兵庫県丹波市の芦田成人建築設計事務所,木の家,リノベーション,店舗
兵庫県丹波市を拠点に誠実に、これからの木の住まいづくりに向き合う芦田成人建築設計事務所

Blog

兵庫県丹波市を拠点に誠実に、これからの木の住まいづくりに向き合う芦田成人建築設計事務所 芦田成人のブログです。

熱はどこから逃げてくの?

Q値(熱損失係数)計算をしてみて毎回感じるのは、熱の逃げ道の事です。  熱の損失部位

グラフ小さすぎて分りませんが水色の所にご注目下さい。

上の段が、住まいの中の屋根(緑色)、外壁(黄色)、床(ピンク)、開口(水色)の各部の面積割合。

下の段は、各部位から逃げていく熱の割合を示します。(熱損失の割合)

水色の開口部の全体に占める面積はわずか6.54%です。

そして、その僅かの面積から逃げる熱の割合は全体の35.59%と最も多くの値を示します。

要するに窓(開口部)の面積が大きくなればなるほど、熱損失の割合が高くなりますので、エネルギー消費の多い家となります。

このデータはアルミサッシペアガラスでの結果ですが

これらを改善しようとすればサッシ及びガラスの性能を上げる、

内障子や密閉性のあるカーテン、ハニカムブラインドなどを採用しても多少、改善効果があります。

明るいのが良いからと窓を多くすると、その影響が、このような所で出て来ます。

窓の配置や大きさ、目的をしっかりと確認しながら、開口部計画をしましょう!