツをパネル化した合板で造り込んでいます。階段は鉄骨の側桁で軽やかに仕上げ、黒く塗装し引き締まった雰囲気となっています。

LDK2.jpg

コンパクト住まいでは、スペースの有効利用が求められます。ベンチを使用しない時は脚を外し、跳ね上げて背後の壁に固定できるようになっています。

主寝室
大きな窓にはお子さんの転落防止ネットを貼れるように腰高さのテスリを設定しています。

写真左 ウォークインクロゼット
写真中 子供部屋
写真右 2階ホール